FC2ブログ

WHO「韓国MERS空気感染に注意する必要がある」

空気感染に注意」

WHO「韓国MERS空気感染に注意する必要がある」 6/3 06:55
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000001&year=2015&no=530994

【アンカーコメント】(見たように)MERSは唾や分泌物によって感染すると知られており、政府もブリーフィングを通じて空気伝播の可能性はないと説明しました。ところが、世界保健機関WHOでは、MERS空気感染に注意するように言って議論です。キム·ヨンジュン記者が報道します。

【記者】MERS感染が原因で死亡者と3次感染者が出てきて、政府は、昨日(2日)ブリーフィングを介して空気感染はないと説明しました。

■インタビュー:クォン・ジュンウク/MERS中央対策本部企画総括班長 - 「MERSが空気伝播ではなく、ある状況で、とても過度の不安、誤解を招く政策は、現時点で地域社会感染が全くない状態で無理があるという考えであり、 ...。」

しかし、世界保健機関WHOは異なる立場を示しました。「空気媒介の注意」、つまり空気で感染することがあるので、注意しなければならないと助言したのです。ウイルスの小さな粒子が空気中に漂い、肺に吸入されて感染するのが空気感染の一般的経路です。

■インタビュー(TEL):シンサンヨプ/韓国医学研究所感染症内科医 -「(同じ)空間で呼吸するだけで(感染)します。呼吸器感染症の経路は3つです。接触 or 飛沫 or 空気。 (可能性が小さいながらも注意はしなければならない?) はい。そうです。」

蟻一匹も通らないほど防疫を徹底するという政府の豪語とは異なり、空気感染する可能性を政府がとても安易に考えないという指摘です。

テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

スポンサードリンク

Amazon
スポンサードリンク
当ブログについて
★各アーティストの著作権および肖像権は、各アーティストまたは所属事務所に帰属します。
★当ブログ内で使用する画像および動画の著作権は、著作者に帰属します。
★当ブログ内の画像の出所は、画像内に記載されています。記載ない場合には明記します。
★当ブログは、読者のいかなる問題にも責任を負いません。
★当ブログのブログ記事は、リンクフリーです。但し、リンクをされる場合には、そのWebページのURLアドレスをコメントまたはメッセージでご連絡下さい。
★当ブログのブログ記事本文は、転載フリーではありません。一部転載する場合には、必ずそのブログ記事のリンクを貼った上で、引用は数行にとどめて下さい。全文転載は禁止。
★当ブログのコメントは、承認制です。
プロフィール

上田幸来(Sara Ueda)

Author:上田幸来(Sara Ueda)
東方神起を応援しています。JYJは応援していません。
現在はコメントを受け付けておりません。

★no.1のブログ http://ameblo.jp/saara7/

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク