FC2ブログ

中国市場は韓流の新世界

もう中国だ、大陸に向かうK-POPのリスク「2つ」
社会主義・中華思想の壁高く
市場性を楽観…コンテンツ・相互理解を備えてこそ
4/7
sports.hankooki.com
[スポーツ韓国 イ・ジョンヒョン記者]最近、中国発韓流の風が強い。 SBSドラマ「星から来たあなた」が中国で空前のヒットをし、「チメク」(チキンとビール)風を起したところで主演で登場した俳優チョン・ジヒョンとキム・スヒョンなどが現地でトップスター待遇を受けて堂々と入城した。SBS「相続人」のイ・ミンホも同じ。まるで「冬のソナタ」に熱狂した過去の日本市場を見ているようだ。ドラマだけでなく、K-POPスターの中国進出も活発だ。過去日本市場に集中したことから抜け出して広い市場で視線を向けている。成果も少しずつ可視化している。中国市場は日本に続く韓流の新世界なのだろうか?

▲日本から中国へ、変化する韓流

韓流のメッカは日本だ。円高現象から出発した日本の放送局の韓国ドラマの輸入とブームは大スターペ・ヨンジュンとチェ・ジウの誕生につながった。また、日本市場に進出しようとする韓国大型芸能事務所の動きが続いて東方神起、KARA、少女時代、BIGBANGなどK-POPスターが続けて誕生した。終わらずに成長しそうだった日本の韓流は最近停滞した。安倍政権の登場以後、右傾化の風が吹いて、嫌韓流の雰囲気が醸成された。円の価値が一緒に落ちたのも悪材料として作用した。トップスターの地位はまだ熱いが、新しいスター誕生はのろい。韓流危機説が日本でずっと提起され続けるのはこのためだ。最近放送界と音楽界は、日本市場ではなく、中国市場に視線を向けた。 中国経済が急成長し、以前と比較できないほど規模が大きくなった。スターのためのファンたちの経済力も日本に劣らない。中国で活動中の某韓流スター側は「韓国と比較して、中国市場は大きさを計りにくいほど大きい。稼ぐ収入も比較不可能」と説明した。もはや中国は韓流不毛地ではない。

▲中国に向かうK-POP

中国市場進出に積極性を見せる韓国の芸能事務所はSMエンターテインメントだ。 H.O.T時代から中国市場の価値を高く評価したこれらはSUPER JUNIOR-M、EXO-Mなど中国出身アーティストをメンバーに迎え入れて現地攻略のための準備を着実にした。SMエンターテインメント側は「約10年前から中国の成長の可能性を見て準備をしてきた。 新しい市場進出の足がかりを設けたことになる」と自信を見せた。競争他社のYGエンターテインメントとJYP,FNCなども大陸進出に拍車を加えている。YGは最近初めて中国現地で練習生オーディションを開催する。北京、上海、香港、台湾などを回るこれらは中国で「第2の」BIGBANGと2NE1を探した。JYPは2010年デビューしたガールグループ Miss Aに中国人ペイとジアを迎え入れて大陸進出を狙っている。FNCも3月に中国現地オーディションを行い、FTアイルランドのイ・ホンギは出演中のドラマ「百年の花嫁」が中国に知られて認知度を高めている。ソン·ダムビとグループ AFTER SCHOOLが所属するプルレディスは昨年中国最大規模の○○エンターテインメントと契約し、現地を狙ったグループ NEW EAST-Mを出した。

▲社会主義、中華思想の壁を越えろ

日本市場は内需市場に集中していた韓国コンテンツ産業の新世界だった。市場の拡大は投資と開発の意志につながった。 海外で通じるコンテンツを開発しようという雰囲気が続き、飛躍的な成長を可能にした。だが、専門家は「中国市場は(日本と)違う」と指摘した。中国の社会主義体制と現地に蔓延した中国中心思想の壁がそれだ。韓国文化産業交流財団パク・ソンヒョン博士は、スポーツ韓国に「日本と違って、中国は社会主義体制だ。 だから文化も中国当局の厳格な検閲を通過しなければならない。むやみに大陸進出を狙っては不覚を取るのが常だ」と述べた。韓国と日本とは違って、文化隆盛段階にあるだけに、システムが整わず、現地のコミュニケーションに困難を経験する場合もたびたびあるというのが現場の声だ。中国が世界の中心という「中華思想」も足を引っ張る可能性が大きい。商業性に偏って接近したら、もう吹き始めた韓流の風があっという間に消えることがあるという指摘だ。パク博士は「中国人は中国文化が世界最高という自負心を持っている。現在、韓国の大衆文化が注目されていているが、忠誠度は日本と比較できない」とした。

▲コンテンツ開発と双方向の文化交流に焦点を当てる必要がある

それでも中国市場は相変らず魅力的だ。日本市場を渉猟したように、良質のコンテンツを確保すれば、高い進入障壁を越えるのも時間との戦いになるだろうというのが業界専門家たちの展望だ。何よりカギは政府次元の規制とシステム不在、中華思想の壁を越える「キラーコンテンツ」を着実に開発して確保するかだ。ここに日本市場進出過程で得たノウハウを活用するのも方法だ。一方的なコンテンツ輸出で一貫して嫌韓流の逆風をむかえた経験を中国市場で繰り返しては困る。 小規模であっても、中国コンテンツを意図的に受け入れてバランスをとる努力と誠意を見せる姿勢が必要だ。中国市場に明るい某関係者は「名分と体面を重視する中国人の習性を注目する必要がある。一方的に商売を目的に市場に接近するならば苦戦が予想される。戦略的に中国人メンバーを起用して現地化戦略を選んだように、情操的に市場に無事に定着する必要がある」と忠告した。

テーマ : 韓流
ジャンル : アイドル・芸能

スポンサードリンク

Amazon
スポンサードリンク
当ブログについて
★各アーティストの著作権および肖像権は、各アーティストまたは所属事務所に帰属します。
★当ブログ内で使用する画像および動画の著作権は、著作者に帰属します。
★当ブログ内の画像の出所は、画像内に記載されています。記載ない場合には明記します。
★当ブログは、読者のいかなる問題にも責任を負いません。
★当ブログのブログ記事は、リンクフリーです。但し、リンクをされる場合には、そのWebページのURLアドレスをコメントまたはメッセージでご連絡下さい。
★当ブログのブログ記事本文は、転載フリーではありません。一部転載する場合には、必ずそのブログ記事のリンクを貼った上で、引用は数行にとどめて下さい。全文転載は禁止。
★当ブログのコメントは、承認制です。
プロフィール

上田幸来(Sara Ueda)

Author:上田幸来(Sara Ueda)
東方神起を応援しています。JYJは応援していません。
現在はコメントを受け付けておりません。

★no.1のブログ http://ameblo.jp/saara7/

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク