FC2ブログ

SMとサムスンの共同社会貢献事業「S Cube」

SMとサムスンの共同社会貢献事業「S Cube」に関する記事が出ています。

いわゆる企業の社会貢献活動を、SMがサムスンと組んでやるという発表ですね。

[SMTOWN公式] SMエンターテインメント-サムスン、社会貢献事業共同推進業務協約締結
http://www.smtown.com/Link/Board/3490561
日本語訳は IMAGA でお読み下さい。

【参考】サムスンの勉強部屋の画像

SMとサムスンが業務協約…東方神起 ユンホ&f(x) ソルリ「学校のように通ったSM、多くの経験を与えるはず」
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1977629

http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2013091013210653819
<略> サムスンとSMは、まず、学習室設立と才能寄付、多文化家族の母国訪問支援などの社会貢献事業を進める計画だ。SMは勉強部屋を設立し、従業員はもちろん、所属歌手、作曲家、プロデューサーなどが低所得層の子供たちに音楽を教育し、可能性のある子どもたちを発掘するなど、SMだけの特化した学習室を運営し、サムスンは、様々な教育プログラムを提供して従業員のリソースボランティア活動を支援する。サムスンとSMが共同で多文化家族支援事業を推進することにした。サムスンは、SMが中国とアジア地域で開催されるコンサートの公演と連携し、移住女性の母国訪問をサポートし、SMは移住女性を現地公演の一時通訳として採用し、現地の家族を公演に招待する計画だ。サムスンとSMが共同でボランティア活動を実施する。このため、SMは今年の年末までに従業員と所属芸能人が参加するボランティアを組織する計画だ。サムスンとSMは、中国、東南アジアなど、海外からの新たな社会貢献事業を発掘し、共同推進する予定だ。サムスンとSMの共同社会貢献事業は、「サムスンとSMが会って、より良い社会を作っていく」という意味で「Samsung×SM×Society」を組み合わせたS³(エスキューブ)というブランド名で推進することにした。特に、S³(エスキューブ)のブランドは最もよい企画で才能寄付で作られたものであり、より大きな意味がある。イ·スマンSMエンターテイメント会長は「ファンと大衆に受けてきた愛をグローバルな社会貢献事業を通じて交換することができるようになって嬉しい」「SMが持っ力量と資源を活用し、サムスンと一緒に幸せな世の中を作るために貢献する」と述べた。ソジュンヒ サムスン社会奉仕団社長は「様々な分野でグローバルな能力を育ててきた両社が手を取り合って企業の社会貢献の分野で新しい価値とパラダイムを作っていくことを期待する」と明らかにした。

協約式の写真は、記事で見て下さい。
ユノ・ユンホ - ソルリ「勉強部屋の先生で社会貢献、意味深い」 2013/9/10 13:46
http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1378788414570105010
[テレビデイリー ジョンアラム記者]<中略> この日、社会貢献協約式に出席したユノは、勉強部屋の先生になった所感で「嬉しい、光栄だ」と伝えた。続いて、「いつも海外公演で感じたのがファンに多くの愛を受けたが、この愛にどのように意味のあるよう報いるか考えた」「多文化家庭に仕事の機会を提供し、家族と一緒に公演を楽しめるという点で非常に良いと思う。公演する立場で意味が格別だ。重要な時間になると期待される」と付け加えた。<中略> SMとサムスンの共同社会貢献事業は、 SMとサムスンが会って、より良い社会を作っていくという意味を込め、 SMの文化コンテンツ力とサムスンの社会貢献プラットフォームを結合した形態であるだけに企業の社会貢献の新たなモデルを提示する計画だ。<以下略>

サムスンは、様々な社会貢献活動を実施し、多くの従業員が参加することで有名です。
ユノ・ユンホ-ソルリ、サムスンとの社会貢献協約に「意味深い活動、嬉しい」 2013/9/10 13:58
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=109&aid=0002614365

【参考】
サムスンの社会貢献 http://japan.samsung.com/aboutsamsung/japan/csr/social/

テーマ : 韓国アイドル
ジャンル : アイドル・芸能

スポンサードリンク

Amazon
スポンサードリンク
当ブログについて
★各アーティストの著作権および肖像権は、各アーティストまたは所属事務所に帰属します。
★当ブログ内で使用する画像および動画の著作権は、著作者に帰属します。
★当ブログ内の画像の出所は、画像内に記載されています。記載ない場合には明記します。
★当ブログは、読者のいかなる問題にも責任を負いません。
★当ブログのブログ記事は、リンクフリーです。但し、リンクをされる場合には、そのWebページのURLアドレスをコメントまたはメッセージでご連絡下さい。
★当ブログのブログ記事本文は、転載フリーではありません。一部転載する場合には、必ずそのブログ記事のリンクを貼った上で、引用は数行にとどめて下さい。全文転載は禁止。
★当ブログのコメントは、承認制です。
プロフィール

上田幸来(Sara Ueda)

Author:上田幸来(Sara Ueda)
東方神起を応援しています。JYJは応援していません。
現在はコメントを受け付けておりません。

★no.1のブログ http://ameblo.jp/saara7/

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク