FC2ブログ

[追記中]アイドルのファンたち、番組廃止を要請

ファンの要請はまだ続いているようです。ドキドキ インド(두근두근 인도)

「ドキドキインド」、エボラ議論にも「黙殺無返答」...ファンたち「君が行けインド」
http://www.topstarnews.net/detail.php?number=102003&thread=0002r0002r0048r0001
[トップスターニュース=ヒークヤング·キム記者]「ドキドキインド」、エボラ議論にも「黙殺無返答」...ファン「君が行けインド」
最近KBS新芸能番組「ドキドキインド」に東方神起チャンミン、SUPER JUNIORキュヒョン、SHINeeミノ、CNBLUEジョンヒョン、INFINITEソンギュ、EXOスホが最終出演を確定した中でファンの語調が高まっている。該当アイドルグループのファンたちはSNSを介して「『ドキドキインド』番組を廃止しなさい」と言って抗議文と電話を送っている状態。これは昨年、インドでエボラウイルス陽性反応を示した患者が発生し、外交部で指定した「一部黄色の注意国」に指定された。現在、インドのエボラ旅行警報を見ると、少なくとも「旅行留意」から始まる。気楽に旅行できる所はどこにもない。また、番組のコンセプトの問題点も提起されている。 「文化不毛の地インド」と明らかにした「ドキドキインド」制作陣の公式プレスリリースによると、インドに対する偏狭な視線が感じられる。最近映画のようなエンターテインメント業界で抜群の活躍を見せているインドの成長を一度に無視する発言でもある。また、番組の制作を伝えたあるメディアは、「現地で認知度が全くない韓国アイドルが認知されるために孤軍奮闘する過程を描く」と伝えた。既に東方神起、EXO、SUPER JUNIORなどは東南アジアで最高の人気を得ているA級アイドルであるという事実は、既に誰もが知っている。インドファンが自ら韓国に訪ねてきてコンサートに参加し、韓国旅行者の比率も徐々に高まっている。このような動きにも制作スタッフだけが知っている別の認知度があるのか、ファンたちの疑問は大きくなっている。問題はこれだけではない。 「ドキドキインド」の番組の色は、既に「花よりシリーズ」で見せたことと変わらない。一度興行した番組を再び真似ることにどのような利点があるのか。 PD個人だけの利益を除けば、どんな個性も見当たらない。「こんにちは」、「町内芸」のように国内で進行したイ・イェジPDが、果たしてエボラで危険な海外地域でA級アイドルを連れてどれだけ面白さを抜きとるかも疑問だ。いつまで「海外輸出用バラエティ」だけに固執できるだろうか。アイドルたちの未来は、果たして海外だけで見つけられるのだろうか。もしかしたら韓国アイドルが国内大衆にまともに受け入れられない理由は、このような放送界の番組の歩みが大きな影響を及ぼしていないか疑問を感じる状態だ。なお、「ドキドキインド」は4月初放送を控えている。

「インドが文化不毛の地? KBS、踏査まともにしたんですか?」「ドキドキインド」の偏狭だ 2015/1/30 16:29
http://news.kukinews.com/article/view.asp?arcid=0009095262&code=41181111&cp=nv
[クッキーニュース=イ·ウンジ記者]「KPOP不毛」であれば理解することができただろう。ところが「文化不毛の地」だ。 KBSがインドを指す言葉だ。KBSは30日午前、公式報道資料を出し「ドキドキインド」の制作を予告した。「東方神起チャンミン、SUPER JUNIORキュヒョン、SHINeeミノ、INFINITEソンギュ、CNBLUEジョンヒョン、EXOスホなど親しい6人が会って文化不毛の地インドに行って、予期しない状況で、予測不可能の楽しさをプレゼントする」という謳い文句で番組の趣旨を説明した。KBSが「文化不毛の地」と表現したインドは、GDP水準は世界10位で韓国よりも3位高い。映画産業のチケットの販売規模だけで35億ドル(約3兆8018億ウォン·2012年基準)で、巨大な文化市場を抱えている。さらに、毎年10%以上の急成長を見せている。参照で韓国は投資規模1兆3953億ウォン。インドの約3分の1の規模だ。 「ボリウッド」とも呼ばれ、世界の映画市場最大規模を持っているインドを「文化不毛の地」だなんて。インドのエンターテインメント業界を貶める公営放送の偏狭な姿だ。KBSは、中国や日本など東アジアに比べて相対的にあまり知られていないインドを文化不毛の地と称してアイドル歌手らが予期しない状況に会って、自分たちを知らせ苦労することを期待している。「ドキドキインド」の演出を引き受けたディレクターは、その資料を通じて「制作陣は先週安全確認を含むすべての踏査を終えた状態だ」と明らかにした。しかし、正しくなされた踏査を終えたならば、文化不毛の地という表現が出てくるだろうか。ファンたちは29日に番組の制作が発表された時点からボイコットを広げている。外交部で指定した一部黄色のアラーム国で観光地のうち15州が旅行自制地域であるためだ。ファンの立場では、安心して制作陣側に「兄さん」らを任せられない理由を制作陣が提供した訳だ。



韓国のファンたちが、番組の廃止要請をしているそうです。
これはSHINeeファンのアカウントですね。
 ↓
각인 ‏@vp_imprint
https://twitter.com/vp_imprint/status/560755188412084224

ドキドキインド、アイドル大挙出演にファンたち番組廃止要請「インド危険」
http://starn.hankyung.com/news/index.html?no=356450
[スターエン] 29日多数のメディアによれば、KBS2TV新しい芸能番組「ドキドキ インド」にはチャンミン-キュヒョン-ミノ-ジョンヒョン-ソンギュ-スホが出演を確定した。「ドキドキインド」は出演を確定した6人のアイドルのメンバーがマスメディア不毛地であるインドで現地市民に自分を売り込み、共に呼吸する内容を盛り込む。これに対し該当アイドル グループのファンたちはツイッターをはじめとするSNS上で「放映予定の番組『ドキドキインド』の廃止を丁重に要請してください。 今、インド本当に危険です。エボラ ウイルスが流行しているという話です。 本当にどうか、通話をしてください」と言ってKBSの電話番号とともに廃止を要請している。また、出演陣は来る2月にインドに発って撮影を進める予定なので、ファンたちは制作スタッフに電話で廃止要請をしており、該当文のRT数が2700件を超えている。なお「ドキドキインド」は「対国民トークショーこんにちは」、「芸体能」等を演出したイ・イェジ(이예지)PDが演出を引き受けた。 初放送は来る4月



番組のPDは、インドの最新情勢を調べないのでしょうかね~(呆)。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

スポンサードリンク

Amazon
スポンサードリンク
当ブログについて
★各アーティストの著作権および肖像権は、各アーティストまたは所属事務所に帰属します。
★当ブログ内で使用する画像および動画の著作権は、著作者に帰属します。
★当ブログ内の画像の出所は、画像内に記載されています。記載ない場合には明記します。
★当ブログは、読者のいかなる問題にも責任を負いません。
★当ブログのブログ記事は、リンクフリーです。但し、リンクをされる場合には、そのWebページのURLアドレスをコメントまたはメッセージでご連絡下さい。
★当ブログのブログ記事本文は、転載フリーではありません。一部転載する場合には、必ずそのブログ記事のリンクを貼った上で、引用は数行にとどめて下さい。全文転載は禁止。
★当ブログのコメントは、承認制です。
プロフィール

上田幸来(Sara Ueda)

Author:上田幸来(Sara Ueda)
東方神起を応援しています。JYJは応援していません。
現在はコメントを受け付けておりません。

★no.1のブログ http://ameblo.jp/saara7/

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク