FC2ブログ

野王~愛と欲望の果て~ DVD BOXI Amazonで値下げ

さっきは、85%OFFだったそうですが…。

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

ドラマ「野王」、明日11/11から青森テレビでon air

青森テレビでドラマ「野王」放送スタート。

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

「野王」、信越放送で10/14から放送

『野王-愛と欲望の果て-』オフィシャル ‏@Yaoh_jp
来週、10月14日(火)13:55~ 信越放送にて「野王~愛と欲望の果て~」が放送されます!ご視聴可能な方は、この機会にぜひご覧ください!http://sbc21.co.jp/tv/yao/  #yaoh


テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

ドラマ「野王」、テレビ大阪で放送

ドラマ「野王」がテレビ大阪http://www.tv-osaka.co.jp/)で10/3より二カ国語・字幕版で放送されます。

長崎では、今日(9/24)からNIB長崎国際テレビhttp://www.nib.jp/index.html)の「韓国ドラマアワー」で放送スタートです。

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

ドラマ「野王」 ユノのコメント 9/6

地上波放送の好調を受けて、クォン・サンウとユンホ(東方神起)からコメントが到着しました!
http://yaoh.jp/news/detail.php?id=1013914

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

ドラマ「野王」放送@テレビ東京

録画予約しました。吹替で観ようかしら…

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

[まとめ]「野王」イベントの記事・レポ

野王の公式サイトにイベントレポートが掲載されました。

「野王~愛と欲望の果て~Premium Event2014」イベントレポート 7/3
http://yaoh.jp/news/detail.php?id=1011832

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

「野王~愛と欲望の果て~ Premium Event 2014」1部レポ

記事と映像がいろいろ出ているし、レポを書く参加者も多いので、もう書く必要はないと思いますが、少しだけ書きます。

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

「野王」購入者限定イベント 6/27開催

日時: 6/27(金)
1回目15:30開演 / 2回目19:00開演 ※各回 約90分を予定
会場: 東京国際フォーラム・ホールA



縁あって、明後日、ユノに会ってきます

なお、クォン・サンウさんの公式に注意事項が載っています。
 ↓
http://www.ksw-fc.jp/news/show/199
会場への応援グッズ(ペンライト・タオルなど)の持ち込みと使用が、一切禁止と書いてあります。参考までに。

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

「野王」公式ベルティグッズ 6/4配布

『野王-愛と欲望の果て-』オフィシャル @Yaoh_jp
明日、6月4日12:00〜愛知県:栄駅 錦通大津交差点周辺/北海道:札幌駅西口 JR55 SAPPORO周辺にて「野王〜愛と欲望の果て〜」オフィシャルノベルティグッズの配布を行います!みなさまお近くにいらっしゃる際はぜひチェックしてみてください! #yaoh

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

ユンホ(東方神起)が新しい扉を開けた!俳優としての成長を感じさせる陰りのある演技 ― 「野王」鑑賞コラム

ユンホ(東方神起)が新しい扉を開けた!俳優としての成長を感じさせる陰りのある演技 ― 「野王」鑑賞コラム 5/28
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1995755
by ライター 細谷美香

姉に愛されて育った財閥御曹司を演じる
序盤にはアイスホッケー選手としての見せ場も
運命の愛を信じるまっすぐすぎる男、ドフン
俳優としての成長を感じさせる陰りのある演技

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

ドラマ「野王」購入者イベント参加券付きコンプリートDVD BOX三次先着販売

ユンホ最新ドラマ「野王~愛と欲望の果て~」購入者イベント参加券付きコンプリートDVD BOX三次先着販売のお知らせ
http://toho-jp.net/news/detail.php?id=1010381
三次販売期間: 5月28日(水)18:00より

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

ユノ、「韓流 T.O.P」 2014/07月号

韓流スター扱いの仕事は、韓流の月刊誌のインタビューも受けるみたいですね。



★★クォン・サンウ/ユンホ(東方神起)★★ドラマ『野王』
『野王』のDVD化を記念して、主演俳優クォン・サンウとユンホが撮影秘話を語ってくれた。

Amazonの該当ページで、ユノのインタビュー記事(↑)の画像が見られます(拡大表示はできません)。本日(5/16)発売。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

ユノとサンウさんはお揃いの車

ユノは、ドラマ「野王」が終わる頃に車を買い替えたそうです。偶然、サンウさんと同じ色の同じ車を買っていたとのこと。詳しくは、サンウさんのファンの方のブログをご覧下さい。
 ↓
クォン・サンウ インタビューで~サンウとユノssiが同じ車?(^-^; (写真追加)

メルセデス・ベンツ Gクラス…SUV(Sport Utility Vehicle)ですね
「G」は、Geländewagen の頭文字

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

「主演じゃなくてもいい」…わき役を選ぶ“演技ドル”

「主演じゃなくてもいい」…わき役を選ぶ“演技ドル” 5/1
http://www.wowkorea.jp/news/movie/2014/0501/10125140.html

主演から助演に「ユーターン」する事例として、ユノのことが少し書かれています。「野王」は韓国では助演扱い(主演は、クォン・サンウとスエの2人)でした。

韓国で堂々の視聴率1位を獲得! (2013年1月~月火ドラマ枠) 2014年度注目度、話題度No.1! クォン・サンウ × スエ × ユンホ(東方神起)の超豪華トリプル主演でおくる“韓国ドラマ史上最も美しい悪女をめぐる、最も切ない愛憎劇“



日本ではユノを「主演」に格上げして販売しています。6/27のイベントでも、サンウさんとユノを対等に扱うようです。ダヘを巡る2人の男という設定でしょうか?行かれる方は楽しんでくださいね

【クォン・サンウ】珠玉の愛憎劇『野王』は「復讐ではなく愛」
http://news.ameba.jp/20140425-369/
大ヒット韓ドラ「野王~愛と欲望の果て~」、クォン・サンウとユンホ(東方神起)仕様BOX発売決定とパケ写公開!予告動画
http://navicon.jp/news/23004/


現在、Amazonでは 25%OFFで販売中

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

ユノ、「野王」関連情報

韓国ドラマ 「野王~愛と欲望の果て~」 アドトラック@渋谷
http://youtu.be/2WB5spZNHV4
公開日: 2014/05/02 by adtruck48
渋谷を走行する、クォン・サンウ×スエ×ユンホ(東方神起)が主演する 韓国ドラマ「野王~愛と欲望の果て~」のレンタル開始を記念したアドトラック。

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

「野王」韓国旅行や未公開DVDが当たる全巻レンタルキャンペーン

「野王」韓国旅行や未公開DVDが当たる全巻レンタルキャンペーンを実施!
news.kstyle.com

5月2日(金)からレンタル開始。

「野王~愛と欲望の果て~」全巻レンタルキャンペーン
http://www.tsutaya.co.jp/movie/ms/yaoh/index.html
TSUTAYAで「野王~愛と欲望の果て~」を全巻レンタルして応募する。
キャンペーン期間:5月2日(金) ~ 8月31日(日)
Vol.1~6を7/31までに、Vol.7~12を8/31までにレンタルした人が対象。
●A賞(愛と欲望賞)
ペア3組合計6名に韓国旅行(航空券)をプレゼント
●B賞(野王賞)
未公開DVDを80名にプレゼント
※秘蔵メイキング映像 15分~30分収録予定

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

ドラマ「野王」、大衆文化大賞を受賞

クォン・サンウ&スエ主演「野王」大韓民国韓流大賞で大衆文化大賞を受賞 2013年12月11日
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1984188
SBS月火ドラマ「野王」が「第3回大韓民国韓流大賞」でドラマ部門の大衆文化大賞を受賞した。
続きはリンク先で。

テーマ : 韓流
ジャンル : アイドル・芸能

クォン·サンウ、インタビューでユノを賞賛

クォン・サンウ「東方神起のユンホは今まで会った人の中で最も意外な人物」 2013/4/14
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1966404&categoryCode=PU

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 以下は 2013-04-11 の公開記事

クォン·サンウとユノは、撮影後も電話連絡し合う友人になったようです。
俳優の先輩として、いろいろアドバイスしてくれるのかしら?

クォン·サンウ「東方神起ユンホ、今まで出会った人の中で一番意外」 2013-04-11 11:11
http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=332546
[TVレポート=ソン・スンウン記者]俳優クォン·サンウがチョン·ユンホを称して「仕事で出会った人の中で気持ちの良い思いがけない人物」と好感を表した。
 最近、ソウル江南区論硯洞のあるカフェで、SBS月火ドラマ「野王」で視聴者をひきつけたクォン·サンウがに会った。クォン·サンウは劇中ライバルであり、同情の対象だったチョン·ユンホに対して「一緒に仕事をしてみると、義理堅く、人間的に本当に良かった。礼儀正いし、お人好しだと思うほど優しくて純真な人だった。これからも連絡を取り続けたい」と話した。彼は「『野王』の撮影当時、ユンホが大変だった。現場で起きた様々な状況が彼に引け目を感じさせることもあった。苛立つ環境にも大変な素振りなく、よく耐えていた。東方神起は歌手の世界では神格の存在なのに、まったくそんな素振りを見せなかった」とユンホの謙遜な態度を明かした。クォン·サンウは「どうしても自分のフィールドではないので、少し恐れたようだが、時間が経てば経つほど上手くなった」とユンホを褒め称えた。「この作品を通じて演技力も増えたようだ。序盤の姿とはずいぶん違った。演技の上手い下手は、私には別に重要でない。重要なのは、魅力ある友人という点だ。今まで出会った人の中で一番意外だった」と彼は良い弟を一人得たように満足した表情を浮かべた。<以下略>

クォン·サンウ、ユノ・ユンホ、イ·ドクファ「良い俳優」(インタビュー)
http://news.sportsseoul.com/read/entertain/1167842.htm
クォン·サンウが9日、ソウル論硯洞のあるカフェで[スポーツソウルドットコム]とのインタビューに先立ち写真撮影に臨んだ。 ノ・シフン記者
 クォン·サンウ(36)がSBS​​ドラマ「野王」で一緒に出演したユノ·ユンホ(27)とイ·ドクファ(60)を記憶に残る俳優だと評価した。クォン·サンウは最近、ソウル論硯洞のあるカフェで行われたインタビューでユノ·ユンホ、イ·ドクファに対して賞賛を惜しまなかった
 この日クォン·サンウはユノ・ユンホについて聞くと直ちに「本当に優しい友人」と言いながら口を開いた。彼は「ユンホは純粋で愛想もあって良い友達のようだったんですよ。礼儀も正しく、実は意外でした。上手くいっている歌手だが、撮影現場では緊張をたくさんしましたよ。そんなことが可愛かったです」と言いながら「実は演技が上手だが性格が良くない友人も多いのに、ユンホは基本になったようで本当に良かったです」と説明した。また、彼はユノの演技力が大幅に向上したと賞賛し「歌手出身だと言ってドラマ初盤に悪口もたくさん言われたが、最後に見たら本当に演技が上手だったんですよ」と答えた。続いて二人の親交を尋ねるとすぐに、「ユンホが先に電話を頻繁にしています。あ、そういえば打ち上げが終わって連絡をしないでいました」と懐かしい気配も示した。
 特に、大先輩イ·ドクファを思い浮かべる時にもクォン·サンウの顔は明るく光った。彼は「イ·ドクファ先輩は、本当にお会いしたかった方です。子供の頃からTVで着実に見てきた方であり、私と下着ブランド「トライ」のモデル第1世代、第2世代という共通点もあるでしょう?(笑)実は以前にイ·ドクファ先輩が、最近目が行く後輩に私を指定した時にとても誇らしかったんですよ 」と大笑いをした。彼は「野王」のイ·ドクファとカリスマ対決を繰り広げたことについて、「ふぅ。本当に感慨が格別だったんですよ。発声やセリフ打つ感じなど本当に見習う点が多いです。別の先輩たちのように大人のふりをすることもなく、遊び心も多いですね」と言いながら「次も必ず一緒に仕事をしたいです」という望みを表わした。

ユノ、ドラマ「野王」打ち上げで所感

ユノは、今日また来日するスケジュールでしたが、関係者のみなさんと打ち上げの時間を楽しんだようですね。ドラマは、今年最高の視聴率を出し、海外に高値で輸出し、広告収入もたくさん得たので、大義名分を十分に果たしたようです。作家のコメントからそれがわかります。出演した俳優の方々が一番苦労されたと思います。お疲れ様でした。

패~~~앵^^ @paengbo97
アイドル ユンホが野王打ち上げに来たの~~~明日早く日本に行かなければならないスケジュールだが、遅くまで野王打ち上げの席を輝かせたアイドルであり、演技ドル ユンホが本当にギトゥクたの^^ pic.twitter.com/OUr5TSmZlk
A lovely group, TVXQ no.2-打ち上げ3

昨日帰国したユノがドラマ「野王」の打ち上げに出たことは、前のブログ記事に書きました。
その様子が、韓国記事で配信されています。ユノらしい所感ですね。

ケーキとケーキシャンパンカクテルグラスは、ユンゲルがサポートしたそうです。
ドラマ「野王」にサポートを入れたのはユンゲルだけではありませんが、
ユンゲルが何度もやっていたのは事実です。
念願のドラマの仕事なので、ユンゲルのメンバーも頑張ったのでしょう。

「野王」スエ放送終了所感「悪口を言われ危機多かった」涙こんこんと
http://sports.donga.com/home/3/all/20130404/54187501/1
A lovely group, TVXQ no.2-打ち上げ2
スエが「野王」打ち上げで所感を伝えて涙を流した。
 スエは4月3日午後6時、京畿道高陽市一山のある飲食店で開かれたSBS月火ドラマ「野王」打ち上げで同僚俳優とスタッフたちと最後の時間を過ごした。
 この日の野望のために没落した与えるし役を引き受けたスエは「悪口もたくさん言われて、本当に熱心にしたかった。危機も多かった」「本当にたくさん大変だったが、横で黙々に見守ってくれて感謝する」と明らかにした。スエは感想を伝える始終涙をこらえ、結局涙をこんこんと流した。するとクォン·サンウは「一番よくした」と激励した。
 続いてジョ」ヨウングァン監督は「4ヶ月の間、実際にこの日が来ないと思った。だ経って思い出になると思う」と告白して涙を流した。
 イ・フイミョン作家は「足りない部分を埋めてくれて感謝する。私は悪い人ではない」とし、「ありがたくて、『野王』がどうなろうが、今年の最高視聴率だ。SBSの長い長いトンネルを私たちが突き抜けた。一緒にしてくれた皆さんのおかげだ」と言った。

「野王」チョン·ユンホ打ち上げ所感「歌手出身の負担が多かった」 2013/4/4 8:18
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201304040035172210
A lovely group, TVXQ no.2-ケーキ
[一山(高陽)=newsen ホ雪姫記者] チョン·ユンホが「野王」打ち上げで所感を伝えた。
 東方神起ユンホは4月3日午後6時、京畿道高陽市一山のある飲食店で開かれたSBS月火ドラマ「野王」打ち上げで「歌手出身だから負担が多かった」と口を開いた。チョン·ユンホは「大先輩たちと一緒にしたら震えた。本当に楽しかった」「どこに行っても『野王』は一番心の中にたくさん残るようだ。ここにいらっしゃる皆さんが主人公だ」と明らかにした。
 この日打ち上げ現場にはチョン·ユンホのファンがプレゼントした3段ケーキとシャンパンが置かれていた。「野王」側関係者は「チョン·ユンホのファンは、ドラマ撮影中、全面的な応援をしてくれた。スタッフも力を出すことができた」「チョン·ユンホも常に楽しくしていたし、『野王』を通じて確実に成長した」と話した。
 一方、ハリュを横から助けるテッペ役を演じたクォン・ヒョンサンは「チュ・ダヘ、亡びろ」と叫んで笑いをかもし出した。
 続いてダヘの義兄ヤンホン役を引き受けたイ·ジェユンが所感を言おうとすると、クォン·サンウは「オリバリに最後まで生き残った。中間でいなくなると思った」と冗談を言った。イ·ジェユンは「『野王』に運命をかけていた。熱心にしようしたがダヘを愛してあげたかった。苦労したし感謝している」と打ち明けた。
 視聴率調査会社ニールセンコリアによると、4月2日放送されたSBS月火ドラマ「野王」(脚本イフイミョン/演出ジョヨウングァンパク·シンウ)24回(最終回)は全国基準25.8%の視聴率を記録した。これは去る1日放送された23回分の視聴率22.5%に比べて3.3%P上昇した数値であり、去る1月14日初放送以後、自己最高視聴率だ。

[レポート] SBS月火ドラマ「野王」最終回 (1)~(4)

翻訳の修正は後でやります。取り急ぎ。

「野王」、熾烈な復讐劇。葛藤の終わり見せてくれた(1)
[★レポート] SBS月火ドラマ「野王」最終回
http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2013040307573328917&type=3
「野王」が描かれた復讐劇は、強烈な余韻を残した。

去る2日、奉迎したSBS月火ドラマ「野王」(脚本イフイミョン·演出ジョヨウングァンパク·シンウ)の主人公ハリュと与えるしの間の葛藤はドラマの沒入を最大化する役割を果たした。

女主人公与えるし(スエ分)が自分の成功欲望のために繰り広げる持続的な悪行とそれを追っていくのに恋人だったハリュ(クォン·サンウ)との対立の構図は、気がかりなことを誘発した。何人かの視聴者たちに '大引け'論議を起こすこともしたが、「野王」が送信された吸引力は視聴率上昇を主導した。

◆クォン·サンウvsスエ対決構図、熾烈な葛藤の連続

24の回路構成された「野王」は、一瞬たりとも見逃せない緊迫した展開に吸入力あるドラマとしての面目を誇示した。

「野王」は、既存の復讐劇が付いている基本的な枠組みの中で毎回注目を集めることができる主な出来事を配置しながら、視聴者たちの気がかりなことを増幅させた。特に、周辺人物たちの成功のツールと​​して活用して悪事を犯したダヘの姿は視聴者たちに劇の没入をドワトゴこれに対抗するハリュの対応にも注目するようにした。

これと共に初回での銃撃シーンを先に公開した後、過去に回想する展開と二人の主人公が打って受ける過程での熾烈な対決構図は劇の楽しさを加えた。

ダヘとハリュの縁は、ダヘの母が亡くなったまま横になっている安物の部屋から開始された。貧困という共通点を持った人々の人生を向けた熱望は誰よりも切実たので、お互いに自分の位置に立ってお互いを見つめて熱心に住んでいた。

以後成功のために自分を裏切った与える年に怒りを感じたハリュはダヘを向けた復讐を準備しながらも与えるしの心を見捨てることができなかった。白鶴のグループの嫁と顧問弁護士として、以後夫人と検察の捜査に関連弁護士として二人は距離を置いて遠くからお互いを見つめて終わりを知らず走っていった。

ダヘとハリュの動きはとても緻密だった。ダヘは徹底的に周囲の人々を自分の成功のためのツールと​​して活用して成功街道を走ったし、これハリュはダヘが行った罪の証拠をきっちり見つけた後ダヘを挫折させた。

ダヘの没落を引き出してもハリュは最後まで与えるしの愛憎のひもを放さずに、この世界のどこにもない優しい男としての姿を見せた。

◆悪女与えるし、死の門の敷居でハリュの本気を発見した

ダヘはハリュが望んでいた自分の心を最後まで無視した。いや、知らないふりをしたということより合うだろう。与えるとしても、人間なので、決定的な瞬間ごとにダヘのハリュの心はかすかに描かれた。

不注意による交通事故で娘をあの世に送った瞬間にも、自分の罪を覆うために白鶴のグループの秘密資金関連資料とダヘの疑いが録音された内容を対等交換する場ではなく、被害を受けたベクドフン(チョン·ユンホ分)の死の瞬間を目撃しながらもダヘは感情的に揺れるが度以内冷静に変わった。

以後最終回でハリュが総に当たって、回復した後のヤンホン(イ·ジェユン分)の車に轢かれて死亡のしきい値に近づいて立った時なってはくれるしはハリュの本気を感じて後悔した。

自分の罪を悔い打とうとする瞬間が来たことにも徹底的にそっぽを向いた悪女くれる海の最後は結局、自分を愛していたハリュで無惨に地獄に落ちた。

その後ハリュの死の境界に近づいた時ダヘはハリュに「まだ申し訳ないという言葉も伝えられなかった」と懺悔の涙を流した。

ダヘの悪行とハリュの復讐を描いた「野王」は結局「勧善懲悪」というモットーで仕上げて放映終了した。

放映終了「野王」、原作と結末どう違ったか(2)
[★レポート] SBS月火ドラマ「野王」最終回

http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2013040308115756010&type=3
「野王」のヒロインの死は同じだったが、その過程は全く違った。
 去る2日午後放送されたSBS月火ドラマ「野王」最終回では、野望のために数多くの悪行を犯した与えるし(スエ分)が終了した死を迎えること幕を下ろした。
 ハリュエセ洗えない罪を犯したにも関わら堂々とした彼女は、最終的に許しを請い、死に罰を受けた。自殺で取引を終えた原作漫画と似ていますが、その過程では、多くの違いがあり、別の教訓と意味を残した。
 「野王」原作漫画「大物3部 - よワンジョン」(文·絵パクイングォン)は、ダヘ(スエ)が捨てた娘の死の直接の原因となった。ドラマの中ダヘの娘ウンビョル(バクミンハ分)は、偶発的、交通事故で命を失ったが、漫画では夫白桃よ(ベクドフン、チョン·ユンホ分)家に認められるために娘を海外に養子に送った後、息子を再入ご了承財閥家の嫁で生き残った。
 漫画からハリュは、海外貧民街で貧しい生活を送っていたキムつきの娘を見つけて、彼女と会うことができた。ダヘはハリュが訪ねてきた娘が、これまで貧民の生活をしてきた事実に驚愕し、うんざりしていた貧困が嫌いもがい打った彼女は娘が体験した痛みに初めて後悔を感じて嘆いた。結局、ダヘはハリュに申し訳なくてありがたかったという話を残した後、元の住んでいた貧しい村に帰って首​​を吊って自殺した。
 しかし、ドラマでは娘が早く交通事故で死んだので他の話が必要だった。これまで嘘で徹底的に欺瞞して利用してきた義理の兄のヤンホン(イ·ジェユン分)の存在が反転ポイントとして作用した。スエが父を殺し、自分をツールとして利用してきたことを知った彼がダヘを車でチア復讐した。
 ハリュはダヘが撃った銃に当たったにも関わらダヘが車に轢かれる危機にあるとき体に保護しようとした。車に見舞わハリュが死んだと思って、結局謝罪し本気を現わした、渡すしては致命傷を着て死を迎えた。原作漫画とドラマの中の主で海の死はこうだった。ドラマはダヘがだまさ人物の復讐による死という点で因果応報をさらに劇的に表現した。
 特に漫画で娘を利用した残忍復讐を広げたハリュの姿はドラマ結末で大きく変わった。彼はダヘの不正についての証拠を持っていたにも、自分の罪を悔い打たないダヘを自ら告白した。また、ダヘが死ぬ危機で瞬間体を手抜きすることで、かつて愛した女性のハリュの最後の情を感じることができた。
 野望のために*人も厭わなかったダヘは無理な悪行で視聴者の憎しみを受けたが、スエの演技を通して、より説得力のあるように描かれた。復讐に向かっていく過程で引かれて行く姿を見せることもしたハリュだったが、クォン·サンウは長い呼吸を調節して後半部にダヘの息の根を締める強靭な姿と揺れる憐憫の情を調和見せて好評を得た。
 「野王」は、復讐に成功したが、孤独なハリュの姿で寂しい結末を結んだ。思い出が込められた貧しい村の家で幸せだったひとときを思い浮かべながら、涙を浮かべるハリュの最後のドラマの余韻を長く残した。

「野王」、無理な設定も演技力が生かし(3)
[★レポート] SBS月火ドラマ「野王」最終回

http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2013040308123960866&type=3
無理な設定で大引け論難もあった「野王」が、俳優たちの演技は光った。
 SBS月火ドラマ「野王」が2日、劇中の悪の軸だったダヘの死に幕を下ろした。
 「野王」は愛した二人の男女が不倶戴天の敵になって繰り広げられる復讐のプロセスを劇的デバイスと早い展開で描き出して視聴者たちの興味を集めた。しかし、漫画を原作にしただけの現代劇では、多少無理な設定が行き違った反応を得ることもした。
 野望を叶えるために愛さえ利用して多くの人々を死に追いやったダヘの悪行は、視聴者を驚かせ作ったし、死んだ兄の身分に偽装して、ホストから特検に変身するハリュの復讐のプロセスは非現実的だった。
 しかし、原作漫画自体の想像力いっぱいの作品で、劇的な要素を現代劇に合うように脚色した努力だけは認めるに値する。飲食業界を主​​な舞台にした漫画の中の話の政界·財界を背景に、さらに興味深いことに広げ出した点も目を引く。この過程で、大企業の不正と政経癒着などの素材で重量を加えた。
 特に「野王」、ドラマ "ミスターQ"、 "トマト"、 "明朗少女成功記"、 "屋上部屋の皇太子"などを執筆してきたイフイミョン作家がお目見えした風変わりなドラマという点も視線が集中した。チォックデボンによる俳優とスタッフの不満などが漏れ出て惜しさをナムギギンしたが、主に陽気で明るいロマンチックコメディーを主に執筆してきた作家は、今回のドラマを通じて熱い復讐と血に染まった愛の物語を強烈に表現した。
 何よりもスエとクォン·サンウは今回の作品で切なくした愛がすさまじい復讐に変わっていく過程を演技して、多少誇張された状況を説得力あるように表現した。
 スエは清純な容貌と物静かな口調をもとに純粋なふり男たちを泣かせるくれる海の反転キャラクターを効果的に表現した。序盤スエの悪女変身に対する期待と懸念が交錯したんたが、物静かで優しい瞳でだまして男たちを左右する主で海の様子を見るほど視聴者の間にスエがふさわしいという評価が続いた。
 クォン·サンウは劇序盤ホストに変身して男性的な魅力をお目見えすると、その後は一人の女性だけのために犠牲にする純愛と娘の至極な父性愛などで女心をひきつけた。与えるしにすさまじい裏切りで刑務所に行き娘と型を順番に失って復讐の刀を行く姿を実感できるように表現しており、知ってみると双子だったか、型に代わって弁護士になる役割などの無理な状況設定も劇的な要素として昇華させた。
 これにより、スエは今まで清純たイメージとひどい悪女を行き来しながらスペクトルを拡張し、クォン·サンウまた、ホストから弁護士に至るまで、様々な姿を消化して八色鳥の魅力をアピールした。たとえ漫画を土台に刺激的で誇張された設定があったが、俳優たちの演技がこのような状況の中心にいるキャラクターに息を吹き込んだ。
 一方、「野王」は最終回で自体最高視聴率である25.8%(ニールセンコリア全国基準)を記録して有終の美をおさめた。

イ·ドクファからチョン·ユノまで..「野王」、助演新旧調和(4)
[★レポート] SBS月火ドラマ「野王」最終回

http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2013040307572826724&type=3
SBSドラマ「野王の興行を導いた主役は主人公クォン·サンウとスエがなかった。
 2日放映終了した「野王は、自分を裏切った女に向かって復讐劇を繰り広げる一人の男の話を描いた。しっかりしたストーリーをもとに二人の主人公ハリュと与えるし(スエ分)の熾烈な対決を繰り広げた「野王」の興行には二人の主演を引き立たせた多くの助演たちの安定した演技力があったからこそ可能だった。
 ベテラン俳優イ·ドクファを筆頭にキムソンリョン、チョン·ホビン、ソン·ジルなど中堅演技者たちとチョン·ユンホ、コ·ジュンヒ、巻現象など若い俳優らの熱演は、「野王」をより一層完成度の高いドラマにするために大きな役割を果たした。

◆イ·ドクファ、キム・ソンリョン、チョン·ホビン、ソン·ジル。中堅俳優重み没入加えた

 毎回権威のあるイメージの演技をしてきたイ·ドクファの存在感は「野王」をより一層、重みのあるドラマに作り上げた。
 「野王」で大企業、白鶴のグループの長として権力の中心に立った人物バックチャンハクを演じたイ·ドクファは大韓民国の社会で描かれることができる大企業と政界の癒着関係の姿をより一層現実感を高めるために大きな役割を果たした。
 女性中堅俳優たちの活躍もすごかった。前作 "追跡者"を介してファム·ファタールの魅力を誇ったキムソンリョンは、白鶴のグループベクドギョン常務を演じて中年の年齢にも変わらない派手な容貌と洗練されたイメージとして、大企業、中堅キャリアウーマンとしての面貌を遺憾なく発揮した。
 チャ·ファヨンとソン·ジルも異なるキャラクターとして存在感を知らせた。 JTBC "刺花"、MBC "百年の遺産"などの主要なドラマを通じて視聴者たちに会ったチャ·ファヨンはヤル美羽ながらも目に見えない痛みを持った白紙米を演技して視聴者たちの共感を買って、大ざっぱながらもぬるぬる魅力の甘草助演ソン·ジルもクォン·サンウの助力者の役割を立派に消化した。

◆チョン·ユンホ、ゴズンフィ、巻現象..若い助演の安定した演技力「好評」

アイドルグループ出身東方神起のメンバーとして歌謡界で活動しているチョン·ユンホの「野王」出演は別の話題を生んだ。
 1月「野王」の制作発表会でチョン·ユンホは「今回の機会を通じて、演技者としてさらに成長することができるきっかけになるように努力したい」と明らかにし、演技者としての願望を伝えた。
 MBCドラマ「地面にヘディング」、KBS 2TV「ポセイドン」などで演技者として出演したチョン·ユンホは「野王」で主人公ダヘを愛する夫ベク・ドフン役を引き受けて哀切な姿を披露して俳優として、以前のドラマよりも大きな存在感を発揮した。
 人気アイドルグループのメンバーとしてのイメージが大きかったチョン·ユンホに「野王」という作品は、アイドル出身演技者として一歩先に出ることができるきっかけを用意した。
 コ·ジュンヒが「野王」で披露した魅力も新鮮に近付いてきた。コ·ジュンヒ、やはり「追跡者」に続き興行作品で有力大統領候補の娘でありチャ・ジェウンの彼女ソク・スジョン役を演じた。コ·ジュンヒは真剣ながらも哀切な姿で視聴者と会った。
 加えて巻現象、イ·ジェユンなど「野王」に出演した若い演技者たちの安定した演技力は、「野王」の完成度を高める踏み台になった。

野王の結末「緊張感ゼロ、微弱な復讐…好き嫌い分かれる結末」

野王の結末「緊張感ゼロ、微弱な復讐…好き嫌い分かれる結末」
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=16624&yy=2013
野王の結末が公開されて話題だ。SBS月火ドラマ「野王」の結末に対してネチズンの好き嫌いが分かれた。最後までスエが悪女の姿を見せた「野王」は最終回になって急いで決着をつけた。<中略> 野王の結末に接したネチズンは「野王の結末少し失望だ」「本当に期待したが...虚しい」「野王の結末とても急解決されたんじゃないの?」「野王みな良かったが、結末がちょっと...」等の反応を見せた。

野王結末、ダヘが死を迎え「勧善懲悪」 ...視聴者は虚脱
http://www.newspim.com/view.jsp?newsId=20130403000294
[ニュスピム=大衆文化部]野王の最終回でダヘが死に勧善懲悪な結末を描いたが、視聴者は虚しさを隠せなかった。<中略> 野王の結末に対して視聴者は「野王の結末はいったい何?ダヘが罪の代価も受けずに死んでしまうなんて」「ハリュはその渦中にダヘを偲んで泣いた」「野王の結末、ダヘが死んでも気に入らない」等の反応を示した。釈然としない結末を迎えた「野王」

放映終了「野王」スエ死亡、龍頭蛇尾 復讐劇「虚しい」
http://news.donga.com/Main/3/all/20130403/54169138/1
「野王」が交通事故で突然死を迎えるスエの姿を描いて虚しい結末を結んだ。
 4月2日放送されたSBS月火ドラマ「野王」24話(最終回)で、義兄の車にはねられて死を迎えるダヘの姿が描かれた。
 ダヘが撃った銃に撃たれて病院に入院したハリュは、大統領府警護員を締め出して病室から消えた。直接ハリュの行方を減らしたダヘは、もしやと思って過去二人で一緒に暮らした貧民街に行った。そこでハリュがあたかも待ったようにダヘを迎えた。
 ハリュは「銃合って見るから私はみな忘れて生きたかった」と言ってダヘに不正が入った書類と心からの謝罪を対等交換をしようと言った。ダヘして増えた自身の口にすべての犯行を認めた後、書類を取りまとめて外に出た。 だが、家の前には数多くの取材陣が集まっていて、彼らはハリュとサンドの通話で、ダヘの自白を全部聞いた後、真実を追及した。
 テレビのニュースでは「令夫人が全疑惑を自白した」という報道が続き、ソク・テイルはダヘに「君と僕の婚姻関係は取り消しになった。これ以上君は僕の妻でも令夫人でもない」と言って「明日の朝、大統領府を出て行ってほしい」と要求した。
 大統領府から追い出されたダヘに、デモの国民がタマゴを投げた。その時、義兄が現れて、人々の隙間をぬってダヘを自分の車に乗せた。義兄は「お前がうちの父を*したのか。なぜ俺をだましたのか。俺を一度でも家族と考えたことがあるのか」と大声を張り上げ、恐れに震えるダヘに「俺たち、二度と会うのをやめよう。出ろ」と話した。
 しかし義兄は逃げるダヘに向かって全速力で疾走した。この光景を目撃したハリュがダヘを救うために駆け付け、結局二人は共に車にはねられた。ダヘはそばに倒れたハリュを見て「私が間違った。私が本当にごめんね」と謝罪の涙を流したが、結局自分も意識を失った。
 そしてダヘは再び意識を回復できないまま死を迎えた。ダヘに復讐するために人生をかけたハリュは、結局彼女に対する愛を確認したまま苦い涙を流した。放送後視聴者は関連掲示板を通じて「復讐のために今まで駆けてきて、最後はそのまま死で終わりなのか。虚しい」「犯した罪がいくつもあり、凄惨に崩れるダヘの姿を見せなければならないのではないのか。龍頭蛇尾でもない」等の意見を伝えた。

野王? いや喜劇王!

野王? いや喜劇王!
http://sports.chosun.com/news/utype.htm?id=201304040100025350001681&ServiceDate=20130403
 悪女を主人公に掲げるドラマの特徴は、明らかなストーリーが続いて悪女のあらゆる蛮行に歯ぎしりするが、最後回では応分の代価を払うことになるだろうという期待感(?)で、なかなかドラマを無視できなくなるのだ。1月から放映されたSBSドラマ「野王」がそうきた。自分の出世と野心のために、自分の人生をあきらめてさらには汚名までかぶった男主人公ハリュをとても冷酷に捨て、自分の美貌を前面に出して純真なことこの上ない金持ちの家の坊ちゃんペク・ドフンを一気にそそのかしてしまい、身分の上昇を成し遂げる悪女ダヘの悪行は、回を重ねるごとにまるで電子娯楽ステージを破るように、その強度を強めて視聴者の怒りゲージを二乗関数のように増大させた。
 自分の身分上昇の踏み台になってくれた白鶴グループで、俗っぽい話で追い出されることになったダヘは、白鶴グループのあらゆる不正と悪行を含む秘密文書を器用に入手すると、あらゆる脅迫と懐柔を日常行い、最終的に政治的野心を夢見たソク・テイルをそそのかして彼を大統領に当選させ、本人は女性最高の席といえる令夫人席に上がることになる。
 ダヘがあらゆる悪行を日常行う間、間抜けで虚しいハリュは、回を重ねるごとに「オリバリ」モードをじわじわ脱ぎ捨て、ついにWEB漫画を通じて差し障りがなかったダヘの常勝疾走に冷水を浴びせ始める。ハリュは自分のために思いもよらず犠牲になった双子の兄チャ・ジェウン弁護士として生き、結局令夫人ダヘの特検チームに所属して、ダヘに向けて正面から復讐の刀を狙うことになる。
 ドラマを見ている間、情けないと思うほど愚かな男主人公ハリュを見て、呆れて失笑を禁じ得なかったし、小学校の模範生のように真っ直ぐというより気の毒に見えたペク・ドフンを見るたびに「ここでこうしてはいけません」と一言を投げかけたかったドラマ。ダヘは自分の子供を捨てても血も涙もない破廉恥な悪党の資格を取得するためにあらゆる手段を動員する。
 結局、四面楚歌に追い込まれたダヘの悪行がどんな結末を迎えることになるのか気がかりにさせた「野王」の最後の回は、典型的な勧善懲悪の流れで進行される。だが、最終回でもごり押しの不自然な状況と設定が総合ギフトセットのようにあふれ出る。 腹を銃で撃たれたハリュは、どんな気力で大統領府警護員のものものしい警備をかいくぐって病院を抜け出たのか、そしてドラマを通じて深い昏睡状態に陥っていたソク・テイルの不正を知っていた唯一の証人が目覚めるなど、予定された結末に向かってまるでレゴ ブロックのような組み立て結末が繰り返される。
 そしてドラマは突然ダヘを照らす場面で彼女がこれまで見せたキャラクターに似合わない純情的なBGMをいっぱい敷いた。自分の運命に不安を感じるダヘに同情を感じてもらうことを望んでいたのであろうか? その場面が出てくる瞬間、ダヘに扮したスエが出てくる婦人服の広告が突然飛び出たと思った。
 手段、方法を問わずに自分の夫2人を破滅に追い込み、自分が産んだ子供まで捨てた「猟奇的な悪女」チュダヘに、どんな同情を感じるべきなのか。どうせダヘを超特急スーパーウルトラ悪女で作りたかったのなら、もっと強くハードコアな悪女モードと結末で進めるのが正しかっただろう。 だが、最終回で作家は、ダヘが本質は悪い子ではないから、広い寛大な心を施して見守ってほしいと話すようだった。
 ある程度結末が確定される頃、作為的な臭いがぷんぷんと漂うダヘとハリュの孤児院時代を過度に長時間を割いて見せる。孤児院時代からハリュは盲目的にダヘに一途な心で純情男であったことを息を弾ませて説明する。 だが、既に手遅れだった。考えてみなさい。自分の血縁を破った悪女に、どんな同情が感じられるだろうか。ハリュはやはりバカだったことが証明された。ダヘが義兄によって生命を失う直前ハリュは身をていして救おうとし、二人は床に叩きつけられる。脳に大きな損傷を受けたのだろうか。ダヘは倒れているハリュに這って行き、突然懺悔をするように自分の過ちを悔いる。
 スエという俳優のイメージにこれ以上悪影響を及ぼしたくないからなのか、ドラマ「野王」の最終回は、まるでダヘという人が本性は悪い子ではないから、どうか良く見てほしいと泣いて訴えるような感じだった。 そして権力と富に向かって狂ったように突進したソク・テイルと白鶴グループ会長も最終回でいきなり「チャカン男」モードに急変する。
 権力集団に対する現実的で加減ない描写が印象的だったドラマ「追跡者」が度々浮び上がったのはなぜだろうか。「追跡者」を思い出して「野王」を見ようとしたら、最近競技力が下方平準化されているプロ野球を見るような感じだった。
 タイトルをなぜ「野王」にしたのだろうか? 最終回を見ながら呆れて失笑をなかなか禁じ得なくしたことを考えれば、いっそタイトルを「喜劇王」に変えた方がより良いのに、作家先生はどう思いますか。

「野王」残念な結末 スエ、最大の受益者は、キム·テヒ?

「野王」残念な結末 スエ、最大の受益者は、キム·テヒ?
http://sports.chosun.com/news/utype.htm?id=201304040100025330001679&ServiceDate=20130403
月火ドラマ「野王」の結末に対して視聴者の批判が殺到している。各種ポータルサイトのコメントには粗末で虚しい、蓋然性がない、ちょうど作ったこと同じだというふうに「野王」最終回の内容全体に対する批判から、悪女ダヘを美化した不快感、復讐らしい復讐どころか、最後までダヘを愛したハリュの糊口な姿にあきれてしまったような癇癪まじりの怒り、すべてがこれまで信じて視聴した自分のせいと自己批判をするネチズンも多かった。それだけ「野​王」の結末は視聴者を失望させた。ドラマではなくコントに近い展開に、視聴する終始、失笑を止めることができなかったからだ。

穴だらけの結末と最大の受益者

1.下流の携帯電話復讐

 「野王」は、結末を控えて携帯電話を過度に活用した。ハリュは、ダヘの依頼を受けて自分を*害しに来た義兄ヤンホンに、携帯電話を介してダヘが彼の父を*した事実と、これまで彼をだましてきたことを教えた。また、令夫人ダヘの過去の悪行を記者たちに暴露したのも携帯電話だった。あまりにも1次元的な簡単な方法だと「盗み聞き」と共にドラマで最も警戒すべき第1位の携帯電話の無分別な使用が野王の復讐と結末を左右した。
 結局、携帯電話一つでハリュの復讐が完成したわけだ。もっと早く携帯電話を活用したなら、早期に復讐が完成されたはずなのに、これまでハリュは、白鶴グループのベク・ドギョンに接近することから始めて、無駄な時間を浪費しながら周りの人を危険にさらしたり、死なせた無能で無魅力なキャラクターで確認射*させたわけだ。むしろ熱く車をぶつけてダヘを死亡させた義兄の復讐がネチズンの共感と支持を得て、男主人公はハリュではなく、義兄ヤンホンだったという笑い話が出るほどだ。

2.悪女ダヘを美化するための回想と想像、製作陣の勘違い

 最終回にどうして回想と想像がこんなに横行したのか。蓋然性があればいいが、蓋然性もない。ハリュとダヘの子供時代を回想する場面で、制作陣は「ダヘは、悪女になるマインドを抱いていない、本来は根が優しい子だった」と視聴者に見せたかったようだ。
 しかし、野王が回想で見せたその年齢の子供たちは、根が優しく純粋だ。幼い頃から悪女の望みが見える女がいるだろうか。疾風怒涛の十代でもなく、小学生の頃に戻ってダヘの純粋さを探そうと努めることがとんでもない。純粋な時代の小学生の子供と大人になって悪女になったダヘとマッチさせて美化をするのが妥当なのか? 金日成の偶像化作業でもなく。なぜ視聴者に「ダヘは元は善良だ」ということを注入しようとするのか。幼い時に純粋だったら、大きくなって悪いことをしても理解してあげなければならないのか?

3.ダヘのキャラクターもごり押し結末で崩れた?

 最終回でも、ダヘは劇中でかなり目立つほど輝いていた。青瓦台の大統領夫人ドレスエで、ハリュの家を訪ねて行く時はネルの帽子とみすぼらしいジャケットで乞食王キム・チュンサムファッションを完成させたダヘ。衣装に応じてスエも、ダヘを自由自在に変身することができた。そしてその変身には、取り返しのつかない悪女コンセプトを押し通す力が感じられた。ハリュが心からの謝罪を聞きたいと言うと​​、ダヘは「謝罪?お金をあげればそれが謝罪だろう?」と答える。やはりダヘだ。ダヘらしい。その一貫性、粘り強さが光った。
 そうだ。いっそダヘは希代の悪女、永遠の悪女として残ることが、それが「野王」の蓋然性を生かす唯一の希望だった。ところがハリュがダヘを台無しにした。窮地に追い込まれたダヘが、大統領府で自分の頭に銃を向けて自殺する時も邪魔をし、義兄ヤンホンが車で突進する時はハリュがダヘを抱いてぶつかった。結局、ハリュが交通事故で死ぬ危機に陥り、その瞬間ダヘは涙を流してハリュに申し訳ないと心からの謝罪をした。LTE級に急変した優しいダヘを見ると適応にならない。ハリュの愛と配慮のために、ダヘは改過遷善する余地が見えた人物だったのか。
 特検が近づいて大統領府から退かなければならないダヘ、享受した富と権力の両方を奪われたダヘなら、いっそ原作の結末のようにダヘ自ら命を絶つ自殺の方がはるかにすっきりしていて憮然性が感じられる。彼女に復讐すると言いながら、口ではダヘを*したいという言葉を何度も繰り返したハリュも、義兄がダヘに復讐する時に、飛びこまずに切なく見守る方が良かったかもしれない。

4.野王の最大の受益者は「チャン·オクチョン」のキム·テヒ?

 視聴率調査機関ニールセンによると、ドラマ野王の最終回の視聴率は全国基準で25.8%、首都圏基準ではなんと27.5%にもなる。平日ミニシリーズでは、今年上半期最高の視聴率を記録して放映終了したわけだ。野王の残念な結末とは別に、ドラマの人気を改めて確認することができる。
 しかし、高視聴率にもかかわらず、「野王」で最大の受益者と名乗る人がいるだろうか。悪女ダヘを本当に憎らしく演じたスエの演技力は賞賛するまでもない。しかし、スエにダヘのキャラクターは得だったのか。ダヘは同情が行く悪女ではなく、単に悪い女に過ぎない。悪女の悪女だ。だからチームトップに近かったスエが、視聴率の女王にはなったが、ダヘのイメージを希釈させるために、次期作選定の大きな宿題を抱え込んだ。ハリュは男オンニョンと呼ばれるほど迷惑キャラクターに転落してクォン·サンウには物足りなさだけが残った。ベク・ドギョン役のキム・ソンリョンは魅力的だったが、野王を支配したダヘの強い力に押されて、最大の受益者と呼ぶには足りない。
 だから、「野王」では最大の受益者が見当たらない。むしろ野王の後続作であるキム·テヒ - ユ・アイン主演の「チャン·オクチョン、愛に生きる」が最大の受益者となる可能性が高い。野王の高視聴率のおかげで、ドラマ「チャン·オクチョン、愛に生きる」の予告編を多くの視聴者が見ることができた。「チャン·オクチョン」の予告編が非常にクオリティあるように出てきた方だから、視聴者の期待感を高めた。それだけでなく、「野王」のメイン視聴者層が「チャン·オクチョン」側が期待して期待する視聴者層と相当部分重なる。野王の高視聴率を抱いて、TVでドラマを見る視聴者に広報をたっぷりした「チャン·オクチョン」が初回から高視聴率をマークすれば、タイトルロールを引き受けて責任感と負担感が重いキム·テヒが、野王とスエの恩恵を受ける最大受益者となる見込みだ。

視聴者掲示板の書き込み

いくつか訳してみます。
http://yawang.sbs.co.kr/join/notice/index.jsp

3131 ハリュが一番かわいそうなキャラ...(ダヘは最後までハリュを愛していない)
ハリュはダヘに片思いだった。ダヘは、ハリュが好きなのではなく、自分のことを好きな男たちであるハリュとドフンを利用して、手段/方法を構わずに身分上昇に集中している途中、罪が明らかになり、死んだ。人間は、死ぬ時には真実を言うことになっているが、ダヘは死ぬ時も、ハリュに作った罪は「ごめんね」とは言ったが、「愛していた」という言葉は絶対に言わないで死んだ。ハリュは一生片思いで、ダヘからは本気を受けることはなかったのだ。ダヘは身分上昇のみの集中し、誰にも本当の愛を与えない。もしかしたら、ハリュが一番哀れかも。

3122 涙が止まらないですね。
中間のストーリーがちょっとだったから言葉も多かったが..最後は本当に感動ですね。、..子供のダヘと大人のハリュとの会話は本当に感動です。人の歴史の最後を見せるエンディングですね。事実、幸福は遠くにあるのではないのにね...

続く

ドラマ「野王」最終話

最終話のシーンを、放送当日に撮っていたのかしら?
ハリュとダヘがブランコに乗るシーンだと思います。
 ↓
ギムホンソプ @ actorwin1 4/2 18:30頃
夜王撮影最後の日、最後まで苦​労していただき pic.twitter.com/rN2Tb0qjst
A lovely group, TVXQ no.2-ブランコ

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

韓国記事を読んで、結末がわかるドラマは、SBS的にOKなのでしょうか?
日本語の字幕を上手くつける必要があると思います。ダヘは死んだそうです。
ここテレビ「야왕 마지막회(24회) #8」と「야왕 마지막회(24회) #9」と「야왕 마지막회(24회) #10」を
見てみて下さい。#10で、ハリュが目覚めて「ダヘは?」と聞いた時に、みんなが困った顔をしていますね。車にぶつかって地面に転がった後、私には、ハリュの方が瀕死状態で、ダヘはハリュの怪我を見てショックで失神した程度にしか見えませんでした。ダヘの死因は、脳出血か内臓破裂という設定なのか?

「野王」クォン·サンウ - キムソンリョンの愛は結局不発「各自の道」
http://www.tvreport.co.kr/cindex.php?c=news&m=newsview&idx=329279
[TVレポート=下水や記者]クォン·サンウとキム・ソンリョンのロマンスが結局不発で仕上げされた。2日放送されたSBS「野王」で、ハリュが悪女ダヘを懲戒する姿が描かれた。ダヘは全ての醜い過去と犯罪事実が明らかになり、大統領府から追い出された。卵の洗礼を受ける彼女を義兄が救い出した。しかし、彼女を人里離れたところに連れて行った義兄は、自分を欺いて*そうとまでしたダヘを恨んだ。彼女を送り出した後に逃げるダヘに向けてアクセルを踏んで復讐をしようとした。この時、ハリュがダヘを救うために飛び込んだが、二人とも大きく傷ついてしまった。結局ダヘは死に、ハリュは生きた。また、日常生活に復帰したハリュと彼に向かって恋心を抱いていたドギョンのロマンスは結局描かれなかった。代わりにドギョンは、息子ドフンを偲んで高校に寄付をしたり、助けを与え施す人生を歩み始めた。復讐心を抱いていたジミーも兄を許して再び仲が良い兄妹に戻った。悪行をしていた大統領ソク・テイルも娘ソク・スジョンの勧めで罪の代価を支払って新しい人になる決心をした。全員が新しい人生を始める中、ハリュはダヘとの思い出が宿った家を訪ね、彼女と娘との幸せなひとときを懐かしがって涙を流す姿を見せた。ハリュはダヘを忘れることができない姿で結末を飾った。なお「野王」は、悪女ダヘと彼女に向けた復讐に燃えたハリュの愛憎に満ちた関係を描いて人気を集めたが、蓋然性のない展開とずさんな完成度に対して叱咤を受けて2日放映終了した。

放映終了「野王」クォン·サンウ、最後までスエを守った
http://www.segye.com/Articles/Spn/Entertainments/Article.asp?aid=20130402005844&ctg1=05&ctg2=&subctg1=05&subctg2=&cid=0101060500000
[部分翻訳] ダヘの本心からの謝罪の言葉。
「이렇게 죽으면 안된다. 나 아직 오빠에게 미안하다는 말도 못했다」
「このように死んではいけない。私はまだヒョンに申し訳ないという言葉を言ってなかった」

病院に運ばれ、生死の岐路に立った二人の意識の中、一緒に過ごした過去の日々がかすめた。幼い頃、ダヘの誤りをかばった幼いハリュの姿、ハリュのそばで希望になった幼いダヘの姿が、現在のハリュとダヘにかすかな笑いを浮かべた。<中略> ダヘが最後まで目が覚めなかった事実を聞かされた。すべての悪行が明らかになってサギョルが終結すると <中略> 全ての者が本来の位置に戻っていった。ハリュだけがダヘ、娘ウンビョルとの思い出が宿った昔の家に帰って彼らを懐かしがっていた。

ところで、この上げ上げの韓国記事あせる 苦笑。
 ↓
「野王」スエ、クォン·サンウに懺悔した後の死·· 「原作結末続いた」
http://stoo.asiae.co.kr/news/stview.htm?idxno=2013040223264003132
[アジア経済チェ·ジュニョン記者]「大物」がスエの死を描いて大長征を終えた。
 2日午後放送されたSBS月火ドラマ「野王」最終回で、ダヘを断罪するハリュの姿が描かれた。
 この日のハリュは、拳銃で自殺しようとしたダヘを食い止めるが、腹部に銃傷を負って、病院に入院することになった。ハリュは幸いにも命をとりとめ、自分の病室を監視する大統領府警護員の目をすり抜けて病院を出た。ハリュはダヘと昔の思い出がつまった家に向かった。
 同時刻、ダヘもハリュが過去自分と住んでいた家にいるだろうと推測し、変装した後、大統領府を出た。ハリュはダヘに全ての不正疑惑が入った特検のデータを渡すと提案して、謝罪を要求した。
 ダヘはハリュに、養父とベク・ドフン、チャ・ジェウンを殺人した容疑について自白し謝罪した。しかし、このすべてのことは、ハリュの計画だった。彼は事前に家の外に記者たちを待機させておき、携帯電話を介してダヘのすべての犯行を一つ一つ発表した。
 これにより、ダヘの立場はさらに悪くなり、大統領ソク・テイルに離婚を通告された。結局、彼女は令夫人の席からも落とされた。ダヘは大統領府を出て、怒る国民の叱責を受けた。おりしも義兄ヤンホンが表れて彼女を連れて行った。
 義兄は自分の父を*しながら、今まで嘘をついたダヘに恨みを抱いた。彼は車から降りたダヘを*すと思った。この時ダヘを拘束するために義兄の車を追跡したハリュがその光景を目にした。
 ハリュは車に轢かれる危機に瀕したダヘをかばおうとして事故に巻き込まれた。ハリュはすぐに気を失い、ダヘは自分を救ったハリュに懺悔の涙を流して謝罪した。しかし、致命傷を負ったダヘはいくら歩けず倒れ、ハリュと一緒に病院に運ばれたが、最終的に死を迎えた。
 時間が流れ、ハリュはダヘと娘と一緒に幸せに暮らしていた過去を回想するシーンで有終の美を飾った。このように、「野王」は、死の方式には多少の違いがあったが、ダヘの死で切り上げた原作(漫画)の結末に忠実に従った
 「大物」は「ミスターQ」「トマト」「明朗少女成功記」などのトレンディドラマブームを起こしてキム·ヒソン、ソン·ユナチャン·ナラをスターダムにのせ、「屋根裏部屋の皇太子」で話題を集めたイ・フイミョン作家と「49日」「追跡者」など、若くて斬新な感覚のジョ・ヨウングァンPDの出会いで注目された。二人は「私たちの時代の最高の語り手」と呼ばれるパク·イングォン画伯の原作漫画 「大物」を息詰まる緊張感としっかりしたストーリー構造のドラマに完璧に表現し出して、作品性と興行、二匹のウサギを同時につかまえた。
 また「大物」は、周囲の期待ほど高い視聴率を記録し、スエとクォン·サンウなど主演俳優の 「演技力上昇」と「イメージ変身」という大きな成果を残した。また、歌手ユノ・ユンホではなく俳優としてのチョン・ユンホの再発見とイ·ドクファ、チャ·ファヨン、キム・ソンリョンなど個性と演技力を備えた俳優たちの姿は、ドラマの完成度を一層高めた。
 これと共に「野王」は初回から正統メロに加えて、基本的に推理構造を加味し、伏線と逆に視聴者の好奇心を刺激した。大統領府を素材に扱う果敢な素材の選択も新鮮さを呼び起こした。


「野王」最終回、スエが死に、クォン·サンウは残って「苦い」
http://news.donga.com/Main/3/all/20130402/54156684/3
スエは死んでクォン·サンウは一人残って涙を流したまま「野王」は終了した。4月2日放送されたSBS月火ドラマ「野王」24話(最終回)で、ハリュは、復讐劇を介してダヘの真心に充ちた謝罪を受けたが、最終的にダヘが死亡した後、寂しく一人で残った姿で苦い結末を迎えた。ダヘを防ぐために銃で撃たれ、ハリュはその点を口実に落とし穴を掘った。ハリュは「撃たれたところの精神が聞いた。リンゴだけで、すべての不正の証拠排除したい」と話した。これにダヘは殺人を自白し、ハリュの携帯電話を介してそのままメディアに伝えられた。ダヘがキラーであることが報道されると、その隙を狙ったソク・テイルはダヘに婚姻無効の判決を受けた事実を知らせた。夫人席から降りるようになったスエは、大統領府を出て義兄ヤンホンに拉致された。義兄は自分の父を*したダヘに怒り、車でダヘを*そうとしたが、ハリュが代わりに車にはねられた。ダヘは涙を流して「私はまだオッパにすまないという言葉が言えなかった。私ごめんね」と謝罪した。ダヘも倒れて、ハリュとダヘは病院に運ばれた。意識不明の状態でハリュとダヘは大変だったが、一緒で幸せだった孤児院時代に戻り、お互いを慰めた。ダヘはハリュに「先に行って。待っている人々がいるじゃない」と話し、間もなくハリュは意識を戻した。ハリュは意識が戻る瞬間に笑うダヘを見たが、実際ダヘは目が覚めずに死亡した。ハリュは令夫人ダヘの自叙伝「花火」を見て「ダヘこそ、もしかしたら君は、消えることを知りながらも熱く燃え上がらなければならない花火ではないだろうか」と心の中で語った。サンドとおばさんは結婚し、ベク・チャンハクは妹ジミーと和解した。ソク・テイルは娘ソク・スジョンの説得で大統領を辞任して全ての罰を償うことにした。この日の放送の最後の場面は、ハリュが貧民街を訪ねて、娘ウンビョルと一緒に幸せな家族だった時を想像する姿。寂しく一人だけ残ったハリュの涙でこの日の放送が終わり、容赦と和解に達したが、結局死に駆け上がった苦い復讐劇の終わりを知らせた。

「野王」最終回クォン·サンウ、本当に望んでいたのはスエと一緒に「幸せな時代」
http://news.sbs.co.kr/section_news/news_read.jsp?news_id=N1001715155
ハリュが本当に望んでいたのは、復讐ではなく、ダヘと一緒にした幸せだった時代だった。2日夜に放送されたSBS月火ドラマ「野王」(脚本イ・フイミョン、演出ジョ・ヨウングァン)最終回でダヘは、ハリュが掘った落とし穴に落ち破滅する姿が描かれた。銃で撃たれ、ハリュはダヘに不正関連資料をあげるからと謝罪を要求し、ダヘの全犯罪の自白は外にいた取材陣に生中継された。ダヘは令夫人の席から降りなければならず、大統領府から追い出された。ダヘはデモ隊に卵を投げられる屈辱を受けた。そして義兄ヤンホンは、自分の父を*したダヘに復讐をするために待っていた。ハリュはダヘが義兄に連れていかれる姿を見て追いかけて行った。ハリュは最後の瞬間までダヘを心配した。ハリュは義兄の車にひかれるダヘの命を救った後、自分が望む謝罪を受けた。しかし、ハリュが本当に望んだことは、ダヘが全ての欲望を捨てて、自分のそばに帰って来ることだった。ハリュは自分と娘ウンビョルを捨てて去ったダヘを、元いた場所に戻したかった。ハリュは貧民街の自分の昔の家で、娘ウンビョルとダヘと一緒に暮らす姿を想像し、懐かしさに涙を流す姿を見せた。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

ドラマ「野王」は、ユノが出たから最後まで見ました。
しかし、正直な話、私は知人に勧めないドラマです汗
今まで韓ドラをたくさん見た訳ではなく、あくまで私が見た範囲での話ですが、
日本のドラマに比べて、最後の終わり方がいま一つなドラマが多い中でも、
「野王」の終わり方は、視聴者が納得しない度合が高いと思います。

実際、韓国の視聴者も納得がいかず、ドラマ「野王」の視聴者掲示板には
非難の書き込みがたくさんされています。明日どんな韓国記事が出るのか…。
http://yawang.sbs.co.kr/join/notice/index.jsp
結局、ラブコメディが得意な作家には、復讐ドラマの脚本は無理だったというオチなのか???
ハリュの「純愛」が最重要テーマならば、「復讐」を前面に出すべきではなかったのにと思います。
ハリュがダヘを助けて義兄の車にはねられた後、ダヘがオッパと言いながら心から謝りました。
それでハリュの復讐が終わったという筋書きなのかもしれません。

日本のドラマや映画でも、最近は最後をぼかして、視聴者の御想像にお任せします系のもの
が増えているそうですが、ダヘがどうなったのか韓国人にもよくわからないとはあせる
スエさんのイメージが悪くなり過ぎたので、最後はそのフォローに時間を割いたという気すらします。
ダヘは関係した人々に対して悪いことを重ねたのに、ハリュに対する謝罪の言葉だけですべての反省を表現しようとした脚本と演出はもう本当に・・・ユノのキャリアになる作品でユノが頑張っただけに、残念でしかたがないドラマでした。

つらつらと辛口コメントを書きましたが、クォン・サンウさん、キム・ソンリョンさんの演技力がわかるドラマだったと思います。個人的には、クォン・サンウさんのイメージが向上しました。お二人の別の作品も見てみたいです。なによりユノの演技力が向上していたことは嬉しかったです。次回作も頑張ってほしいと思います。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

「野王」結末予測不可能。倒れたクォン·サンウに驚いたスエ「悲しいエンディング?」
http://www.fnnews.com/view?ra=Sent1301m_View&corp=fnnews&arcid=13040214100964&cDateYear=2013&cDateMonth=04&cDateDay=02
「野王」の結末に対する関心が高まっている。2日SBS月火ドラマ「野王」が最終回の放送を控えた中、クォン·サンウとスエの姿が入ったスチール写真が公開されて話題になっている。公開された写真の中で、大統領府ではなく、荒涼とした原野でハリュが血を流して倒れている。また、気を失って倒れたハリュを眺めるダヘの目つきに同情と贖罪の気持ちでいっぱいだ。このような姿は、「野王」が、大統領府の令夫人の部屋で鳴った銃声で始まり、多くの推理と伏線の妙味を生かして逆転を重ねてきたので、最後の瞬間まで予断を許さない。

ドラマ「野王」第23話

残すところ、あと1話になりました。
第23話の視聴率は、22.5%(全国基準)で同時間帯1位。

【第23話の主なエピソード】
・ジェウン(ハリュ)が特検補になり、ダヘを追いつめ始める。
・大統領候補の買収を追求する。
・ドギョンの力で、ジェウンとハリュの指紋を入れ替えたので、ダヘの指紋照合作戦は失敗
・ドギョンが記者会見をして、ダヘにお金を渡したことを発表する
・ダヘの自伝を燃やすなど、国民のデモが過激化する
・大統領は、ダヘに離婚を切り出し、自分には関係ないこととコメントを出す
・第1回に戻り、ハリュが大統領府に乗り込む
・令夫人の部屋で、ダヘがハリュを撃ち(?)、ハリュが床に倒れる

もしかしたら、ダヘの拳銃で、ハリュが撃たれたようにしたのかも…。
ダヘの実態を知った義兄は、最終回にどんな言動をするか?


「野王」コ·ジュンヒ、「良い経験、貴重な時間」放映終了所感
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2013040208211700295
[アジア経済チェ·ジュニョン記者]俳優コ·ジュンヒがSBS月火ドラマ「野王」のソク・スジョンと別れの挨拶を交わした。コ·ジュンヒは2日、「野王」の最後の放送を控えて「ソク・スジョンは、見ると、一番かわいそうなキャラだったのかもしれない。愛する人を失い、知らない人々に複雑になって本当に多くのことを経験したようだ。たくさん泣き、感情的に多く大変な部分があったが、先輩たちのおかげで無事に終わることができたようだ」と所感を伝えた。彼女は続いて「復讐劇というドラマの特性上、本当に多くのことがあったが、このすべてのことが良い経験だった。大切な時間だった。このような経験をさせてくれた監督様とすべてのスタッフには本当に感謝する」と感謝の気持ちを伝えた。コ·ジュンヒは「野王」で不正を見たらダメだと注意する言葉はつくす正義感があり明るい性格のソク・スジョン役を引き受けて熱演した。

「野王」スエ、危機に直面。キム・ソンリョンに「助けてくれ」借り
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2013040122455069067
[アジア経済ファン・ウォンジュン記者]俳優スエが危機に直面し、キム・ソンリョンに助けてくれと祈った。スエは1日午後放送されたSBS月火ドラマ「野王」で、ハリュが自分の不正を明らかにするための特検を立ち上げたという事実に不安だった。彼女は特検を解体するために、ハリュの正体を明らかにしようしたが、事前に指紋をすり替えたハリュにやられた。結局、彼女は義兄にハリュを削除してくれと依頼した。しかし、これに気づいたハリュは義兄にダヘの正体を暴露、彼女の手足だった義兄の心を変えた。

「野王」クォン·サンウ、スエに向けた本格的復讐「開始」
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2013040122325452201
[アジア経済ファンウォンジュン記者]俳優クォン·サンウがドラマの中でスエに向けた本格的な復讐を開始した。クォン·サンウは4月1日午後放送されたSBS月火ドラマ「野王」で令夫人ダヘの不正を調査するために、特検を立ち上げた。ダヘはニュースを聞いて焦った。彼女は特検を解体するために、ハリュの正体を明らかにすることを決めた。彼女はお茶を飲むことを勧め、指紋を採取した。この事実を知らないハリュは捜査に拍車をかけた。ハリュは自分の指紋とチャ・ジェウンの指紋を交換、調査をしに来たダヘに反撃を加えた。自分の予想と外れた状況にダヘは混乱した。彼女は慌てて調査場を去った。窮地に追い込まれたダヘは義兄にハリュを*してくれと依頼した。彼女は一事不再理の原則を挙げて彼を説得した。しかし、それを事前に察知した下流によって失敗に終わった。これまで自信満々に一貫したダヘとそんな彼女に向かって復讐の刃を取り出したハリュがどのような結末を迎えることになるのか視聴者の期待が高まっている。なお、義兄はダヘが義理の父を殺したのも足りず、自分を利用しようとした事実に衝撃を受けた。彼がどのような変数として作用するようになるのかに耳目が集中している。

「野王」の制作会社が日本在住ネットユーザーを告訴

Amebaブログをやっている韓国在住の韓国人のトンペンJane Doeさんは、
以下の記事とは無関係、「野王の企画は断念します。」と書いています。
http://ameblo.jp/janedoeslave/entry-11500377837.html
Jane Doeさんは、告訴の記事が出た後、韓国語教材に関するAmebaのブログ記事を削除しました。
教材サンプルの中に、ドラマ「野王」のセリフや出演者の画像を使ったページもありました。
Jane Doeさんの教材の販売サイト → http://janebook.wo.ro

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

日本に住んでいる人がやったような韓国記事がたくさん出ているけれど・・・
 ↓
「野王」高い人気を商売に利用…制作会社が日本在住ネットユーザーを告訴
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1965335

日本に居住しているあるネットユーザーがこのドラマの脚本を活用した韓国語教材を任意で制作し、インターネットで販売している状況を発見した。身元不明のサイト運営者を、著作権法違反の疑いでソウル江南警察署に告訴した。現在被告訴人のIPアドレスと販売サイトの取引情報内訳を確保し、告訴状を提出した状態だ。担当警察署が外事科とインターポールとの協調捜査を通して販売者の身柄を確保すると見られる。


「野王」の制作、日本のネチズン著作権法違反の疑いで告訴
http://stoo.asiae.co.kr/news/stview.htm?idxno=2013032709002782685
SBS月火ドラマ「野王」製作会社ベルディメディアが、日本ネチズンを著作権法違反の疑いで告訴した。ベルディメディアユン·ヨンハ代表は27日、「最近、『野王』の人気が高まり、海外のファンもたくさん見ている中で、日本に居住するあるネチズンがこのドラマの脚本を活用した韓国語教材を任意制作し、インターネットで販売してある情況を捕捉して身元不明のサイト運営者を著作権法違反の疑いでソウル江南警察署に告訴した」と明らかにした。ベルディメディア側はこのネチズンは、『野王』の中のセリフを無断録音してハングル字幕で作成された後、ダウンロードした画面に塗り替え韓国語語学教材を販売したと主張している。製作会社側は「最近になって韓流ブームに乗って日本人の間で韓国語学習ブームが起きているうえ、特に『野王』には、クォン·サンウ、ユノ・ユンホなどそうそうたる韓流スターが出演しており、関連商品が飛ぶように売れているという」と付け加えた。ベルディメディア側は、現在被告訴人のIPアドレス販売サイトの取引情報の履歴を確保して告訴状を提出した状態だ。発行元法務チーム関係者は「ヴェルディメディアでは、全世界を相手に『野王』の付加事業を進行中で、このように違法ダウンロードや著作権侵害商品が登場している状況のために莫大な被害が懸念される」とし、「シルクヴェルディメディアだけでなく、韓流コンテンツを生産するすべての製作会社の普遍的立場から、これらの警鐘を鳴らし者捜査を依頼した」と明らかにした。

[ドラマレビュー]痛快さのない「野王」の復讐劇

【ドラマレビュー】痛快さのない「野王」の復讐劇…残るは“一発の銃声” 2013/3/27
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1965365&utm_source=dlvr.it&utm_medium=Twitter

確かに、今までのハリュの復讐には「痛快さ」が足りず、ダヘとハリュのやり取りには緊張感が不足しています汗 作家は「復讐とは、周囲の人を巻き込み、迷惑を及ぼすものだ」と言いたいのかとさえ思います。ハリュは頼りなく、周囲の協力者も「うかつ」で、コメディっぽさがあります。復讐と言うには「緻密さ」も「冷徹さ」も不足しています。「迷惑ハリュ」というあだ名は、的確です(苦笑)。クォン・サンウやユノのファンでない日本人が見て、引き込まれて見るドラマなのか不明です。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

ドラマ「野王」の視聴者掲示板に「このドラマを海外輸出するのが恥ずかしい」という書き込みまであります汗
韓国の国民が、ソク・テイルのような人を大統領に選び、その令夫人にダヘがなること、ダヘの悪行を捜査しきれない韓国警察の能力の低さ、韓国の政治家の汚さ(裏金、裏取引、女)、財閥家がダヘに翻弄されるというストーリー展開、ハリュが弁護士になりすませるというストーリー展開の非現実性、ドラマが大引けでレベルが低い etc.

野王ごり押し設定、偶然の連続...視聴者が怒った
http://www.asiatoday.co.kr/news/view.asp?seq=786161
アジアトゥデイissueチーム= 野王ごり押し設定に視聴者が怒った。
 25日放送されたSBS月火ドラマ「野王」21話で、ダヘは、ソク・テイルを大統領選挙数日前に、操作先行で支持率を急増させるために炎の中で子供を救った。
 ソク・テイルとダヘは、最後の選挙遊説の途中、火災現場に接し、炎の中に飛び込んで子供を救って英雄になった。ソク・テイルが家から子供を抱いて出てくる場面を人々が携帯電話のカメラで写真を撮り、インターネットにアップロードし始め、支持率は急上昇した。
 しかし、ネチズンは、このような設定に腹をたてている状況だ。ネチズンは「作家の筆力が疑われる」「ダヘは万能」「ハリュ抜け」「火が出るのも偶然とても偶然」「ドラマは思うようにできる」などの反応を見せた。


「野王」どこまで「大引け」で行くか?
http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1364292088487764002
[tvdailチョ・ヒョンミン記者] SBS月火ドラマ「野王」は、いったいどこまで大引けで行こうとするのか? 視聴者の反発が強い。
 25日放送された「野王」21話で、ソク・テイルが大統領選挙数日前に偽善的な善行を行って支持率を急騰させる状況が演出された。ソク・テイルとダヘは、最後の選挙遊説を控えて過ぎ去る時に、偶然に火災現場を目撃することになる。するとダヘがソク・テイルの手を握って火災が起きた家に入り、子供を救い、その子供がソク・テイルの腕に抱かれて救出される状況を作り出す。このため、ソク・テイルは、たとえ選挙討論生放送に遅刻したが、このようなスーパーマンのような行動が知られて20%に過ぎなかった支持率が二倍近く上昇する。さらに、ダヘが支持率1位を走っていたソク・テイルの最も強力なライバルまで中途下車するようにさせてソク・テイルの大統領当選に硬い礎石を敷く。
 「野王」が多数の視聴者に非難を受ける背景は、チュ・ダヘのよどみないスーパーパワーにある。彼女はペク・チャンハク会長の金庫をよどみなく開けたと思えば、爆弾を車両に装着してペク・ドフンを死なせる。今まで二回の殺人罪を巧妙にすり抜けて、他人に濡れ衣をかぶせた点は言うまでもなく呆れる。
 これに対し視聴者掲示板には、とんでもないキャラクター設定と作為的なストーリーと全知全能だというより非現実的なチュ・ダヘの能力に対する誇張などに対する非難が殺到している。 一言でこの放送に対する不満が充満するように、作家の筆力に対する指摘まであふれ出るほどだ。
 このドラマの柱軸は、ダヘに向かったハリュの復讐劇だ。だが、今までのハリュは、ダヘに復讐らしい復讐をやり遂げたことがなく、いつもやられるだけだった。たとえダヘをドフンと離婚させて白鶴グループから引きずり下ろすことには成功したが、結果的にはそのことによってダヘをさらに高いところに身分上昇する契機を作っただけだ。
 ダヘは、ドフンと離婚後、ハリュを*そうとしてドフンを*す。ペク・チャンハク会長は、自分の言うことを聞かずに大統領選挙に出馬したことに加えて、今まで惜しみなく後援したことに報恩はできないとはいえ、生意気に裏切ったソク・テイルを怒るが、結局チュ・ダヘに首根っこをつかまれる。ペク・チャンハクは、ダヘが自分の弱点を握ると、すぐに復讐ではなく、むしろ巨額の選挙資金を渡すほどチュ・ダヘに振り回されてしまう。
 もちろん1話で見せたように、最終回で終盤逆転が予告されてはいる。それでもチュ・ダヘの過剰な超特急超能力は、波紋が過度に激しかった。いくらドラマが作家の想像力と創作力が主軸になって繰り広げられると譲歩しても、「野王」は作家のごり押しが大衆の忍耐力の限界を破った。
 その上、このドラマは、各種大引けの要素を豊富に含んでいる。チュ・ダヘの継父は、幼い養女を常習的に暴行し、チュ・ダヘはそのような継父をこれ見よがしに*してしまった後、密葬する。ダヘは、自分のために犠牲になったハリュを手の平を返すように裏切るかと思えば、娘ウンビョルの事故死にも悔やみ一つもなく、さらに不道徳で過激になる。
 ペク・チャンハクは妹ジミーの夫を*し、ソク・テイルは白鶴グループ顧問弁護士時代に他殺を自殺に偽装した。仮にも大統領選挙に出馬して最終的に当選する人が、殺人罪と関係法律違反者で偽善者だ。彼は自身の不正に怒る娘ソク・スジョンに「政治というのは、このように泥沼のようなもの」と厚かましく自分の不正を正当化する。そんな人が大統領になり、チュ・ダヘが令夫人になる。これは大引けの極みだ。その上、善良なキャラクターの代表であるハリュも、現行法に違反し、人々を翻弄した。 彼は明らかに弁護士法に違反し、双子の兄チャ・ジェウンの役割をしながら生きていく中で、何の罪もないベク・ドギョンという女性を傷つけた。チャ・ジェウンのフィアンセのソク・スジョンを痛めた罪も侮れない。「野王」はこのように、ことごとく大引けキャラクターの設定で、トンネルの終わりに向かって走って行く。
 もうあきれようにも、ソク・テイルが大統領に当選してダヘが令夫人になる。ソク・テイルとダヘが結婚するのも大引けだ。ソク・テイルは、ダヘが一時、自分の恩人ペク・チャンハクの一人息子ペク・ドフンの妻であった事実を知りながらも彼女を取る。これは法的な定規を離れて道徳的不倫だ。
 第1話で特検チームに合流したハリュが、憲政史上初めて大統領府押収捜索に入り、ダヘの部屋を捜査中にチュ・ダヘの拳銃で二人のうちの一人が犠牲になることで描かれた。ダヘが死んでハリュが復讐の終止符を打とうが、ハリュが死んでダヘの悪行が絶頂に達しようが、どんな設定でも大引けであることは同じだ。人を*すのが全く簡単なドラマだ。

ドラマ「野王」 ユノ画像

http://yawang.sbs.co.kr/site/photo/index.jsp

撮影現場ビハインド1
A lovely group, TVXQ no.2-yw1
A lovely group, TVXQ no.2-yw2

撮影現場ビハインド3
A lovely group, TVXQ no.2-yw3

撮影現場ビハインド4
A lovely group, TVXQ no.2-yw4
A lovely group, TVXQ no.2-yw5
A lovely group, TVXQ no.2-yw6
A lovely group, TVXQ no.2-yw7
A lovely group, TVXQ no.2-yw8

ドラマ「野王」第22話

22話の最後に、23話の予告の代わりに過去の映像が流れ、ドフンの登場シーンも流れました。

■ハリュの緻密な計画が進行する
http://www.newsway.kr/view.php?tp=1&ud=2013032623451930188
令夫人になったダヘは、自叙伝を発刊し、貧困と困難を克服して成功した完璧な令夫人のイメージを作り出した。これに対しハリュは、これまでのダヘの全行跡を記録したWEB漫画を製作してオンライン上に公開した。国民は既によく知られた令夫人の物語に似たWEB漫画の内容を見て、それが本当のダヘの話だと信じ始めた。ダヘはハリュを脅迫してWEB漫画の製作を停止するよう命令したが、ビクともしないので、白鶴グループとベク・チャンハク元会長を刺激する。その過程でベク・ドギョンは、父ベク・チャンハクの拘束を防ぐためにダヘの前でひざまずいて祈ることまでした。そんな中、ハリュは過去ベク・ドフンが車両爆破事故に遭った当時、119番通報した人がダヘだと確信し、事実確認を依頼したが、ダヘが先に手を打ち当時の音声ファイルを削除した。このため大衆は「WEB漫画の中の令夫人が実際の令夫人ダヘだ」と言い、「大統領府から手を使って音声ファイルを消した」と疑い、世論は沸き立ち始めた。ついに大衆の間では令夫人の特検を要求する波が作られるようになった。これらは全てハリュの計画。全てがてきぱき進められていた。しかし、それだけではなかった。先にハリュは、ソク・テイルの親友チャン・ウチョル検事に接近し、親密な関係を作った。世論による特検要求が殺到し、予想通りに大統領ソク・テイルは親友チャン・ウチョルに特検を任せた。結局チャン・ウチョルは、ダヘの資料まで渡して自分を助けるハリュに「特別検事補をしませんか」と席を提案した。

■TVの生放送で、ダヘにハリュが電話をかけた
http://www.fnnews.com/view?ra=Sent1301m_View&corp=fnnews&arcid=13032623080187&cDateYear=2013&cDateMonth=03&cDateDay=26
ダヘは、悪くなる世論を自分に戻すために、生放送に出演することを決心した。ハリュが自分とダヘの話を書いたWEB漫画「天使」を投稿すると、すぐに人々はダヘの自叙伝と関連させて、これがダヘの話ではないかと疑問を持ち始めた。ダヘは、この世論をどうにかして自分の方に向けなければならなかった。これにより、ダヘは直接生放送に出演し、自身の自叙伝について話した。司会者が「巷では、このWEB漫画が令夫人の話ではないかという話もあるが」と尋ねた。これに対しダヘは「私もこのWEB漫画をよく見ています。私もそんな噂を知っているが、私とは全然関係ない話です。作家の想像力が優れているようですね。私もどうなるのか気になります」と何ともないように微笑を浮かべた。司会者が、ダヘと「天使」の作家の即席通話になったと知らせ、瞬く間に表情が固まったダヘは、慎重に「こんにちは」と言って口を開いた。司会者はダヘに質問があるかと尋ね、ダヘが質問をしないので、代わりにハリュに似ているという疑惑について尋ねた。ハリュは「似ています。私もびっくりしました」ととぼけた。今後の話は、ダヘの望み次第だとからかった。電話を切った後の表情が硬く固まったダヘは、無理やり微笑を浮かべて見せた。ハリュは面白がってTVを消した。

■大統領ソク・テイルが、令夫人ダヘに背を向ける
http://www.tvreport.co.kr/cindex.php?c=news&m=newsview&idx=326065
ソク・テイルは、令夫人になりたがるダヘと公式夫婦になった。愛情なしに政治的パートナーとして手を握った状況。しかし、ダヘの過去に対する疑惑がふくらんで問題が起こった。ダヘの悪行をそっくりそのまま入れたWEB漫画「天使」が人気を呼び、令夫人を題材にしたWEB漫画という噂が立った。またダヘがベク・ドフンを死なせた時にかけた119番通報ファイルまで消えると、すぐに疑惑はさらに大きくなった。ここでハリュは、国会議員を動かして特検を実施するように助けてほしいと要求した。結局、令夫人に特検圧迫が入り、ダヘのために支持率が底という状況で、ソク・テイル大統領は、自分の足を引っ張っている令夫人に向けた特検を受け入れようとする姿を見せた。令夫人に打撃が多いという指摘で、自分の足を引っ張っているダヘをこれ以上座視できないという立場を見せた。ソク・テイル大統領が背を向ける兆しを見せる状況で、令夫人ダヘに向けたハリュの復讐がどのような結末を結ぶか注目される。

■スジョンの旅立ち
http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1364307764487883002
スジョンは、父が不法に大統領になったことに幻滅を感じ、父の元を去る決心をし、ハリュに別れを告げた。スジョンはハリュに「去る前に最後の挨拶をしたかった。かなり以前から世界を歩き回りながら環境保護活動をしたかったが、今はその夢をかなえる」と話した。「お父様にご挨拶せずに行く」と切なさを現わした。これに対しハリュは「父が全ての事実を知った後、スジョンさんに申し訳なくて連絡もしないしていた。申し訳ない」とスジョンの将来を応援した。スジョンは、ハリュが依頼したソク・テイルの親しい友人リストを渡して「ダヘのために傷ついた人々のために、計画は必ず成功して」と言って颯爽と去った。

■ダヘが、ソク・テイルの弱点を握って婚姻届を求めた
http://www.tvreport.co.kr/cindex.php?c=news&m=newsview&idx=326050
ソク・テイルは、過去にベク・チャンハク会長の義弟を*したことで窮地に追い込まれた。ここにベク・チャンハク会長が自首し、大統領の歩みにブレーキがかかるようになった。ダヘは、危機に追い込まれたソク・テイルの状況を記載して婚姻届を出した。ダヘは「候補様は大統領になり、私は令夫人になるんです。今まで候補様のためにした仕事を考えれば当然だと思う。身の程を知らないことだと考えるか?」と尋ねた。これに対しソク・テイルは驚きを隠せなかったが、自分の危機が足かせになり、彼女の言葉に従うしかなかった。結局、彼は婚姻届にサインをし、すぐにダヘは苦境に立った彼のことを処理した。

■令夫人ダヘに、ドギョンが膝まづいた
http://news.donga.com/Main/3/all/20130326/53996599/4
ダヘは、ハリュが令夫人の自分の悪行をWEB漫画に暴露すると危機感を感じた。これに対しダヘは、ハリュと手を取り合っているベク・ドギョンとベク・チャンハクに矢を向けた。国税庁の特別調査局はドギョンを調査し、チャンハクを相続税と贈与税法違反の疑いで緊急逮捕した。危機に追い込まれたドギョンは、令夫人との面談を求め、ダヘに会い「税務調査は仕方がないとしても、父の拘束は解いてくれ。父の健康が良くない」と頼んだ。しかしダヘは「私がいくら令夫人でも、そんなことはしない」と高慢に言い返した。ドギョンが「どうすれば私の父が解放されるのか?」と尋ね、ダヘは「本気の謝罪ならば十分だ。最初から今まで全て謝れ」と話した。ドギョンが「今までのことは申し訳なく思っている。謝る」と言うと、ダヘは「本気が弱い。私に本気が感じられるように謝罪すべきだ。面談時間15分だ」と冷たく言った。結局、ドギョンはダヘの前で膝まずき、恥辱的な状況に身を震わせた。

■ベク元会長が自首をした
http://xportsnews.hankyung.com/?ac=article_view&entry_id=310263
ベク・チャンハクは、自分の罰を償い、ダヘを防ぐために警察署に自首した。彼は警察署で「私は人を*した。自首をしに来た」と話し始めた。これに対し警察が一部始終を聞くと、ベク・チャンハクは「私は10年前に人を*した。私の妹の夫チョン・ヨンホだ。その時は自殺で処理された。ところが、実際には私が*したのだ。証人もいる。まさにその人だ」とTVに出ていたソク・テイルを指差した。彼は「私が*したのを目撃して自殺に偽装した人がソク・テイルだ」と告白した。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

野王クォン·サンウ、スエを取るための最後の勝負投げる
http://star.mk.co.kr/v2/view.php?sc=41000021&cm=%EB%B0%A9%EC%86%A1&year=2013&no=227799&relatedcode=&category=home
「野王」クォン·サンウがいよいよ最後の勝負を投げてスエを取りに出た。26日放送予定のSBS月火ドラマ「野王」でダヘは、最終的に大統領夫人の座に上がり、ハリュは彼女を失墜させるための方法を模索した。ソク・テイル候補の選挙参謀として大統領当選の一等功臣のダヘは自分の願いであるファーストレディとして登板し、大統領府に入城する。しかし、緻密な復讐を夢見るハリュは決してあきらめず最後に絶妙なアイデアを絞りダヘを失墜させる計画を立てる。ダヘが全国民の尊敬を受ける夫人という点を逆に利用した「世論」作戦だ。ダヘはファーストレディになった後、自分の貧しかった時代を告白する感性戦略で国民の同情と尊敬を誘導し、さらに自叙伝出版で支持基盤を広げる。おかげで、「若い層が尊敬する人物」として圧倒的1位を占め、「令夫人ファッション」は常に話題の対象になるほど高い人気を享受する。しかし、彼女が詐欺で飾った自分の過去がむしろ足首を取るようになる。この部分を掘り下げるハリュの攻撃はダヘを四面楚歌の苦境に陥れる見通しだ。一瞬一瞬ダヘの血を止めて締めてかかる圧力が、視聴者に痛快な復讐のカタルシスを抱かせるものと予想される。これと共にハリュは死んだ兄チャ・ジェウン弁護士が残した秘密資料を通じ、驚くべき事実を知ることになる。そしてそれを利用してSPのに合流する決定的な契機を作る。既に「野王」第1話で示したように、ハリュは特別検査チームの補佐官になり、大統領府家宅捜索に乗り出した。果たしてハリュがどのようにしてSPとして入るか22話の観戦ポイントになるものと見られる。最終回までわずか3回だけ残した状況で、ハリュが果たしてどのような決定打一発で復讐のクライマックスを飾るのか関心を集める中でストーリーの緊張感は最高潮に達する見込みだ

ドラマ「野王」第21話

第21話 名場面

テレビ
ダヘがベク家のスキャンダルを理由に、ドギョンからお金をもらおうとする。
ドギョンは、ダヘに復讐するため、ハリュと手を組む。
ハリュの父がスジョンと会う。事実を知ったことを告げ、ジェウンのことを忘れて、自分の人生を生きなさい、もう家に来たり電話もしないで、と縁を切ろうとする。スジョンは大泣きする。

テレビ
ソク候補の支持率が低いので、ダヘは、対立候補に手を回す。
ドギョンがお金を出そうとしないので、ダヘはベク会長の*人の話をして恐喝する。

テレビ
ドギョンは、ダヘの話にショックを受ける。ハリュを呼び出し相談する。
ハリュは、ベク会長に、ダヘが話してドギョンが知ったことを告げる。
ベク会長は自首する、そうすれば偽装をしたソク・テイルも大統領になれないだろうと言う。
ベク会長がハリュにソク・テイルの映像が入ったUSBを渡す。
ハリュは事務所に戻り、USBの映像を見て分析する。
ダヘとハリュが会い、ハリュはベク会長が自首するという話をする。

テレビ
ダヘは、ソクが大統領になったら、自分は令夫人になると言う。
ダヘは、選挙事務所に戻り、ソクにベク会長が自首しようとしていると告げる。
ソクは動揺し、ベク会長に会いに行く。
土下座をして自首しないようにお願いするが、ベク会長は聞かない。
そこにダヘが来て、ソクを引っぱって出て行く。ソクの家に行き、話をする2人。

テレビ
ダヘに呼び出されて、ソクの選挙事務所にコモが来る。
ダヘはコモの前で映像が入っていると見せかけたCDを割り、コモに取引をもちかける。
ダヘは、コモを使って、USBと機密書類を手に入れようとする。
ベク会長は、ハリュと会う。ハリュがUSBを返す。
ベク会長はハリュに当時の詳しい話をする。
・会社の屋上で、秘密資金問題で義弟と争った
・腹立ちまぎれに彼を殴ったら、転んだ時に屋上の手すりに頭を打って倒れた
・この時にソクが来て、飛び降り自殺に偽装した(義弟を屋上から投げ落とす)。
死因が、ソクによる偽装のためだったのでは?とハリュが気づく。

テレビ
ハリュは事務所に戻り、情報を整理・分析する。
兄の部屋でコモが機密書類を探しているのを、ベク会長が見る。
コモの夫を*したのは自分だとベク会長が涙を流して告白し、コモが問い詰める。
その場にドギョンがかけつける。

テレビ
コモが絶叫し嗚咽する。
ドギョンがダヘに電話をし、金を渡す話をする。
結局、ドギョンはダヘにスーツケースに入ったお金を渡す。
おばさんのお店で、サンドが食事をしている。テッペとおばさんは掃除中。
サンドは、ソクの家を見張り、家を出て車で出かけるソクをバイクで尾行する。

テレビ
サンドは、バイクで尾行しながらハリュに連絡する。
ベク会長が自首しようとするので、ドギョンがハリュに電話をする。ハリュがベク家にかけつける。ドギョンがひき止める。ベク会長が*したのではない可能性があると話をして、選挙の間際まで自首は待つように言う。べク会長がハリュの話を聞き入れる。
ソクは、お金を渡して、当時の状況を知り証言できる検死官の口封じをしようとする。
サンドからの情報で、ハリュは検死官が入院する精神病院に行く。

テレビ
検死官は、ハリュを見てチャ弁護士だと言う。
各大統領候補が、選挙遊説をしている。ソクは街頭演説。ダヘがダメ出しする。
ハリュは、白衣を着て病室に入り、病院のスタッフを闘いながら、車で検死官を助け出す。
街中を歩いて遊説するソク候補陣営。

テレビ10
遊説中のソク陣営に、支持率が3位だという情報が入る。
テレビ局では、候補の討論会の準備が進んでいる。
投票の前日、情勢を逆転するため、ダヘは大芝居をする。
選挙遊説中に、偶然、火事の現場に出くわす。
TV番組の討論会に出演するために急ぐソクを引き留め、2人で火事の家の中に入る。
ソクはひるむが、ダヘが逃げ遅れた小さな女の子を救い出す。
女の子をソクが救い出したことにして、ダヘはソクを英雄に仕立てる。

テレビ11
TVの討論会に間に合わない。討論会の中継が始まる。
ソクとダヘは病院に行き、入院している女の子を見舞う。その様子が各種メディアで伝えられる。すぐにネットの評判が高まり、ダヘの思惑通り、ソクの支持率が上がり有利になる。

テレビ12
ダヘは、トイレで火傷を冷やし、どこかに電話をかける。
ハリュとサンドは、検死官を病院に隔離し話を聞きだそうとする。しかし体調が悪化しているので、思うように聞き出せない。ハリュはドギョンに電話をし、状況を伝える。家のリビングで、選挙の放送を見るドギョンとベク会長。ドギョンはTVを消し、ハリュから聞いたことをベク会長に伝える。
翌日、投票日。投票所で、マスコミが見守る中、ソクとスジョンが投票をする。
選挙事務所でソクが選挙速報を見ている時に、精神病院から連絡が入る。
そこにダヘが来て話を聞く。怒るダヘ。

テレビ13
ダヘは、どこかに電話をして指示を出し、手を打つ。
ソファで寝ているドギョンを見てから、ベク会長は自首するため家を出る。
車に検死官を乗せ、車に戻る途中のハリュに、見知らぬ女がぶつかり、目をそらせる。
目を覚ましたドギョンは、ベク会長がいないことに気づく。ベク会長は自首する。
ハリュが車に戻ると、何者かに検死官が口封じをされた後だった。

ドラマ「野王」は迷走?

ユノは、本当に大変な環境でドラマを撮っていたんですねあせる
台本執筆が遅れる理由は何なのでしょう? あと4話です。

殺人的スケジュール「野王」、俳優は苦労している 
みな断片台本で生放送撮影
2013/3/20 16:07
http://sports.hankooki.com/lpage/entv/201303/sp2013032016074894350.htm
SBS月火ドラマ「野王」の制作陣が殺人的な撮影スケジュールを敢行していることが分かった。出演俳優の所属社関係者は最近ノーカットニュースに「最近『野王』の撮影スケジュールがまさに殺人的だ」「長い間この仕事をしてきたが、これほど忙しく気が気でない撮影が進行されるのは初めて見る」と吐露した。また他の俳優の関係者も「みんな時間に追われて、1シーン1テイクで行くほどギリギリだ」「出演陣もとても苦労している」と話した。このような問題は、いわゆる「断片台本」に由来する。「断片台本」とは【時間に追われた作家が急に送った、まさに撮る場面の台本】という新造語だ。実際に放送関係者によれば、「野王」の台本執筆が遅れて撮影がほとんど生放送で進行していることが分かった。

「断片台本」のために俳優叫ぶ
http://newsmaker.khan.co.kr/khnm.html?mode=view&code=116&artid=201303191059001&pt=nv
「最近は『ハリュ』が本当に下流になったようだ。」 SBS月火ドラマ「野王」でハリュを演じる俳優クォン·サンウが3月13日、自身のファンカフェに残した文だ。彼は「下流になったようだ」という文の後に「演技することも、音いろいろなストレス。台本がよく出てくるように願うだけだ...」という内容を付け加えた。「台本がよく出てくる」という言葉の意味は2つある。台本が適時によく出てくるという意味としっかりした内容でよく出てくるという意味だ。2つの意味を含むこともあるが、前者により多くの重きがおかれる。その根拠を言うには、2月にさかのぼらなければならない。
 2月18日に香港スターのジャッキー・チェンが、映画「チャイニーズゾディアック」を広報するために韓国を訪れた。この日の記者会見には、映画でジャッキー·チェンのパートナー役で登場するクォン·サンウも共に参加する予定だったが、来られなかった。現場にいたクォン·サンウの所属事務所代表は「ドラマ製作陣が当初の予定時刻より遅く撮影を終わらせた。今日、明日放送しなければならない場面なので、中断できなかった」「クォン・サンウもドラマ事情のために、他の約束が無視される状況に苦情をたくさん出した。韓国ドラマの状況がとても大変だ」と説明した。ジャッキー·チェンは「私はクォン·サンウに、どんな中国のドラマやCFが良いかアドバイスするクォン·サンウの中国マネージャー格」という言葉で友情を示した。韓国の所属事務所の代表も、中国マネージャー格というジ​​ャッキー·チェンも、ドラマ「野王」の撮影時間はどうしようなかった。
 台本が適時によく出てこないで、撮影も遅れるならば、少々誠実な俳優も限界に至る。台本を十分に見てセリフを熟知する時間がないのに、これに対する責任は演技者がそのまま負わなければならない。このため、俳優には台本がまともによく出てくるかが死活問題だ。
 「2012 MBC演技大賞」でチョ·スンウは「映画やミュージカルの舞台にだけ立って、ドラマの現場に来るようになったが、上手くできなかった。台本も遅く出てきて、徹夜で撮影する。早くこの作品をすべて終わらせて(ミュージカルの)舞台に戻りたい」と語った。「チャングムの誓い」でドラマ韓流を起こした「史劇大家」イ·ビョンフン監督の「馬医」の撮影現場も、残酷さは同じなのだ。
 パク·グニョンは、昨年KBS2「追跡者」の終了後、tvN「ペク·ジヨンのピープルインサイド」に出演し、断片台本で徹夜撮影する理由で、自分は本放送を見られなかったと述べた。彼は「たまに演出部に冗談のように『作家に話をしてくれ。打ち上げパーティーの時に、私が必ず一発殴る」と言った。このような状況でも誰一人文句を言わないで熱心にするのはありがたいことだが、制作体制は変えなければならない」と述べた。ノ・ペウが「横っ面」という表現を使うほど、人を捕らえる切迫した状況なわけだ。
 いくら演技が上手な名俳優でも、時間に追われれば、さらに努力しる方法がない。それでもドラマ関係者は、視聴者の反応を見て素早く対処するのが韓国ドラマの力だと言う。視聴者とのコミュニケーションが上手くいくという意味だ。最後まで最善を尽くして直してみたら台本が遅れるという某放送局ドラマ局長の言葉も聞いた。
 ノ·ヒギョン作家のSBS「その冬、風が吹く」を見れば、そのドラマ局長の話が正しくないようだ。昨年11月から撮影を開始したこのドラマは、初回放映時に既に8回分まで撮影を終えた「半事前制作ドラマ」だった。ゆったりとした時間は、ドラマの後補正作業のために使われた。唯一画面がきれいという話が出るのもこのためだ。「生放送ドラマ」製作条件上では不可能なことだ。今年70歳だが、まだトップの座を守るキム·スヒョン作家も放送終了1週間前に既に最後の撮影を終わらせる。俳優が騒ぐほど切迫して動く状況が必ずしも韓国ドラマの競争力ではないようだ。

「野王」版だけ大きくなり、何をしているのか? 緊張感はダウン 2013/3/20 08:22
http://www.tvreport.co.kr/cindex.php?c=news&m=newsview&idx=323340
[TVリポート=ハ・スナのドラマリポート]版は大きくなった。しかし、緊張感はかえって落ちた。SBS「野王」の詰めの歩みが不安だ。わずか4回のみを残した状況なのに、ドラマは葛藤の動力を失ってさ迷う感じだ。
 国内屈指の財閥家の息子の悲惨な死にも関わらず、金と人脈権力を全て持つ白鶴グループが、ダヘの粗雑なアリバイさえ破れずに翻弄される全くいぶかしい展開が続いた。そうしたら今度は、突然の義兄の犠牲が視聴者をあきれさせた。ダヘが殺人疑惑で捕まる危機が迫って来た状況で、突然義兄ヤンホンは、妹との過去を追憶すると自分がすべての罪をかぶって刑務所に入った。仮に、ダヘが裏切って彼にすべての濡れ衣を着せる式の展開ならまだ納得がいくようだ。 だが、突然出てきたヤンホンの崇高な犠牲(?)はいくら譲歩しても、ダヘを生かすための作為的で虚しい反転という指摘を避けにくく見えた。
 何かいっぱい毒気を抱いたようなフォームだけ雑多で、ダヘにあまりにも簡単に崩れてしまう白鶴グループの人物達も物足りなさをかもし出している。はさみで刺したり拉致して*害しようとするドギョンの試みはあったが、むしろきつくない柔弱な姿だけを表わし、決して悪女ダヘのライバルになれないことを刻印させた。ペク・チャンハク会長も、血も涙もない人物と設定されて、ダヘと正面対決を繰り広げるほどのきついキャラクターと期待されたが、肝心の彼は、叫んだる怒鳴るだけで、金も権力もないダヘにお金を取られたり、してやられる姿だけを公開した。ジミーも、夫の復讐でダヘに足をとられる水準に留まっている。復讐の主軸のハリュも、ダヘを崩すという言葉だけ走狗長腹で、いわれのない犠牲者だけ量産する、狙いが外れた攻撃で復讐の化神としての劇的波及力を失ってしまった。
 一方、お金もコネも組織もなかったダヘがソク・テイルを大統領にすると政界に足を踏み入れてペク・チャンハクのお金を巻き上げる常勝疾走の歩みは、とても順調であきれるほどだ。悪女ダヘを牽制するほどの強力なキャラクターが見えず、ダヘのファーストレディ歩みが可能性あって迫力感あるように描かれない現状は物足りなさだけかもし出している。

腐敗=能力?不正政治家と契約延長した「野王」
[ドラマレビュー]現実の領域に入ったSBS「野王」...これからがもっと期待

http://star.ohmynews.com/NWS_Web/OhmyStar/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0001845776
 最近チォックデボン·型崩れ演出·過度なPPLなど「大引け総合3種セット」を披露するSBS月火ドラマ「野王」は事実物足りなさがたくさん残る作品だ。「悪口を言いながら見るドラマ」の仲間入り(?)に上がりながら視聴率はどの程度記録しているが、その中を覗いてみると生半可な面が1の2つがありません。
 物語の核心軸となるべきハリュは、迷惑キャラクターに転落してから長く、白鶴グループの関係者はダヘという人物一人に前後に振り回されると、さすが政財界を牛耳る財閥グループが正しいことをいぶかしくさを醸し出している。成功という欲望に駆られたダヘはまるで「スーパーウーマン」でもされるようにいろいろな種類の危機を克服しているが、なぜ彼女がそう成功に執着するのかについての説得力も足りない。ただ「ダヘは悪いX」というのがその理由のすべてだ。
 製作陣がもう少し力を入れていたら、「野王」は社会システムの矛盾を赤裸々に現わして視聴者から大きな共感を買うことができたかもしれない。あえて例を挙げると、渡すているお母さんからダヘまで続く貧困の相続、そしてお金がなくて学ばなかったダヘを通っては、社会階層間の移動がますます難しくなる現実を照明することができる。また、ダヘが白鶴グループに入った後は、韓国財閥や大企業の誤った慣行も一度扱って見ることができたはずなのに、「野王」は、白鶴グループの家族をただダヘの悪女本性を際立たせる付添人に転落させてしまった。白鶴グループがカフェ事業に飛び込む姿で大企業の路地商圏への進出の話題を投げたらどうだったろうという物足りなさも残る。
 もしダヘが悪女に変わっていく過程を極めて与えるし、個人の問題で置換させるのではなく、社会システムの矛盾と高い現実の壁という側面ときっちりと接続させた場合、おそらくこのドラマは視聴率と作品性二匹のウサギの両方をキャッチできただろう。ダヘとハリュの「将軍モングン」式一次元的な復讐の対決ではなく、はるかに多くの話題を立てることができたにも関わらず「野王」はそういつも現実をずらしていった。これは原作があるという理由、あるいは視聴率がよく出てくるので問題ないの解明には避けて通れない明らかな限界だ。
 それさえも幸いなことにダヘがソク・テイル市長を前面に出して大統領選挙に挑戦する過程では、このドラマが少しずつ現実の領域に足をつけているという点だ。たとえ現実感あふれる政治ドラマには及ばないが、お金で相手候補​​を買収したり、候補者のイメージメイキングのために露骨で飾り的な言論プレイを繰り広げるのはこのドラマが大引け論難の中で引き上げた所期の成果が明らかである。

特に19日放送でソク・テイルとスジョンが交わした会話は、私たちの社会の不正、政治家を正照準し、ある種の痛快さを抱かせた。父の正直な人に知って生きてきたスジョンは、ソク・テイルが賄賂を受けとるという事実を知って失望感を表わした。するとソク・テイル候補は「賄賂ではなく、プレゼントだ」と言いながら「何対価性がない」とキャッチを切り出した。恥ずかしいというスジョンの呼出しにソク・テイルは「腐敗ではなく能力だ」と言い、むしろスジョンをナムラトダ。「一人で孤高のふりをしないでください。私はもっと早く泥畑で生きてきた。明るい世の中があることではない。闇があるから明るい世界があるのだ。闇がまさに政治だ」と恐ろしく打ち上げたのだ。おそらく新政府発足以後進行され、国務委員候補者の人事聴聞会を見守りながら、国民は政治家や政府高官は「そのご飯にそのナムル」という考えを最も多くしたのだ。なぜなら、偽装転入、論文盗作、兵役逃れのような問題が候補者ごとに回す歌のように繰り返されているからだ。その理由について、この日の「野王」が正解を出した。それらのいくつかは、ソク・テイルのように「腐敗=能力」だと思っているのだ。「政治はすべてそうだから...。」というとんでもない理由を聞いて言葉だ。
 過去の第1話で明らかになったように、ダヘは100億ウォンをかけて、他の候補を買収し、結局ソク・テイル候補を大統領に据える。そして彼女は大統領夫人の座に上がる。これから本格的に進行されるドラマの中大権競争。不正政治家を正照準して現実の領域に足を踏み入れた「野王」が少しより多くの論争の種を残してくれたらと思う念願だ。

ドラマ「野王」第20話

テレビ主なシーン http://yawang.sbs.co.kr/view/netv_best/index.jsp

ジェウンを疑い始めた父がついにジェウンの正体を知り、ハリュから経緯を聞きました。ジェウンの正体を知った時に心臓発作を起こしますが、命に別状なく良かったです。父が事実を知ったので、これからは父の前でジェウンの演技をしないですみます。ハリュの一番の弱点がなくなり、来週から本格的な復讐が始まるのでしょうか? ドギョンが会長になったので、ダヘに恐喝されにくくなるのかしら?

■父がジェウンの正体を知り、ジェウンが死んだ事実を知った。
http://sports.chosun.com/news/utype.htm?id=201303190000000000010932&ServiceDate=20130319
双子のハリュとジェウンの誕生日に、何も知らない父は息子達の誕生日を喜んだ。ハリュがジェウンだと知らない父は、いつもジェウンにプレゼントした靴のサイズと違うことを知り困惑した(ジェウン28cm、ハリュ27cm)。誕生日の食事の席、おばさんとテッペがジェウンにハリュと言ったのも不思議に思い、スジョンに会って尋ねた。スジョンに会った後、父はハリュを訪ね、妻のお墓に行こうと言った。しかし、ハリュは母のお墓がどこにあるか知らず、ついに自分の正体がばれた。ハリュの正体を知った父は、胸が苦しくなり緊急入院した。ハリュは自分のために倒れた父の前で膝まずくしかなかった。退院後、父はハリュに、ジェウンのふりをした理由を尋ねた。ハリュは涙を流して父に、ハリュだと思ってジェウンを*した人に復讐するために兄になりすましていたと打ち明けた。父も涙を流してハリュを惜しんだ。

■スジョンは、大量の献金を見て汚い政治の世界を知り、父に大統領立候補を辞めるように言うが、父は聞き入れない。スジョンは、父に失望する。

■ハリュの条件を飲み、ベク会長が退き、ドギョンが会長に昇格した。

■ダヘは、ベク会長からもらったお金を使って大統領候補一本化に成功した
http://sports.chosun.com/news/utype.htm?id=201303190000000000010934&ServiceDate=20130319
ダヘは、選挙候補単一化が取り消しになったことを一歩遅れて知り、大きく驚いた。ダヘは機密書類で単一化を成し遂げようとしたが、ハリュに書類を取り戻されて成功できなかった。選挙候補単一化が水の泡になり、腹を立てたテイルに、ダヘは再び機会をくれと言った。ダヘはペク・チャンハクを訪ね、ドギョンが自分の腹をはさみで刺して傷をおわせ、妹ジミーの夫を*した話をして脅迫し、50億ウォンを要求した。結局ペク会長はダヘの要求を聞き入れるしかなかった。 ペク会長はハリュを秘密裏に呼び、過去に自分が一人の男を*したと告白し、*害した男を自殺で処理したのが顧問弁護士ソク・テイルだったと打ち明けた。それ以降、ソク・テイルは、自分の弱点を握って利用しようとし、ベク会長もソク・テイルが他殺を自殺にしたことを直接話す動画を確保したが、これをダヘが見て脅迫するという話をした。また、ハリュがダヘに復讐しようとしていることを知っているペク会長は、ダヘを防いでくれ、ドギョンを助けてほしいと言った。 ペク会長がダヘから脅迫されるので、ハリュを自分の楯にしようと考えたのだ。これに対しハリュは、ペク会長がダヘに弱点を握られたので、会長職から退けと衝撃的な提案をした。ベク会長は提案を受け入れ、ハリュはダヘにペク会長に要求したお金を渡した。金を受け取ったダヘは、ソク・テイルが未来創造党の候補になれるように候補単一化を要求して50億ウォンを渡すと約束し、ペク会長からもらったお金を渡し、結局望みを成し遂げた。

http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1363729803484088002
ダヘは、ハリュに白鶴の機密書類を奪われた後、シンデ韓党から一本化できないという意思を伝えられた。この事実を知ったソク・テイルは、ダヘに激怒した。しかし、ダヘはソク・テイルに「最後にチャンスをもう一度だけ下さい。無条件単一化を実現させる」と強い意志を見せた。危機に瀕したダヘは、再び白鶴を訪れた。ダヘはベク会長の前で、ドギョンにはさみで刺された傷を見せて50億ウォンを要求した。ダヘは脅迫で得た現金50億ウォンを持ってすぐに未来創造党の代表を訪ねた。ダヘは一本化の条件として現金100億ウォンを提案し、ついに一本化を成功させてソク・テイルの大統領候補登録を終えた。しかし、その渦中に、ベク会長はダヘに引き続き脅迫されることを我慢できずにハリュと手を握った。既にダヘに多くの弱点を握られたベク会長は、ダヘに復讐するため、白鶴グループの会長職もドギョンに譲り渡した。ダヘは未来創造堂に支払う残りの50億ウォンを解決するために、白鶴の新しい会長ドギョンを尋ねた。しかし、ドギョンはベク会長のように甘くなかった。ダヘは、白鶴のスキャンダルを暴露すると脅迫したが、ドギョンはむしろ冷淡に反応した。

■ダヘにお金を渡す前に、ハリュは、お札の番号をビデオに撮りました。これは後に、買収容疑の証拠になるもの。

■ジミーがソク・テイルの選挙事務所を訪れ、自分の夫を*した犯人をダヘから聞こうとする

■ダヘは、ベク会長から50億ウォンを恐喝した。
http://www.tvreport.co.kr/cindex.php?c=news&m=newsview&idx=323306
ダヘは、ハリュの復讐で殺人容疑が明らかになる危機を迎えたが、義兄ヤンホンがすべての罪をかぶって刑務所に行き、再び野望に発動をかけた。ダヘは、白鶴の不正が入った秘密書類を再度ベク会長に奪われたが、よどみなくベク会長を訪ねて行った。彼女は「お父様。お小遣いをちょっともらいに来ました」とドギョンのはさみ攻撃の傷を見せて脅迫した。彼女は「ベク・ドギョン専務が嫁をはさみで刺し誘拐して暴行した、こういう話は世界の人々がみな好きな話でしょう。妹の夫を*害したお父様の話まで添えれば、爆発的な反応が起きそう。」と言って、自分の傷がその強力な証拠になると脅迫した。続いてダヘは「お小遣いは、50億ウォンあれば適切なようだ。」と言って強引に政治秘密資金を要求した。結局ダヘに弱点を握られたベク会長は、彼女の要求を聞き入れるしかなかった。ダヘはその50億ウォンの裏金を利用してソク・テイルを大統領にするための陰謀を継続した。

■義兄ヤンホンが自首してすべての容疑をかぶり、ダヘが釈放された。
http://stoo.asiae.co.kr/news/stview.htm?idxno=2013031922152883722
ハリュは、警察に出頭したダヘと会った。すぐにダヘは刑事の取り調べを受けた。刑事は、ホームレスがヤンホンの顔を確認した、ヤンホンにチャ・ジェウン弁護士を*せと言わなかったかと尋ねたが、ダヘは黙秘した。警察署に自ら出頭して自首したヤンホンは、車両爆破事件の全てが自分の単独犯行だと述べた。これはダヘも予想できなかった。結局ダヘは疑い晴れた形になり、ヤンホンは自分を犠牲にして拘束された。この知らせを聞いて警察署に駆け付けたハリュはダヘと会ったが何の話もせず、警察に行った。ハリュはヤンホンに一人で罪をかぶらずに真実を話せと言ったが、ヤンホンはハリュの話を聞かなかった。ドギョンは、ハリュがダヘを刑務所に入れられなかったことに怒り、ハリュを見るたびにドフンを思い出して大変だと言った。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

20話予告
http://yawang.sbs.co.kr/view/preview/index.jsp
警察署に自主的に出頭して自首したヤンホンは、車両爆破事件が全部自身の単独犯行だと述べる。 選挙候補単一化が水の泡になり腹を立てるテイルに、ダヘは再び機会をくれと言う。 一方、ジミーはダヘに会いにテイルの選挙事務所に訪ねて行くが...


「野王」クォン・サンウ、白鶴グループと手を握って復讐勝負の賭け浮かした
http://news.sbs.co.kr/section_news/news_read.jsp?news_id=N1001687293
 SBS月火ドラマ「野王」のクォン・サンウが白鶴グループと手を握ってスエに向けた復讐の勝負の賭けに出る。
 19日放送される「野王」20話で、ハリュは白鶴グループ ペク・チャンハク会長に会って衝撃的な提案をする予定だ。ペク会長の招請でなされた秘密交渉で、ペク会長はハリュに自身の過去に関わった事件を打ち明けて助けてほしいと依頼する。これは先立ってペク会長がダヘから全然身動きができない脅迫を受けたので、ハリュを自身の防壁の盾にしようとするペク会長の考えだ。ペク会長の提案にハリュは、条件付きで受諾し、もう一つの提案を出す。ダヘに復讐しようとするハリュとダヘから白鶴を守ろうとするペク会長、二人の目的は違うがダヘという共通の敵を置いたので合意が成し遂げる。
 続いてハリュはドギョンにも自分を助けてくれと提案する。ハリュがドギョンと本格的に手を握ることになれば、白鶴グループの強大な力を背にもう少し組織的な復讐を通じてダヘを圧迫していくことができるものと見られる。
 ダヘは18日放送の「野王」19話の最後の場面で、アリバイ操作がばれて警察署に連れられてこられた。だが、天下のダヘは、また、どんな見せ掛けの形でどじょうのように抜け出るのか分からない。ダヘは今後吹き荒れる大統領選挙の政局で主導権を握るために、候補単一化作業に拍車を加えて色々な陰謀を整える
 これに対抗してハリュはダヘのアキレス腱を攻撃する準備をしていく。特に兄チャ・ジェウン弁護士が生前に残した秘密文書を基に、ソク・テイル候補に対する裏調査に着手する予定だ。
 したがって「野王」の大きな軸を占めるハリュとダヘの間の個人的復讐劇が、もはや白鶴グループとソク・テイル大統領選挙事務所間の全面戦争の様相に広まりながらより大きいスケールの息詰まる血みどろの戦いを予告している。両者ともたやすく退く相手ではないので、知能的に打ち合う緊張関係は最高潮に達する展望だ。
「野王」20話は19日夜9時55分に放送される。

ドラマ「野王」第19話

http://yawang.sbs.co.kr/view/preview/index.jsp
ダヘは、白鶴グループと関連した人々の弱点を武器にしてソク・テイルの後援会に招き、テイルの選挙準備に力を与える。ヤンホンはダヘにもうそろそろ止めようと話すが、ダヘはもう少し持ちこたえてみようと言う。 一方、ダヘのアリバイに対して疑問を抱いたハリュは、サンド、テッペと共に追跡を続ける...

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

ドフンの事件を調べた刑事さんが動き出しましたね。
ダヘを捕まえるために、ハリュは検事になろうとするのでは?

それから、ダヘが入院している姿がありました。
原作は、ドフンの子どもを妊娠し生むが、女の子だったので養子に出し、男の子をもらって自分が産んだことにするというストーリーです。ここの部分が原作通りになるのか、否か…。

テレビSBS [野王] - 18日(月)予告
http://youtu.be/cu3AwhGvsMk
公開日:2013/03/17
事件当時ダヘのアリバイが立証されると、そんなはずないと否定するハリュ~一方ダヘはベク・ドフン殺害の疑いで調査を受けることになる。

ドラマ「野王」、毎日徹夜撮影で体が大変

韓ドラの撮影は大変と言われますが、特に「野王」がたいへんなのかも…。
制作現場はたいへんそうです。
出番が多い主演のサンウさんとスエさんは本当に大変でしょう。
そんな中で、ユノはよくやりました。

サンウのファンカフェ文解明「キャラクターの不満はない。徹夜の撮影が困難なのだろう」2013/3/14 17:24
http://sports.donga.com/home/3/all/20130314/53697348/2
クォン·サンウ側がファンカフェ文を解明した。クォン·サンウ側関係者は3月14日ニュースエンとの通話で「クォン·サンウがファンカフェに残した文は、キャラクターに対する話ではない。『野王』が毎日徹夜撮影をしていると、体が大変で『下流』という表現を使ったのだ」と明らかにした。この関係者は「キャラクターが不満というよりは、ライブで進行される撮影日程が大変なのだ」と語った。<以下略>

クォン·サンウ、ファンカフェに意味深長な文を残す...「ハリュが下流したようだ」 2013-03-14
http://sports.donga.com/home/3/all/20130314/53697348/2
俳優クォン·サンウが、自身の公式カフェに意味深長な文を残して目を引いている。
 クォン·サンウは13日、自身の公式カフェ「天上偶像」に「最近は、ハリュが本当に下流になったようです。演技することも...うーん....いろいろとストレス。台本がよく出てくるように願うだけです」という短い文を掲載した。
 クォン·サンウは現在、SBS月火ドラマ「野王」に出演中だ。文のハリュは、自分が担当している役割の名前だ。文の内容を置いて撮影中のドラマに対するいくつかの考えを打ち明けたものと解釈されている。
 「野王」は、当初24部作で企画された。現在中盤を越えて後半に向かって走っている。これに対し各人物の伏線が明らかになり、徐々に劇の長いガン感が高まっている状況、俳優たちもキャラクターに没頭するほど情熱を注いでいる。
 しかし、断片台本などの問題に起因する撮影現場の困難は相変わらずだという。特にキャラクターに没頭して演技する俳優たちは、撮影待機が長くなり、キャラクター分析もなしに撮影に臨まなければならない残念な状況が演出されている。
 「野王」に出演中のある俳優の関係者は、東亜ドットコムに「現在、断片台本形式で撮影が進行されている」「俳優たちがたくさん疲れた状態だ」と述べた。また、「撮影待機が長くなり、劇中の人物のキャラクター分析をする前に撮影に入って俳優たちが苦労している」と付け加えた。
 なお、「野王」は来月2日終映する。「野王」の後続作では俳優キム·テヒ、ユ·アインが初呼吸を合わせた「チャン·オクチョン」が4月8日初放送される予定だ。

ドラマ「野王」、ドフンとヌナ(オンマ)

ドラマでもうこの2人が観られないと思うと淋しいです。
ヌナには幸せになってもらいたいですねしょぼん

映像を見ると涙が出ます…。
テレビSBS [野王] - GOOD BYE ドフン..
http://youtu.be/9TC04VdABw8
公開日:2013/03/13
ドフンを見送れば惜しい心..私だけでしょうか?!ㅠㅠ
夢の中では「オンマ」という言葉が最後になってしまったドド姉弟。
何度見ても忘れられないような場面ですね~


■SBSのユノのメッセージ
A lovely group, TVXQ no.2-ユノメッセージ
【翻訳:Dolphinさん】
こんにちは。チョン・ユンホです。ドラマ「野王」を通じて、純粋で情熱一杯のキャラクター「ベク・ドフン」に出会い、「ドフン」として皆さんと一緒になることが出来たとっても大切な時間でした。ドラマを撮影する間、演技は勿論、本当に多くのことを学べてもっと思い出に残る作品でしたし、「ドフン」は永遠に僕の心の中に生きていると思います。ドラマの放映中に多くの愛と応援を下さって、良いお言葉も下さった全ての先輩の方々、スタッフの皆さん、見守ってくださったファンの皆さん、視聴者の皆さんに本当に感謝します。これからももっと頑張る様子や、発展する様子でもっと熱心に活動するチョン・ユンホになります。最後まで「野王」にたくさんの愛をお願いします。有難う御座います。

[野王]チョン·ユンホ下車所感、「信頼の大切さを悟った」
http://conting.sbs.co.kr/etnews/etnews_view.jsp?be_id=B1000300305&log_twt1=conting&log_twt2=20130313_1
 俳優チョン·ユンホがドラマ「野王」を下車する所感を明らかにした。チョン·ユンホは12日放送されたSBS月火ドラマ「野王」18話でドフン(チョン·ユンホ)の切ない死と共に自分の出演分量を終えた。
 チョン·ユンホは「今回の作品を通じて信頼の大切さを悟った」「不足している私の演技人生のSTEPになるように最善を尽くそうと努力した」と話した。チョン·ユンホが言った 「信頼」には3つの意味が込められている。寒い天気と忙しいスケジュールの中で共に苦労した同僚俳優と撮影スタッフに対する信頼、劇中母ドギョンと妻ダヘの間で見せた真の家族愛の信頼、そして自分を信じて励ましてくれた視聴者に対する感謝の気持ちだとチョン·ユンホは説明した。
 チョン·ユンホはまた、多くの視聴者がそうだったように、最高の名セリフとして最後の瞬間に残した「オンマ」を挙げた。赤ちゃんも呼べるその名前を一生持つことができずにこの世を去る瞬間に、それも夢の中のエピローグで残したドフンの悲しい運命は、春の雨のように視聴者の胸を濡らした。28年慕情の歳月の中に隠されたこれら母子の切ない心は、家族愛の率直な意味を悟らせ、「野王」の人気を牽引してきた原動力だった。ドフンのセリフは、2話の初登場で「ヌナ」で始まり、18話最後の場面で「オンマ」で終わった。偶然なのか伏線なのか分からないが、興味深いところだ。結局、視聴者の願い通りにドフンは「オンマ」と呼べたが、ついにドギョンの「キムチチャーハン」は食べられなかった。
 チョン·ユンホはこの作品を通じて、期待以上の好評を受けた。特にドフンのキャラクターが生き始めた16回から18回には、視聴者の絶賛を浴びた。実は歌手としてのユノ·ユンホは「東方の不思議な星」のように数多くのファンが仰ぎ敬う「舞台の上の帝王」だが、俳優チョン·ユンホは、自ら新人俳優であることを強調してたゆまぬ努力を傾けた。クォン·サンウとスエを普段ぁら「ジェウン兄」「ダヘ姉」と呼んで先輩たちに演技の助言を求め、撮影現場の末っ子として良くないことも拒まないほど気さくな人間味を見せた。制服姿のかわいい「高校生」で手を振っ最後のシーンは、まるで視聴者に送る別れの挨拶のようで、ファンに物足りなさを付加した。入学式のシーンを撮ったチョン·ユンホの撮影が終わると、すぐに演出者ジョヨウングァンPDと同僚俳優、撮影スタッフは熱い拍手で苦労を褒め、チョン·ユンホはこれらと一人ひとり握手を交わして抱擁して惜別の情を慰めた。

ksr ‏@88sungryoung
涙が出るかと思ってわざわざたくさん笑った...ところで...良くて死ぬことと見えて...@@ pic.twitter.com/bGtRKFxZT8
A lovely group, TVXQ no.2-オンマと

監督と2ショット
A lovely group, TVXQ no.2-監督と一緒に

dramarin@ sujin_sbs
スーツに続いて制服さえよく似合う男ベク・ドフンの最後の撮影の日!毎日夜を明かす殺人的なスケジュールにもかかわらず、常に笑顔でスタッフと一緒にした「野王」の撮影現場の活力^^次回作も期待しますよ:) pic.twitter.com/WXvem6Tmcl
A lovely group, TVXQ no.2-スタッフと

テレビSBS[野王] - ユンホの制服シーンドキドキ
http://youtu.be/wlonFizhNTs
公開日:2013/03/12
ベク・ドフン。もう名前だけ見ても悲しいですねㅠㅠ
「野王」ドフン(ユンホ)の制服シーン

http://yawang.sbs.co.kr/site/photo/index.jsp
ドギョンの夢の中で、ドフンが「オンマ」と言うシーン。
ドフンに「オンマ」と呼ばれて、ドギョンの嬉しそうな笑顔が美しかった。
A lovely group, TVXQ no.2-制服

http://yawang.sbs.co.kr/site/photo/index.jsp
ドフンの枕元に飾られていたヌナとの2ショット。
A lovely group, TVXQ no.2-2ショット2
A lovely group, TVXQ no.2-2ショット

ドラマ「野王」ひと区切り?

ドラマ「野王」は来週も続きますが、ユノが下車したので、もう見ない方もいると思います。
私は最後まで見る予定ですが、もう見ない韓国カシオペアは多いのかしら…。
来週以降の視聴率がどうなるのか気になります。

原作の漫画では、ドフン(に相当する御曹司)の母が、濡れ衣をきせられて、刑務所に入ります。昨夜の放送の最後は、ドギョンがダヘと対峙するシーンでした。ハリュが間に合って、ドギョンを制止する展開になりそうですが、これでドギョンが逮捕されることになったら嫌ですね…。

ドラマの視聴者掲示板には、作家に対する非難の書き込みがさらに増えています。
http://yawang.sbs.co.kr/join/notice/index.jsp
こんなドラマを海外に輸出して韓国の恥だ、という書き込みまであります汗

・ハリュの復讐が生ぬるい(口先ばかり)
・人を簡単に*し過ぎる
・リアリティがなさ過ぎる
・ダヘは悪女というよりも、サイコパスだ

視聴率が高くても、「大引けドラマ」の烙印が最終的に押されてしまったら、
ユノや他の俳優陣が演技を頑張っているドラマだけに、切なすぎます。

ドラマの制作が、超生放送状態なので、
作家が出してくる台本を制作スタッフが吟味する十分な時間がないのかもしれません。
事情はわかりますが、残りの回で、少し挽回してほしいところです。

ドラマの初回に、結末の一部を見せてしまうのも、考えものですね…。

[韓国記事]チョン・ユンホの下車所感

「野王」チョン・ユンホ下車所感「不足している演技人生の足がかり」 2013.03.13(水)08:14
http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1363130091480196002
[tvdailyキム・ジンギョン記者]歌手兼俳優 チョン・ユンホが、「野王」下車所感を明らかにした。12日放送されたSBS月火ドラマ「野王」18回話でチョン・ユンホは残念な死で最後を飾った。チョン・ユンホは「今回の作品を通じて信頼の大切さを悟った」「不足している私の演技人生の足がかりになるべく、最善を尽くそうと努力した」と「野王」下車所感を伝えた。この日チョン・ユンホが話した「信頼」には三種類の意味がこめられている。チョン・ユンホは「寒い天気と忙しいスケジュールの中で、共に苦労した同僚俳優と撮影スタッフへの信頼、劇中で母ドギョンと妻ダヘの間で見せた真の家族愛の信頼、そして自分を信じて励ましてくれた視聴者に対する感謝の気持ち」と説明した。「野王」の中の最高の名セリフとしてチョン・ユンホは、最後の瞬間に残した「オンマ」を挙げた。 赤ん坊でも呼べるその名前を一生持つことができないが、この世を去る瞬間、それも夢の中のエピローグで残したドフンの悲しい運命は、視聴者の胸を濡らした。

「野王」チョン・ユンホ、俳優にさらに一歩近付いた 2013-03-13 09:30:32
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201303130838110310
[newsen クォン・スビン記者]
A lovely group, TVXQ no.2
チョン·ユンホが強い印象を残して「野王」を退場した。3月12日放送されたSBS月火ドラマ「野王」18話で、スエによる爆発事故で結局死を迎えたペク・ドフン(チョン・ユンホの役)の姿が描かれた。チョン・ユンホは、劇中死を迎え、18話を最後に「野王」を下車した。過去を隠した1人の女性を愛し、その女の成功の踏み台になりながら劇を進めるのに重要な役割を果たした。
 チョン・ユンホは、2009年のドラマ「地面にヘディング」、2011年のドラマ「ポセイドン」特別出演に続き、久しぶりにドラマに出演した。演技空白の間、着実にレッスンを受けて準備してきたチョン・ユンホは、可愛い年下の男、親しいBFの姿から愛する女の過去を知って苦しむ感情演技まで多様な姿を見せた。
 今回のドラマは「俳優チョン·ユンホ」という名前を作っていくのに重要なドラマだった。 序盤には明るくて愉快な財閥家の息子として純粋さが生きているキャラクターを演じた。アイスホッケー場面は、視聴者の注目をひきつける見所の一つでもあった。ハリュの復讐劇と並行して、成熟したペク・トフンの姿を見せなければならなかった。愛する女のために姉に初めて冷淡にふるまい、妻の過去を知った後には、裏切りに絶望する内面演技を消化した。姉が母だという事実を知ることになった後に流した涙は、視聴者まで涙させるのに充分だった。
 ドラマを終わらせたチョン・ユンホはもう東方神起、ユノ・ユンホに戻る。4月27日から開かれる日本5大ドームツアーを準備する予定だ。最高位の歌手で俳優として力量をもう一度確認しながらマルチ プレーヤーとして位置を確かにした。

[翻訳記事]「野王」ユンホ、東方神起を脱いで俳優を着る
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1964426&categoryCode=PU

「野王」チョン・ユンホ、東方神起を脱いで俳優を着る 2013-03-13 07:41
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&oid=109&aid=0002495600&sid1=001&lfrom=twitter
[OSEN=チョン・ソンハ記者]東方神起の名刺ではなく俳優というタイトルでSBS月火ドラマ「野王」に出演したチョン・ユンホの演技挑戦が12日に終わった。愛する女性に利用されて死を迎える寂しい最後だったが、チョン・ユンホの演技挑戦だけは一指尺さらに成長した姿で寂しくない退場だった。
 チョン・ユンホは「野王」で、財閥家の一人息子ペク・ドフンのキャラクターを引き受けて2話から姿を現わした。アイスホッケーに夢中になり、父ペク・チャンハク会長と対立し、一目惚れしたダヘには猪突的な純情を捧げるなど、財閥家の末の息子の反抗期と無謀な情熱のような指向を順番に消化して演技者としての足場を固めた。
 チョン・ユンホの演技が何よりも光を放った場面は、ダヘに向ける無条件な愛情を表わす時だった。関心がある女の行動を注意深く観察して歓心を買うためにジェリーを一袋買って抱き、彼女の身分上昇の欲望は夢にも知らずに、未来の責任を負うと言って指をかける場面では、鉄はなくても下手な行動それ自体が魅力な「年下の男」キャラクターのポイントをきちんと生かした。
 殺伐とした「野王」の情緒にぬくもりを吹き込む役割もペク・ドフンの役割だった。ドラマの後半部のドフンは、信じたくないダヘの過去が一つずつわかっていく時、どうすることも出来ずに悩む姿で罪悪感ダーウィン念頭におかない「野王」の殺風景に、一筋の理解の光を垂らした。 ひたすら復讐マシーンに転落したハリュとダヘの*しあいの戦いで、ドフンの涙はこの作品が人の思いと心を土台にした作品であることを喚起させると共に、復讐劇が残す苦い後味を想起させた。
 純粋な心が裏切られ、空だと信じた人から受けた深い傷を泣いて吐き出す顔色がやや白く綺麗な財閥家の末息子の悲しみは、たとえ熟練した感情演技ではなくても、ひそめた両眉と震える顎で、ドフンの真心を感じさせる彼から読み取るに不足がなかった。
sunha@osen.co.kr

ドラマ「野王」第18話

予想に反して、ドフンが死んでしまいました。
今日の放送で、ユノは下車ですね。
ユノ、本当にお疲れ様でした。
今日はゆっくり寝られるいいですが…。
これからは、ドームツアーの成功のために、頑張って下さい!

「野王」チョン·ユンホ、様々な感情演技消化。ベク・ドフン役「仕上げ」
http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20130312001128&md=20130313003002_AO
A lovely group, TVXQ no.2-いろいろドフン
グループ東方神起のメンバーユノ・ユンホが、お茶の間に安定した演技力を披露して劇中のベク・ドフン役を終えた。チョン·ユンホは3月12日放送されたSBS月火ドラマ「野王」18話でダヘがハリュを*すために準備した爆発車に近づいて重傷を負って死亡した。17話でドフンは、自分の母親の存在を知り、最後にダヘに会いに行った。彼はダヘに自分を愛したのか尋ねた。これに対しダヘは愛して結婚したと答えたが、彼女がドギョンを脅迫して結婚を推進したという事実を知っていたので怒った。ドフンは「車の近くに来てはいけない」というダヘの引き止めにもかかわらず、彼女がハリュを*すために準備しておいた爆発車に近付いて重傷を負ってしまった。ハリュは昏睡状態のドフンに「このように会わなかったら、僕らはより良い関係になったのだ。僕が嘘をついた。僕の弟ではなく、僕がダヘと一緒に住んだ男だ。腹が立つなら直ちに起きろ」と心の中で叫んで自分を責めた。結局ドフンはその場で起きず生を終えた。
 チョン·ユンホは 「野王」でベク・ドフンのキャラクターを引き受けて、様々な感情演技を消化し、俳優に劣らない熱演を披露した。彼は愛する人に背信感を感じるベク・ドフンの感情をお茶の間に生き生きと伝え好評を得た。「野王」を使って、これまでの舞台で見せた姿とは異なる魅力を発散した彼の姿は、これからがもっと期待されるという関係者たちの評価だ。
 なおこの日放送で、ダヘがソク・テイルの大統領選挙キャンプに合流し、ダヘとドギョン、ハリュの新しい対立局面に視聴者たちの期待が集められた。

「野王」チョン・ユンホ、キム・ソンニョン悲痛な涙の中死で退場 2013-03-12 23:10
http://www.tvreport.co.kr/cindex.php?c=news&m=newsview&idx=320708
A lovely group, TVXQ no.2-1枚目
[tvreport=下手や記者]チョン・ユンホが結局死で残念な退場をした。12日放送されたSBS「野王」で、ドフンが結局ダヘの犠牲の羊で死を迎える姿が描かれた。ドフンはダヘが準備した車両爆発事故で昏睡状態に陥った。ドフンは集中治療室で力に余った闘病に入った。昏睡状態に陥ったドフンにダヘがこっそりと訪ねてきたが、彼に危害を加えることはなかった。目覚めないドフンのそばで看護したドギョンは、ドフンの高校入学式の場面に対する夢を見た。ママのように彼をつましく取りまとめる姉ドギョンにドフンは愛情を隠すことができなかった。学校に入った彼は突然姉ドギョンに「オンマ」と呼んで笑った。これに対し、彼の姉ではなく母だという出生秘密を有するドギョンは喜びを隠せなかった。夢から目覚めたドギョンは、昏睡状態に陥ったドフンがしばらく目覚めた姿を見ることになった。彼女を一度切ない目で眺めたドフンは、母である彼女の涙の中に結局死を迎えてしまった。なお、この日放送で、ダヘと大統領候補のソク・テイルが手を握り、ベク家の息の根を締める姿が描かれて葛藤を高めた。

A lovely group, TVXQ no.2-2枚目

テレビ映像あり。
[野王]チョン・ユンホ、峠渡せずについに死を迎える 2013-03-12 23:06:41
http://etv.sbs.co.kr/news/news_content.jsp?article_id=E10002638886
A lovely group, TVXQ no.2-ドフンの死
[SBS E! 芸能ニュース チョ・ソンピル記者]ペク・ドフンが峠を越すことができず、ついに息をひきとった。12日夜放送されたSBS月火ドラマ「野王」18話で、ペク・ドフン(チョン・ユンホの役)が峠を越すことができずに死を迎える姿が描かれた。ベク・ドギョンは病室に横たわっているペク・ドフンを看護しにきた。ドギョンは夢の中で自分を「オンマ」と呼ぶペク・ドフンの姿を夢見た。ドフンはしばらく目覚めてドギョンの姿を確認し、まもなく息をひきとってしまった。ダヘもペク・ドフンの死を知り、ドフンとの初めての出会いを回想して悲しみに浸った。なおダヘは、ペク会長を再び訪ねて行き、謝罪を受け取り、白鶴グループを利用して自分の野望を実現するための計画に着手した。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

テレビ17話予告
http://youtu.be/g4Nn4gZISsI

撮影の様子を撮ったファンカメの中に、病院で包帯をして子どもと話をしているドフンの写真があります。峠を越して、ドフンは生き延びるようです。良かったあせる 記憶喪失とか、後遺症がある設定なのかどうなのか…。

[韓国記事]チョン·ユンホ、感情演技「水まともに上がった」

「野王」チョン·ユンホ、怒り-悲しみ感情演技「水まともに上がった」 2013-03-12 08:51
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=112&aid=0002403325
チョン·ユンホがSBS月火ドラマ「野王」で没入を高める劇的な感情演技で存在感をしっかりアピールした。

3月12日視聴率調査会社ニールセンコリアによれば、11日午後放送された「野王」は18.5%の全国視聴率を記録した。現在「野王」は、連日視聴率高空行進を中で高い人気を誇っている。

このように「野王」が常勝疾走している要因の中心には、主人公のクォン・サンウ-スエの熱演、しっかりしたストーリーと緊張感あふれる展開などが位置しているが、東方神起チョン·ユンホの好演もしっかり一役買っている。

特にチョン·ユンホは、11日放送の「野王」でキム・ソンリョンが自分の姉ではなく、実母だという事実を偶然に知って衝撃を受けた。 だが、出生の秘密に対する衝撃も、スエがこの事実を先に知り、自分と結婚するための手段として利用したことを知って怒りを隠すことができなかった。

チョン·ユンホは今までキム・ソンリョンが姉以上に自分を世話した姿を思い出して涙を流した。この過程で彼はスエとの結婚のためにキム・ソンリョンを傷つけた行動に申し訳ない感情を表現した。同時に、愛した人が自分とママを身分上昇の手段として利用したことに対する怒りを吐き出して、まさに草木が水分を吸い上げた感情演技を繰り広げた。

特にチョン·ユンホは「お前は私の姉が母という事実を脅迫して私と結婚した。逃げろ。私は私の手で君を殺すだろう」という話を吐き出してスエに向き合った場面では、怒りと悲しみが交差する眼差しと涙演技でペク・ドフンのキャラクターに息を吹き込んだ。

17話でチョン·ユンホは、スエがクォン・サンウを*そうと設置した爆弾によって重態に陥った。 ママの存在を知り、愛する人に苦い裏切りをされた彼がこのまま死を迎えるのか、新しい局面の原因を提供するのか関心を集めている。

ユ・ジユン イシューチーム記者/jiyoon225@

ドラマ「野王」第17話

車の爆破シーンは、スタントマンが演じたようです。危ないものね~。
ユノの出番は、明日で終わりかしら…。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

17話も急展開。

ダヘが会長の部下につかまり、会長とハリュの所に連れてこられる。離婚書類に拇印を押させられる。帰りの車から脱出し、タクシーを捕まえてベク家に行くダヘ。会長の部屋から、機密書類が入った鞄と秘密データを盗もうとする。そこにコモが現れて見逃すが、自分を殴れとダヘに言う。会長が慌てて帰宅したが、ダヘが持ち出したことを知り、倒れる。ドフンはBarで飲んでいる傍にヌナがいる。そこに会長が倒れた知らせ入る。病院にかけつける2人。部下に持ち出された鞄を取り戻せと指示する会長。ダヘは義兄の店に潜伏する。ダヘの義兄の店に会長の部下が来て、ヤンホンにダヘの行先を聞き、叩きのめす。それを見たダヘが逃げようとするところに、ドフンから電話がかかってくる。慌ててスマフォの電池を抜いて階段を駆け上がるダヘの前にドフンが現れる。ダヘを車に乗せて、空港の近くまで送り、航空券を渡すドフン。ダヘは航空家を受け取り、車から降りたが、飛行機には乗らず、ビリビリに破く。会長は、ソク・テイルに大統領を諦めろと告げ、チャ弁護士に後処理を指示する。ダヘは、文書をスキャンしてデジタル化し、紙の文書は燃やしてしまう。チャ弁護士(ハリュ)は、湖で写真を撮っているカメラマンに会い、過去の写真を見せてもらう。ヤンホンとダヘが写っている写真を見つけ、それをヤンホンに見せる。ヤンホンがダヘをカフェに呼び出し、その会話をテッペが録音する。ドフンは、会長とヌナの話を聞き、ヌナが自分の母である事実を知る。ヌナとの今までのことを思い出し涙するドフン。脱力して病室の前に座っているドフンの元に、ヌナが来る。ヌナを母のように見つめるドフン。チャ弁護士(ハリュ)はダヘに電話をかけ、録音した会話を聞かせ、取引を提案する。チャ弁護士(ハリュ)が病室に来て、鞄を取り返す話をヌナとドフンにする。ダヘが指定する場所にチャ弁護士(ハリュ)が向かい、ドフンが尾行する。ダヘとチャ弁護士(ハリュ)が会っているところに、ドフンが現れ、自分が鞄を取り戻すと言う。ダヘにドフンが迫る。書類が入っているという車のドアを開けようとした瞬間、車が爆発し、ドフンが吹っ飛ぶ。ダヘが逃げる。救急車で病院に運ばれるドフン。家でドフンのためにキムチチャーハンを作っていたヌナに、チャ弁護士(ハリュ)から連絡が入る。病院にかけつけるヌナ。今夜が峠だと医者が告げ、泣き崩れるヌナ。一方ダヘは、飛行機に乗っています。隣には、ソク・テイル。ダヘは、大統領出馬の話をし、機密書類をテイルに見せます。ベク家へのダヘの復讐は続く…。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

BoAちゃんも、リアルタイムで見ていたようです。

BoA@ BoAkwon
ところで..ユンホもう出てこないのか..?何だ.. ㅜㅜ
BoA@ BoAkwon
今年~~~~~チョン·ユンホ!!!!!ブラザー~~~~涙の演技生きてるよ~~~~~~~~ちょっとびっくりウ~~~~友よ、もう少し力内蔵ファイティング^^野王のユンホ、たくさん応援して下さいね^^

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

テレビSBS[野王] - 11日(月)予告
http://youtu.be/eFMireQABRQ
公開日:2013/03/10
ドフンとダヘが離婚...?これで白鶴グループとの縁が終わるのでしょうか?一方、ダヘはソクテイルに大統領選挙に出馬するように言うが..今夜ダヘの反撃が始まります!

ヘッドフォンハリュのテーマ曲。
イム・ジェウク「愛がない(사랑은 없다)」 http://youtu.be/beoQPnzsBOk

「野王」スエ、どのように令夫人になるのか?本格的な歩​​みスタート
http://news.sbs.co.kr/section_news/news_read.jsp?news_id=N1001672626
SBS月火ドラマ「野王」のスエが令夫人になるための歩みを本格的に開始する。
 11日放送の「野王」17話で、ダヘは、ソク・テイルと手を握って、白鶴グループに向けた復讐に乗り出す。放送に先立ち制作会社が公開した写真を見ると、飛行機のファーストクラスに並んで座った二人の姿が気がかりなことをかもし出す。
 ダヘは16話で全てのものを失ってベク家から追い出された。ダヘの過去を知ったドフンは、米国行きの航空券をダヘに与えて遠い所に去って生きることを勧めた。
 これに対し、飛行機に乗ったダヘの写真は多くの推測を生み出す。ダヘがドフンの願いに応じて米国に発つのか、そしてなぜテイルと一緒に同乗したのか疑惑が増幅される。
 写真の中の二人の人物の表情やポーズは、多くの意味を込めている。二人の表情を見ると、それぞれ別の場所を見つめている。スエは腕組みをし、チョン·ホビンは手を組んでいる。お互いの必要性から手を握ったのか、下心が違う二人の同床異夢が伺える姿だ。また、飛行機のファーストクラスに座ったスエの姿は、ファーストレディを夢見る彼女の執念を象徴するように、エレガントで和やかだが、何か分からない恐怖と共に緻密な計算が含まれているように見える。
 今後、「野王」の後半ストーリーの中核となるダヘとテイルの本格的な取引が開始され、熾烈な戦争が予告された状況だ。計24部作のうち8話を残した状況で、第3ラウンドの息詰まる復讐劇が、今回はダヘの反撃に火をくべる見通しだ。白鶴グループとハリュを相手に​​するダヘの復讐劇がますます緊張感を高めるものとみられる。
 特にテイルの歩みは、関心を集めている。これまでダヘが緻密な悪行を行ったことは広く知られたが、テイルについては詳細に現れなかった。しかし、テイルも決して甘い相手ではないということが推測可能だ。「白鶴グループの犬」と呼ばれるテイルは、自分の洋服の袖でベク会長の靴を磨くほど忠誠を尽くすが、、ある瞬間に裏切るのか、誰もその心中を知ることができない人物だ。
 大統領選挙のレースに飛び込むテイルを利用して、再び欲望の花火を蘇らせるダヘが、果たしてどのような計略で令夫人の席に上がることになるのか関心を集める「野王」17話は11日の夜9時55分に放送される。

[韓国記事]「野王」チョン·ユンホ、交錯した反応にもかかわらず俳優として一段階跳躍

「野王」チョン·ユンホ、交錯した反応にもかかわらず俳優として一段階跳躍 2013/3/7
http://m.media.daum.net/entertain/enews/view?newsid=20130307132404925
[enews24 キム·ジヨン記者]
ユノ·ユンホが俳優の道に入門したのは2009年。当時彼はMBC水木ドラマ「地面にヘディング」で、英国プレミアリーグの舞台を夢見る2軍サッカー選手チャ·ボングン役を引き受けて演技者として初めて顔をのぞかせた。今のようではなく、歌手のドラマ出演が少しずつ表面化していた当時、演技経験が皆無で、彼が地上波放送局のミニシリーズの主人公を引き受けたのは、非常に破格的な抜擢だった。しかし、一桁視聴率で苦戦を強いられた「地面にヘディング」は、早期終映する痛みを体験した。この作品を通じてユノ·ユンホも演技力論議に苦しめられて過酷な俳優申告式を払った。

そして約4年の時間が流れてユノ·ユンホは再び演技に挑戦した。現在人気の放映中のSBS「野王」で、彼は、一目惚れしたダヘに徹底的に裏切られた後、ついに死を迎えるベク・ドフン役を引き受けた。劇が後半に駆け上がって最高の純真な純愛を捧げるドフンの痛みも極に達している。ユノ·ユンホが演技するベク・ドフンは、それこそ複雑な内面演技が必要なキャラクターだ。比重は劇の前半を導いていくハリュほどではないが、展開上重要な人物だ。3/4,3/5放送の15,16話で、ドフンはダヘの嘘を全て知るようになって絶叫した。

当然ユノ·ユンホに耳目が集中するしかなかった。徹底した裏切りに震えなければならないベク・ドフンの痛みを視聴者に全身で伝えるには、ユノ·ユンホの演技は足りなかった。だから「この程度なら上手にやった」という評価と「不十分だ」などの評価が交錯した。プロの世界なので、ユノ·ユンホの演技は明らかに未熟だった。複雑なベク・ドフンの心理状態を完全に描き出すには、彼の内面演技が惜しかった。

だが、明らかな事実の一つは「地面にヘディング」の時とは明らかに違っていたという点だ。成長していた。もちろん、まだ満たさなければならことが多いが、記者が見てきたユノ·ユンホは、努力と情熱においてだけは他の追随を許さなかった。非難のための非難ではなく、手厳しい叱責と激励が必要な理由だ。

キム·ジヨン記者butthegirl@enews24.net

[韓国記事]「野王」の悪女が危機に対処する姿勢

「野王」の悪女が危機に対処する姿勢
[ドラマレビュー] SBS月火ドラマ「野王」ダヘ、全てを失ったが光った

http://star.ohmynews.com/NWS_Web/OhmyStar/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0001841134
「野王」のダヘが全てを失った。白鶴財団理事長になることができなかっただけでなく、ようやく上った白鶴家からも追い出された。成功のために愛を捨て、さらに娘まで失​​う痛みを伴ったが、彼女の手には何も残らなかった。いつもダヘの味方だったドフンさえも彼女の正体を知り、裏切りに震えた。彼女のそばには誰もいなかった。

5日放送のSBS月火ドラマ「野王」16話が18.6%の視聴率(ニールセンコリア、全国基準)を記録し、「馬医」を抜いて月火ドラマの王座を奪還した。ハリュの痛快な復讐に続くダヘの没落が視聴者にカタルシスをプレゼントして視聴率上昇効果を導いたのだ。これは、復讐の主体が過激になるほど、そして復讐の対象が没落すればするほど反応が熱くなる復讐劇の典型によく従ったと見られる。

ダヘは全てを失ったが、誰よりも輝いていた

この日の放送で目立った点は、やはり「野王」で悪女を新たに演じたスエだった。彼女のキャラクター「ダヘ」は、自分の過去と正体がばれる危機に瀕すると嘘と裏切り、そしてひざまずいて哀願するなど様々な「悪女スキル」を披露して視聴者の目と耳をつかんだ。

事実ダヘにとって裏切りはそれほど難しいことではない。既にドフンを得るために、白鶴グループに入るためにハリュを裏切った事がある彼女は、この日ベク会長の叱責を避けようとジミーを売り渡した。ジミーがベク会長の水に不凍液を入れた犯人だと明かし、ジミーの脅迫のために白鶴財団理事長を放棄したと嘘をついたのだ。結局、彼女は自分の悪知恵に自分がかかったように、ついにベク会長に捨てられた。

裏切りが通じなかったため、今回は感情的な訴えを持ち出した。ダヘは、ベク会長の前でひざまずいて哀願し、もう一度だけチャンスをくれと叫んだが、ベク会長は、もはやダヘを白鶴家の人間と認めることができないと線を引いた。さらにダヘとドフンの離婚準備さえ進めた。

ベク会長に捨てられたダヘは、さらに自分が裏切ったジミーにも許しを求めて助けてくれという厚かましい行動をとった。ダヘを訪ねてきて花瓶の水を頭の上に注ぎ「お前は私を売り飛ばしただろう?お前の危機を免れようと、あえて日売り飛ばす?」と毒舌するジミーにダヘは、 「もう一度だけ助けてくれ」と哀願した。成功への彼女の執着、危機を脱しようとするもがきがもたらした笑えない状況だった。

しかし、ベク会長も、ジミーも、すべて自分に背を向けると、最終的に彼女はハリュを訪ねた。すべての危機を脱するためには、ハリュと自分が何の関係もなかったという事実を証明してくれるチャ・ジェウン弁護士の証言が必要だったのだ。彼女はハリュの前でもう一回ひざまずいて許しを乞うた。ワニの涙を流し、一度だけ目を閉じて違う哀願した。元から何も持っていなかった彼女がすることができることは、もうひざまずいて哀願することしかなかったのだ。しかし、そのようにして容赦するハリュではない。彼女は結局、墓穴を掘ってしまった。

ハリュは許してほしいと言うダヘに「そうしてやる」と嘘をついて、彼女と一緒にウンビョルが眠っている納骨堂を訪ねた。ドフンがダヘの尾行をしている事実を知ってわざわざそのようなことをした。納骨堂に付いて行ったドフンは、最終的にダヘの全てを知ることになり、怒りに包まれた。

ドフンはダヘを訪ね、全ての事実を言えば許すと言ったが、ダヘは最後まで嘘をついた。危機に対処する悪女の姿勢最後のスキル、まさに「最後まで取り繕うこと」だった。しかし、通じるはずはない。ドフンは全てを知っていた。ドフンは裏切りに勝てないままダヘの頬を殴った。信頼が壊れた瞬間、愛は終わった。

この日、白鶴グループから追い出されたダヘは、自分に近づいた危機を克服するために嘘と裏切り、そしてひざまずいて哀願するなど、自分ができるすべてのことを見せた。でも力不足だった。彼女は今、白鶴を去らなければならない。

しかし、この日の放送でダヘは誰よりも輝いていた。数回頬を打たれ、あちこちでひざまずく屈辱を味わったが、悪女としての存在感だけは失わなかった。これから展開されるダヘの反撃、そしてスエの演技がとても期待される。

[韓国記事]「野王」演技、感情移入誘導した制作陣の「一手」

見た限りでは、ユノの演技を酷評する記事が1つ出ていますが、悪意のある作文のようなものなので気にしなくていいかと思います。視聴者掲示板を見れば、視聴者の反応が概ね良いことがわかります。

「野王」演技、感情移入誘導した制作陣の「一手」 2013/3/6
http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1362553185476606002
A lovely group, TVXQ no.2-足の演技
[tvdaily ペ・ジョンヒ記者] 「野王」の中の足の演技が注目されている。ここで言う足の演技とは、演技ができない俳優を称える言葉ではなく、本当の「足の演技」のことだ。
 5日放送のSBS月火ドラマ「野王」16話では、ダヘに復讐するハリュの姿とダヘとハリュの関係を知り激怒するドフンの姿が描かれた。
 ダヘを白鶴財団の理事長の座から引き下ろすのに成功したハリュは、次の作戦のためにダヘの義兄ヤンホンに会い、ダヘが彼の父を*した事実を伝えた。しかし、ヤンホンはハリュが自分とダヘを仲違いさせると考えて、ハリュに暴力を行使した。ハリュは、ダヘに完全に騙されて操り人形の役割をしているヤンホンを惜しみながらも、一方では、ダヘに対する怒りをおさめられなかった。ダヘの欲望を抑えることができないハリュは、のろのろした足取り虚しさとダヘに向けた切なさなど、複合的な感情を表現した。
 一方、ダヘとハリュの事実婚関係とその間に子供がいた事実を知ったベクドフンは、激怒した。無条件の愛を見せてきたドフンは、ダヘから大きな裏切りを感じ、怒りの足を速めた。製作陣はカメラアングルでこの姿をそっくり表し、視聴者を感情移入に誘導した。
 「野王」16話では、俳優の足取りを浮上させて視聴者の感情移入を誘導した製作陣の一手が目を引いた。これは、「野王」が序盤速い展開で劇への興味を引いたが、人物の感情の説明が不足している点を指摘されたことに対する製作陣なりの解決策と見える。
 なおこの日の「野王」では、ダヘが白鶴グループから追い出される姿が描かれ、どのように令夫人で再起するかが気がかりになった。「野王」は18.6%(ニールセンコリア集計、全国基準)の視聴率を記録して同時間帯1位を記録した。

ドラマ「野王」ドフンの悲しみと怒りの演技カット映像

テレビSBS[夜王] - ドフンドフンのO O
http://youtu.be/m4_0xH9vKnw
公開日:2013/03/05
歩くロト~ドキドキ
「野王」ドフンドフンの悲しみと怒りの演技カットバー!+ _ +
来週11日(月)本・邦・死・守

[韓国記事]「野王」クォン·サンウの復讐が歓迎されない理由

「野王」クォン·サンウの復讐が歓迎されない理由 2013/3/6 09:04
http://issue.media.daum.net/entertain/enews/view?newsid=20130306090403434
[OSEN]「愛は、本物である時だけ美しいのです。」

SBS月火ドラマ「野王」で、スジョンはハリュに向かってこう忠告した。ハリュがドギョンを引き込んでダヘを没落させるために、偽りの愛の感情を利用する魔の手を止めろという格言だ。ハリュは果たしてこの忠告を受け入れられるだろうか?

「野王」は現在、ハリュが身分を洗濯して、自分の双子の兄チャ・ジェウン弁護士のふりをして、白鶴グループの女主人ドギョンとパートナーシップを組む姿を描いている。この過程でダヘに対して共通の悪感情を持つ二人は、ダヘを追い出すために力を合わせ、ダヘに白鶴財団理事長のポストを放棄させる手腕を発揮して成果を出した。

しかし、このような結果よりもさらに目を引くのは、ドギョンに接するハリュの態度だ。ハリュはドギョンに数回、関心を表現し、ドギョンはその都度これを拒否したが、最近は変化の兆しを見せている。ハリュはダヘを標的にする自分の復讐計画で、テコの役割をするドギョンを攻略する意図でこのような感情を演技したが、問題は最近ドギョンが自分の感情を認めてハリュを受け入れようとする態勢を取っているという点だ。

そしてハリュのこのような行動は、結局スジョンにばれ、自分の目的のためにドギョンの気持ちを利用するのを止めろと詰問された。スジョンのこのような忠告は、ハリュとダヘの間の小競合の矛と盾の対決が、これまで以上に興味深く展開される現在の「野王」で、ぴりっとした「快感」より「何か虚しい感じ」を与えることとも無関係ではないようだ。相手を壊すために、周囲の人々の安全と危機は念頭におかないハリュとダヘの間の熾烈な攻防は、なんだか機械的に変わった側面があり、その中心には、ダヘに似ていくハリュがいる。

ハリュは愛するダヘを後押しするために、ホストの生活をするほど献身的な愛で支えたが、結局捨てられた。この過程で、さらに浮き彫りにされたのは、自分に関心を表した財閥2世ドフンの感情を利用して、結局身分上昇という目的達成に成功したダヘの悪女性だった。この過程は、現在ダヘに復讐の刃を向けるハリュの怒りの信義の原動力であり、その行動に説得力を付与するくだりだが、ドギョンに向かってダヘ同様の選択をするハリュの姿は「容恕」ではなく、結局ハッピーエンドになれない復讐劇の苦い後味を感じさせる。

特にスジョンは、ハリュとダヘの戦いで命を失ったチャ・ジェウン弁護士の婚約者であり、二人の攻防でいわれのない被害を受けた主人公という点で、この発言には力がある。純粋な愛を失った以降、ますます野獣に急変していくハリュとダヘの二人の姿が「野王」を荒廃させる時、スジョンがチャ・ジェウン弁護士を忘れられず、恋愛時代の思い出がつまった本を抱きしめて嗚咽する姿は「愛は、本物である時だけ美しい」という彼女の言葉を裏付け、この忠告をさらに輝かせる。
sunha@osen.co.kr

ドラマ「野王」第16話

16話 全国基準視聴率18.6% vs MBC「馬医」18.5%
現在、二つのドラマは1、2位の区別が大きな意味がないほど接戦を繰り広げている。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

テレビ16話ユノカット

今日はドフンのシーンが多く、ベンチに座って泣く切ないシーンでは涙が出ましたしょぼん
このドラマでユノの演技は評価されることは間違いないと思います。

ドフンとダヘが離婚するという方向で話が進みます。
後は、チャ弁護士がダヘの印をとるだけです。
ダヘは、海外に行ったのでしょうか?
今後、どのようにしてスジョンの父の女になって行くのでしょうか?
ハリュとヌナの関係はどうなるのか? ハリュとスジョンの関係は?
ドフンは、出生の秘密を知らないままでしょうか?
後で、ダヘが「出生の秘密をばらす」とベク家を脅しそうです…。
17話から、ダヘの、ベク家族(会長、ドギョン、ドフン、ジミー)への復讐が始まりそうです。
果たして、ユノの出番はあと何回???

ハリュが貧民街の昔住んでいた家の壁を修理しているシーンがありました。
後に、ダヘと2人で最期の時を過ごす場所として、準備をしている気がします。

16話 ⇒ こちら

「野王」クォン·サンウ、チョン·ユンホの悪女スエ過去暴露「裏切りから*人まで」
http://www.tvreport.co.kr/cindex.php?c=news&m=newsview&idx=318099
A lovely group, TVXQ no.2-真相1
ハリュがドフンにダヘの過去と悪行を暴露する内容が描かれた。ハリュはドフンがダヘを疑うよう誘導した。娘ウンビョルと自分の代わりに死んだ兄の遺骨が安置された納骨堂をダヘと一緒に訪れたハリュは、ドフンが尾行していることを事前に知り、娘ウンビョル、ハリュが一緒に撮った家族写真をそこに置いた。結局ドフンは納骨堂に置かれたハリュの家族写真を見て、ダヘがハリュとの間に子供まで産んだことを知った。チャ弁護士になってハリュを訪れたドフンは、それからダヘの衝撃的な内容を聞いた。ハリュは「米国留学に送って裏切られた奴が私の弟だった。ダヘ、私の弟ハリュの間に生まれた子供がウンビョルだ。ドフンさんを追いかけてアメリカに行った時、ウンビョルは四歳だった。」とダヘの裏切りを暴露した。彼は「私の弟と娘を捨てて、自分の身分を隠したままドフンさんに接近し、ドフンさんの女になった女がダヘだ」と付け加えた。ハリュは「私は私の弟をダヘが*したと信じている。自分が裏切った男を*すまでした女だ。」と言ってドフンをさらに大きな衝撃に追いこんだ。ドフンがダヘに外国行きの航空チケットを渡して彼女と別れた姿が描かれた。今後、墜落の危機に陥ったダヘがどのような反撃をするのか…。
A lovely group, TVXQ no.2-真相2

[野王]スエ、すさまじい地団駄を踏んだが...「結局」
http://www.newsway.kr/view.php?tp=1&ud=2013030523285821243
A lovely group, TVXQ no.2-航空券
ハリュの復讐でダヘが限りなく墜落した。5日放送のSBS月火ドラマ「野王」で窮地に追い込まれたダヘが、危機を兔しようとしたが、全ての秘密が明らかになり、結局白鶴財団から見捨てられる姿が描かれた。ハリュによって窮地に追い込まれたダヘは、会長に理事長職辞任はジミーの脅迫のためだと述べた。さらに毒物混入事件もジミーの仕業だと打ち明けた。これを感づいたジミーは、当時毒物混入事件の唯一の証人であるメイドにあらかじめ手を打って口をふさいだ。 この事実を知らないままダヘは家政婦に当時の事件を証言することを依頼したが、家政婦はジミーの意のままに会長に「事実ではない」と伝えた。ドギョンとドフンの関係まで言及したダヘの行動に怒りを感じた会長は、最終的に「お前のような部類はジャルヘジュミョン欲が出てた。そもそも受け入れるはなかった」「なぜ理事長職を辞退したのか。ドフンこの仕事はどのように知ったか」とあらためて尋ねた。ダヘはハリュとの関係がばれると思って何も言えなかった。会長は「お前はもう白鶴で死んだ。お前が言えない理由は、私は何とか調べたい」とダヘを私打った。ダヘは、最終的にハリュには膝をついて「私が間違っていた。助けてくれ」「今回だけは通るようになり助けてくれ」と哀願した。これにハリュは「今の言葉ウンビョルこれしてくれ」とチャ・ジェウンとウンビョルの遺骨がある納骨堂にダヘを連れて行った。 一方、ハリュとダヘの関係を疑ってきたドフンは、二人の後を尾行し、結局、すべての事実を知ることになる。ダヘに本気を話すことを要求したが、彼​​女は最後まで「違う」と言った。 結局、ドフンはダヘの頬を叩いた。最後の思いやりと飛行機のチケットを渡した。ドフンは「米国でも欧州でも、父の目がいかない所に行け」とダヘを送った。

「野王」チョン·ユンホ、クォン·サンウとの関係を否定したスエに怒り「横っ面」
http://stoo.asiae.co.kr/news/stview.htm?idxno=2013030523021977732
A lovely group, TVXQ no.2-ユノの怒り
ダヘとハリュの関係を知ったドフンの姿が描かれた。ハリュは、就任式場にようやく入ったダヘに、自分を脅迫する電話録音記録をすべての人に公開すると言って理事長職を放棄するさせた。ダヘはハリュの計略で理事長職を自発的に放棄し、それによりベク会長にまで叩かれた。ダヘは理事長職を辞した背景に興味がある会長に「コモが私に理事長職を辞すよう脅迫し、仕方がなかった」と嘘の告白をした。特にダヘはこの過程で、自分の夫ドフンがドギョンの実の息子であることを言及する緻密さまで見せた。ダヘはまた、前回の毒物混入事件までジミーが犯したと上書きして悪女本性を現わした。しかし、ジミーは甘い相手ではなかった。偽りの証言をすることにしたメイドにあらかじめ手を使い、ダヘをむしろ危機に陥れた。会長は自分に嘘をついたダヘに「お前はもう白鶴で死んだ命だ」と言って追い出した。四面楚歌に陥ったダヘは、叔母ジミーに許しを求めた。しかし、ジミーは自分を売り渡そうとしたダヘに冷たい目つきと言いぐさで冷遇した。この過程でドフンは、ダヘとチャ弁護士の関係に疑問を抱くようになり、尾行する。折りしも、ダヘはチャ弁護士を訪ねて行き、自分と何の関係もないことを解明してくれと土下座して哀願した。チャ弁護士は、ダヘに娘ウンビョルが安置された納骨堂に行って許しを請うことを求めた。特別な代案がなかったダヘは、彼の要求を受け入れて、納骨堂を訪ね「ママがごめん」と許を請うた。この全過程を尾行した末に知ったドフンは、ダヘの昔の男がハリュという事実と、二人の間に娘ウンビョルがいたことを知った。以降、彼はチェ弁護士から、ハリュとウンビョルの全ての話を聞き、ダヘを探しに行く。ドフンはダヘに「全てのことを許すから、嘘だけはつくな」とハリュと娘ウンビョルの存在について問い質した。しかし、ダヘはやはり嘘で一貫し、失望したドフンは彼女の頬を殴った。

「野王」チョン·ユンホ、スエに怒りの横っ面「僕に嘘を」
http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1362493164476238002&search=%BE%DF%BF%D5
A lovely group, TVXQ no.2-別れ
ドフンが裏切りに歯ぎしりしてダヘに平手打ちをくらわせた。ドフンはダヘとハリュの関係、それらの間に娘がいた事実を全部知った。ドフンはダヘに会い「私に一つも嘘をつくな」「ハリュと一緒に住んでいたのか。子供がいたではないか」と真実を求めた。だが、ダヘは全ての事実を否認し、違うとはっきり言った。ドフンはダヘの嘘に歯ぎしりして「嘘をつくな」と言って怒りで横っ面を叩いた。結局ドフンは、ダヘヘの無限の嘘に理性を失い「どうかそうだといって。僕に嘘をつかないで」と言って泣き叫び、見る人々の心を痛くさせた。なお、ペク会長はチャ弁護士を呼び、ドフンとダヘの離婚書類を渡して静かに処理するよう依頼した。

http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1362491529476229002&search=%BE%DF%BF%D5
白鶴財団理事長の就任式を台無しにしたダヘは、ベク会長の怒りを買い、嘘でこれを免れようとした。ダヘは理事長職を放棄した理由を問うベク会長に、叔母ジミーがドフンの出生の秘密をめぐり脅迫をしたと嘘を告げた。それだけでなく、前回の毒物混入事件がジミーの仕業という事実も告白した。ダヘは自分の主張を証明するために、毒物混入事件を知っている家政婦を見つけてベク会長の前に連れて来た。だが、ジミーと既にある種の取引をした家政婦は、ベク会長の前で、自分は何も見なかったと言い、嘘をついたダヘは再びベク会長の信頼を失うことになった。ジミーはダヘを訪ねてきて花瓶の水をダヘの頭にかけて「お前は私を売り飛ばしただろう。お前の危機を免れようと私を売り飛ばす?今までよく来たが、どのように一発で倒れるから。私がお前をすぐにでも*すことができるということ、よく知っているではないか」と言ってダヘに完全に背を向けた。

http://starin.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?SCD=EA31&newsid=01105366602740696&DCD=A10102
義兄ヤンホンにダヘの悪行を全て告げて自首を勧めるハリュの姿が描かれた。ハリュはヤンホンを自分のオフィスに呼び、「あなたの父を*した人はダヘだ。あなたがダヘに利用だけされて、いつかあなたを殺人罪で放り込む。ダヘ側に付いていれば、あなたはもっと多くの罪を犯すことになる」と自首を勧めた。ヤンホンは「自首は俺がダヘを*した後にすることだ。今*しに行く」と言い、ハリュの言葉を信じたように見せた。しかし、これはハリュを誘い出す罠で、ハリュがヤンホンを止めるために走って行くと、「これ以上浮かれ出てはならない。自首?なぜ自首をするのか。俺に自首させようと、俺らの父を*した人がダヘと嘘までつくか」と彼を暴行した。ハリュは「いつまでダヘの操り人形でいるのか」と真実を伝えようとしたが、ヤンホンは「お前の双子の格好を出たくなければ、もうやめなさい」と警告、彼を満身創痍にした。

http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1362490421476226002&search=%BE%DF%BF%D5
ダヘがハリュの策略で、白鶴財団理事長職を放棄してベク会長の怒りを買った。自分の嘘を隠すために、ジミーに理事長職を放棄するように脅迫されたとベク会長に嘘を告げた。ダヘは「叔母様がなぜそうされたのか分からない。私は言う通りにしただけだ。叔母様が、常務様がドフンさんの姉ではなく母親という事実を教えてくれた。辞退しなければ、ドフンさんにその事実を言ういった。ドフンさんがわかれば大変だ。無条件に阻止しなければならなかった」と説明した。「私だけ静かならば、家の平穏が保たれると考えて話さなかったことがもう一つある」「前回の毒物混入事件も叔母様がしたことだ」と告白した。ベク会長は怒って「嘘ならば、じっとしていないぞ」とダヘを口封じした。

http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1362489874476223002
ダヘがハリュの策略であれほど望んだ白鶴財団理事長の座を放棄する姿が描かれた。ダヘは、白鶴財団理事長の就任式に来た大勢の取材陣の前で理事長職をあきらめた。これに怒ったペク会長は、ダヘを会長室に呼び出して頬を叩いた。ダヘが顔をかばって「会長様」と叫ぶと、ベク会長は「いやしいやつは口を閉じろ。お前は弁解する資格もない。お客様もいらっしゃる前に顔見せず、ここにこのまま閉じこもっていろ」と激怒した。最初の復讐に成功したハリュは、ダヘに「そう容易に崩れるとつまらない」と言い、より大きな復讐を予告して興味を呼び起こした。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

ドフンが、ウンビョルを納骨した場所に行き、ついにハリュとウンビョルのことを知ります。
しかし、以下の予告映像の雰囲気だと、16話で下車しなさそうですあせる
最初の記者会見の時、ユノは自分は最後に死んでしまうと言っていましたから、
そのようになって下車すると思いますが、18話まで出るのでしょうか???
 ↓
16話予告

スポンサードリンク

Amazon
スポンサードリンク
当ブログについて
★各アーティストの著作権および肖像権は、各アーティストまたは所属事務所に帰属します。
★当ブログ内で使用する画像および動画の著作権は、著作者に帰属します。
★当ブログ内の画像の出所は、画像内に記載されています。記載ない場合には明記します。
★当ブログは、読者のいかなる問題にも責任を負いません。
★当ブログのブログ記事は、リンクフリーです。但し、リンクをされる場合には、そのWebページのURLアドレスをコメントまたはメッセージでご連絡下さい。
★当ブログのブログ記事本文は、転載フリーではありません。一部転載する場合には、必ずそのブログ記事のリンクを貼った上で、引用は数行にとどめて下さい。全文転載は禁止。
★当ブログのコメントは、承認制です。
プロフィール

上田幸来(Sara Ueda)

Author:上田幸来(Sara Ueda)
東方神起を応援しています。JYJは応援していません。
現在はコメントを受け付けておりません。

★no.1のブログ http://ameblo.jp/saara7/

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク