[真相取材]日本のミュージカル韓流...アイドル依存深刻

以下のサイトで、ユノのミュージカル「光化門恋歌」の映像が見られます。
このKBSニュースの内容はまさにその通り。韓国のミュージカルは、歌が上手な俳優さんが多く、総じてレベルは高いと思います。しかし、六本木「アミューズ・ミュージカルシアター(仮)」での公演に、観客がどれだけ入るのかわからないですね。チケットの値段次第かなぁ…。

[真相取材]日本のミュージカル韓流...アイドル依存深刻 2012/12/04(22:30)
http://news.kbs.co.kr/news/NewsView.do?SEARCH_NEWS_CODE=2577859&
<アンカーコメント>
観客の拍手と歓声がいっぱいのここは先月、日本で幕を上げた私たちのミュージカル公演の現場です。ドラマと大衆歌謡に続き、今ミュージカルも韓流ブームに乗っているといいます。観客の熱い反応を見れば大成功を収めたようですが、果たしてそうでしょうか?シム·ヨンヒ記者が報道します。

<レポート>
韓国で昨年大人気を集めた創作ミュージカル「光化門恋歌」。先月から日本の大阪の舞台で上演された公演は、主催者側の集計で有料客席占有率が80%を超えるなど、多くの観客が訪れた。歌の一節、動作一つ毎に熱狂する観客、幕が降りた後も席を立ちません。しかし、この日の観客のほとんどは、劇の内容よりも主役を務めた東方神起のユノ・ユノに関心が注がれています。

<録音>
「(今日のミュージカルいかがでしたか?)ユノ。」
<インタビュー> ナカハラエリ(日本・神戸): 「ユノ、ユノを観に来たからです。ユノを観に来たのですから。」
ユノ·ユノが出ていない回は、異例の割引特典も提供されました。

<インタビュー>
イム・ヨウングン(「光化門恋歌」代表):「他の国を占領する時は、ひとまず馴らす戦法をたくさんするでしょう。そのためには、ひとまず劇場に来て見るようにしなければならない。」先立って「美女はつらくて」「宮」など私たちのミュージカル作品も韓流スターを前面に出して相次いで日本に進出して話題を集めました。しかし、作品の完成度を高めて現地化するなど、中長期的戦略は不足したという指摘です。

<インタビュー>
サイキイズミ(日本公演専門記者):「韓国K-POPスター、韓流俳優を観る顧客層しかいません。韓国創作ミュージカルは、外国作品と比較する時、本当に作品性がある作品はほとんどないと思います。」 私たちのミュージカル界は来年、東京で新たな挑戦に出ます。韓国ミュージカル専用劇場で韓流スターではない実力派俳優を起用した作品7編をぞくぞく公演する計画です。その結果を通じて韓国ミュージカルの競争力と今後進むべき道を推測することができるでしょう。

KBSニュース シム・ヨンヒでした。

スポンサードリンク

Amazon
スポンサードリンク
当ブログについて
★各アーティストの著作権および肖像権は、各アーティストまたは所属事務所に帰属します。
★当ブログ内で使用する画像および動画の著作権は、著作者に帰属します。
★当ブログ内の画像の出所は、画像内に記載されています。記載ない場合には明記します。
★当ブログは、読者のいかなる問題にも責任を負いません。
★当ブログのブログ記事は、リンクフリーです。但し、リンクをされる場合には、そのWebページのURLアドレスをコメントまたはメッセージでご連絡下さい。
★当ブログのブログ記事本文は、転載フリーではありません。一部転載する場合には、必ずそのブログ記事のリンクを貼った上で、引用は数行にとどめて下さい。全文転載は禁止。
★当ブログのコメントは、承認制です。
プロフィール

上田幸来(Sara Ueda)

Author:上田幸来(Sara Ueda)
東方神起を応援しています。JYJは応援していません。
現在はコメントを受け付けておりません。

★no.1のブログ http://ameblo.jp/saara7/

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク