FC2ブログ

ALSアイスバケツチャレンジ その2

「ALSアイス・バケツ・チャレンジ」ご寄付のお礼と報告
http://www.alsjapan.org/-article-706.html
頂いたご寄付は、ALSの原因究明や治療研究および、患者家族への支援活動のために、大切に使わせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。8月18日から21日までに当協会に250名の方から200万円のご寄付が寄せられております。



テキサス州の大学で、アスレティックトレーニング学部の専任臨床教育コーディネーター&臨床助教授として働いている日本人の方がALSについて説明されています。是非お読みください。
This is my response to the ALS challenge.
http://innervate.exblog.jp/23197771/



【動画】乙武氏らが公開「氷水」かぶり 難病支援願う
http://www.oricon.co.jp/news/2041197/full/
一般社団法人END ALS
http://justgiving.jp/p/1521

ALS(筋萎縮性側索硬化症)
体の感覚や知能、視力や聴力、内臓機能は健全のまま、手足、喉、舌などの体中の筋肉や呼吸に必要な筋肉が徐々に痩せて力がなくなっていく難病。発症原因は不明、病状の進行が極めて速く、発症からの平均寿命は3年から5年。最終的には目しか動かなくなり、それが最終のコミュニケーション手段となる。治療法は未だ見つかっていない。世界の年間患者数は120,000人、日本では現在約9,000人が治療を待っている。

金城武
無言で行い、指名もせず。エコの為、除湿機の水を使用。
金城武為漸凍人之冰桶挑戰
http://youtu.be/2U2y2ELjLL8
2014/08/20 に公開
ALS (肌萎縮性脊髓側索硬化症)
這個罕見疾病在這個活動中得到關注, 是一件很好的事。
但是做善事, 希望不只是一個挑戰,不只是一時的流行…..
除了”漸凍人”這樣的罕見疾病,
也希望社會上更多的弱勢團體能得到支持或協助。
在這裡表達我的支持, 但不再點名其他人,
而希望所有看這支影片的人,
自發性的去做一件關愛這個社會的事情,
不需要被挑戰,
讓身邊所有需要幫助的弱勢團體得到你發自內心的關懷。



鹿野 淳 @sikappe 音楽ジャーナリスト
昨日山口一郎より、ALSという原因も治療法も未だはっきり解明されていない病に対する研究を支援する「アイスバケツチャレンジ」のバトンを受け継ぎました。実は友人がこの病で他界したこともあり、いろいろ調べたり考え、時間がかかってしまいました。 #icebucketchallenge
天災や病というのは人間にとって大きな限界でもあり必然でもあり、だからこそ命が失われます。その病や災害によって命が無くならない状態を、少しでも作りたいと思います。だからこそ寄付をさせて頂きます。 http://www.alsjapan.org/-article-705.html … #icebucketchallenge
ちなみにアイスバケツを被るパフォーマンスですが、あれは世の中に知られた人達がやることに本当のエールの意味があると感じました。僕はアーティストではない完全に裏方の人間なので、バケツの氷を被っても自分が楽しいだけと思い、寄付し、さらに寄付を集うことで参加させて頂く事にします。


乙武 洋匡 @h_ototake 8月21日
東京タワーの特設会場に到着。このあと12時から、ALS支援・理解促進キャンペーン「ALSアイスバケツチャレンジ」記者会見が行われます。 http://p.twipple.jp/IBArs
古田敦也さん、楽天・三木谷社長らとともに、「ALSアイツバケツチャレンジ」として、氷水をかぶり、寄付をさせていただきました。一日も早く、治療法が見つかるよう願ってやみません。/乙武氏らが公開「氷水」かぶり 難病支援願う http://www.oricon.co.jp/news/2041197/full/ …
アイツバケツチャレンジに関して、様々なご意見があることは承知しています。しかし、眉間にしわを寄せて、声を振り絞ったところで、世間はほとんど関心を示してこなかったという現実も受け止めなければなりません。「氷水かぶり」、私は啓発と寄付に役立つものと判断し、参加させていただきました
また、日本における支援団体「END ALS」創設者であり、当事者でもあるヒロさんの「私がこの病にかかったのには、何か意味がある」とのメッセージにも深く共感しました。私自身、こうした体に生まれたことには意味があり、何らかの役割があると思って生きてきました。ヒロさん、応援しています。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

スポンサードリンク

Amazon
スポンサードリンク
当ブログについて
★各アーティストの著作権および肖像権は、各アーティストまたは所属事務所に帰属します。
★当ブログ内で使用する画像および動画の著作権は、著作者に帰属します。
★当ブログ内の画像の出所は、画像内に記載されています。記載ない場合には明記します。
★当ブログは、読者のいかなる問題にも責任を負いません。
★当ブログのブログ記事は、リンクフリーです。但し、リンクをされる場合には、そのWebページのURLアドレスをコメントまたはメッセージでご連絡下さい。
★当ブログのブログ記事本文は、転載フリーではありません。一部転載する場合には、必ずそのブログ記事のリンクを貼った上で、引用は数行にとどめて下さい。全文転載は禁止。
★当ブログのコメントは、承認制です。
プロフィール

上田幸来(Sara Ueda)

Author:上田幸来(Sara Ueda)
東方神起を応援しています。JYJは応援していません。
現在はコメントを受け付けておりません。

★no.1のブログ http://ameblo.jp/saara7/

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク