FC2ブログ

ドラマ[野王]ネタばれ

多くのどんでん返しと伏線があるドラマ「野王」。
楽しみです。ニコニコ 随時追記します。

クォン・サンウ、背中の筋肉を初公開“気になったら「野王」をチェック!”
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1960457
ハリュ(クォン・サンウ)…第1話では、ダヘ(スエ)の学費を稼ぐために、清潭洞の上流階級の女性たちが訪れるホストクラブで働く。クラブで「背中の神と呼ばれる男」と呼ばれ、上半身を脱いで筋肉質の身体を客に見せる。

「野王」クォン・サンウ&クォン・ヒョンサン“夢のコンビネーション”披露!
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1960316
ハリュ(クォン・サンウ)とテクベ(クォン・ヒョンサン)…親がおらず、ダヘ(スエ)と一緒に同じ保育園で兄弟のように育ち、保育園を出ても一緒に過ごしていた。借金を代理人となって返してもらう債権回収業者となった2人は、バラックの集落に訪れたある日、ダヘと再会する。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 以下は 2013-01-11 の公開記事

「野王」クォン・サンウ、特別検査チームの検事に変身…大統領官邸の家宅捜索
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1960083&categoryCode=PU
ハリュ(クォン・サンウ)…特別検察チームの検事
ダヘ(スエ)…韓国大統領令夫人(ファーストレディ)

「野王」クォン・サンウ&スエ、初回から官邸での銃撃シーン“衝撃”
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1959894
「野王」第1話は、大統領官邸で響く一発の銃声で始まる。一般人の出入りが厳しく統制されている大統領官邸。その中でも、ファーストレディが暮らす官邸内室は禁断の園だ。しかし命のように愛し合った2人の男女は、この秘密めいた空間で向かい合い、すれ違った運命の終止符を血の色で染める。極貧から抜け出してファーストレディになることを夢見たダヘ(スエ)は、結局自分の全ての夢を叶える。一方、彼女によって全てのものを失ったハリュ(クォン・サンウ)は、ダヘに憎しみのこもった復讐を開始する。

ソン・テヨン「野王」に特別出演…夫クォン・サンウの援護射撃
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1960250
女優ソン・テヨン(2008年9月に結婚、クォン・サンウの妻)が、1/15の第2話に特別出演する。
ハリュ(クォン・サンウ)…ホスト
ホストクラブの客(ソン・テヨン)…『私の主人とそっくりな顔してる。気持ち悪い』
A lovely group, TVXQ no.2-実の夫婦

[野王]クォン·サンウのために妻ソン·テヨンびっくり出演 2013-01-10
http://conting.sbs.co.kr/etnews/etnews_view.jsp?be_id=B1000286096&log_twt1=conting&log_twt2=20130110_2
俳優クォン·サンウのために妻ソン·テヨンが率先した。1/14初放送されるSBS月火ドラマ「野王」にカメオでびっくり出演したもの。劇中ハリュ(クォン·サンウ)は、つくし(スエ)の学費を稼ぐためにホストクラブに行き、ここでゲストとして訪れたソン·テヨンに会った。ハリュは女性のお客様の機嫌をとろうと一生懸命に踊って感情をこめて歌を歌った。他のお客さんは、ハリュの素敵な魅力に惚れ口をつぐむないのに有毒艶がない「清潭洞ブランド女」ソン·テヨンが不満に印象を書きたら、急にバナナの皮をカリュの顔に投げつけた。その理由は、腹を抱えるようである。「オフになって。あなたは、私の夫に似て縁起でもない」と言うことだ。ソン·テヨンのカメオ出演は初めて台本を受けて、この部分のセリフを注意深く見たクォン·サンウが妻と相談して、演出者ジョヨウングァンPDに提供して行われた。演出陣では、「そうとばかりしてくれば最高のカメオになるだろう」と大歓迎の意を示した。興味深い事実は、問題のセリフがソン·テヨン出演のため変更されたものではなく、当初から書かれていたという点だ。イフイミョン作家の驚くべき予言(?)にも驚いたという裏話だ。昨年12月下旬に行われた撮影で、ソン·テヨンは「演技」をとらえようとすれば「愛」が泣いて「夫」を従おうとすれば「現実感」が落ちる数奇な状況できつく「俳優の道」を選択した。10回にわたり、クォン·サンウの顔に勢いよく皮洗礼を浴びせた。この場面を撮影角度に応じて何度も撮影するのでクォン·サンウの顔は「バナナローション」を塗ったようにつやつやした。ソン·テヨンの熱演に熱い雰囲気の「投擲事件」が終わった後、ジョヨウングァンPDは「夫に対する普段の感情がとてもよく表れた」と冗談を投げて爆笑を誘った。現場にいたスタッフと俳優はソン·テヨンのリアルな演技に拍手で応えて有り難みを表わした。ソン·テヨンはこの日、スタッフのために200人分の大型コーヒーマシンを持ってきていちいち応じ、おやつに果物箱もプレゼントした。ソン·テヨンはこれに先立ちクォン·サンウの初撮影を迎え、「雪原にハートの形」を描いた写真をtwitterにあげて成功を祈願した。「夫のドラマ成功のためならどんな皮も投げられる」という「内助の女王」ソン·テヨンの「演技闘魂」のおかげで、制作陣は「私たちのドラマが『内助の野王』で期待を集めるだろう」と述べた。

スポンサードリンク

Amazon
スポンサードリンク
当ブログについて
★各アーティストの著作権および肖像権は、各アーティストまたは所属事務所に帰属します。
★当ブログ内で使用する画像および動画の著作権は、著作者に帰属します。
★当ブログ内の画像の出所は、画像内に記載されています。記載ない場合には明記します。
★当ブログは、読者のいかなる問題にも責任を負いません。
★当ブログのブログ記事は、リンクフリーです。但し、リンクをされる場合には、そのWebページのURLアドレスをコメントまたはメッセージでご連絡下さい。
★当ブログのブログ記事本文は、転載フリーではありません。一部転載する場合には、必ずそのブログ記事のリンクを貼った上で、引用は数行にとどめて下さい。全文転載は禁止。
★当ブログのコメントは、承認制です。
プロフィール

上田幸来(Sara Ueda)

Author:上田幸来(Sara Ueda)
東方神起を応援しています。JYJは応援していません。
現在はコメントを受け付けておりません。

★no.1のブログ http://ameblo.jp/saara7/

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク