FC2ブログ

[まとめ]東方神起のゴールデンディスク大賞受賞を伝える韓国記事

韓国記事も、東方神起のゴールデンディスク大賞受賞を伝えています。

東方神起ファンカフェ -IMAGA- @tvxqimaga
【応援】韓国ポータルサイト【NAVER】で、【동방신기 골드디스크】(トンバンシンギ ゴールデンディスク)で検索→元記事に飛んで応援をお願いしますhttp://tvxq.progoo.com/bbs/tvxq_topic_pr_6666.html … 東方神起 サクラミチ #동방신기


【やはり名不虚伝、東方神起!『日本ゴールデンディスク大賞』2年連続で5冠王、快挙!】
http://now.smtown.com/#/Show/1483

東方神起(TVXQ)、日本のゴールデンディスク2年連続5冠...「下りはない」
http://article.topstarnews.net/detail.php?number=111127
[トップスターニュース=ヒークヤング·キム記者] アイドルグループ東方神起が日本で行われた「第29回ゴールデンディスク」で大賞を獲得し、2年連続で5冠王を占めた。
 東方神起の所属事務所SMエンターテイメントによると、東方神起は2日ゴールドディスクHPを通じて発表された「第29回日本ゴールドディスク大賞」で「ベストアジアンアーティスト」、「今年のアルバム」、「ベストミュージックビデオ」および「ベスト3アルバム」までの4部門で合計5冠に輝いた。これは昨年に続き2年連続5冠王に上がったものであり、東方神起の変わらない人気を自ら見せてくれた。
 今回の発表で東方神起は最高のアジアの歌手を選定した「ベストアジアンアーティスト」をはじめ、昨年3月リリースしオリコン月間アルバムチャートのトップに上がった「TREE」で「アジア部門今年のアルバム」に選ばれ、「東方神起LIVE TOUR 2014〜TREE 〜」も「アジア部門ベストミュージックビデオ」に上がったのはもちろん、「TREE」と昨年12月発売し、海外グループ史上初の正規アルバム4作連続オリコン週間1位という新記録を立てたアルバム「WITH」がすべて「アジア部門ベスト3アルバム」にランクされるなど、なんと4部門を総なめにした。
 特に、東方神起は、2012〜2014年の計3回に渡って開催した日本単独ツアーを介して歴代海外アーティスト史上最短期間200万人の観客動員という大記録を樹立し、歴代海外アーティスト史上シングル総販売量1位、オリコン週間シングルチャート最多1位、オリコン週間シングルチャートTOP10最多入り、シングル発売初週最多販売量記録など海外アーティストとして様々な分野で最多記録を立てた。
 これは、過去に5人の東方神起が打ち立てた記録をすべて塗り替えると同時に、2人で始動した東方神起の疑う余地がない実力と今後見せられる無限の可能性が伺える。
 今年で29回を迎えた「日本ゴールドディスク大賞」は日本レコード協会の主催で、毎年一年の間、レコード産業の発展に貢献したアーティストと作品を表彰する日本の権威ある授賞式の一つで、過去1年間のCD、ビデオなどの販売量実績に基づき、各部門の受賞者を選定する。
 なお、東方神起は、2回目の日本5大ドームツアー「東方神起LIVE TOUR 2015〜WITH〜」を盛況裡に開催しており、来る3月14〜15日と17〜19日、大阪京セラドームで計5回の公演を開催、ツアーの熱気を継続する予定だ。



以下は翻訳記事です。

東方神起「日本ゴールデンディスク大賞」で5つの賞を獲得!新人グループ防弾少年団も2冠に
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2015157
「東方神起」、日本ゴールドディスク大賞で今年も5冠
http://www.wowkorea.jp/news/enter/2015/0302/10140163.html
東方神起、日本ゴールドディスク2年連続5冠王
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=196023
東方神起、「日本ゴールデンディスク大賞」で5冠達成!
http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/sports_seoul_15151

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

スポンサードリンク

Amazon
スポンサードリンク
当ブログについて
★各アーティストの著作権および肖像権は、各アーティストまたは所属事務所に帰属します。
★当ブログ内で使用する画像および動画の著作権は、著作者に帰属します。
★当ブログ内の画像の出所は、画像内に記載されています。記載ない場合には明記します。
★当ブログは、読者のいかなる問題にも責任を負いません。
★当ブログのブログ記事は、リンクフリーです。但し、リンクをされる場合には、そのWebページのURLアドレスをコメントまたはメッセージでご連絡下さい。
★当ブログのブログ記事本文は、転載フリーではありません。一部転載する場合には、必ずそのブログ記事のリンクを貼った上で、引用は数行にとどめて下さい。全文転載は禁止。
★当ブログのコメントは、承認制です。
プロフィール

上田幸来(Sara Ueda)

Author:上田幸来(Sara Ueda)
東方神起を応援しています。JYJは応援していません。
現在はコメントを受け付けておりません。

★no.1のブログ http://ameblo.jp/saara7/

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク