FC2ブログ

東方神起のデビュー曲「HUG」

JYJの公式LINEに、以下の動画が流されたそうです。
[JYJ LINE] 2013-03-07
http://youtu.be/lcxsN8WPxvk

東方神起のデビュー曲「HUG」にあわせて
JYJのユチョンとジュンスがふざけながら踊っています。
2011年に撮った映像で、当時、C-JeSの広報部長が画像付でtweetしています。
 ↓
2011/9/29 16:54
大きい兄はしばらくずっと寝ていて、弟の2人はHUGに合わせて歌っていて

My Digital Note-モニカ

今この時期に、過去の動画を公式に流す裏には、明確な意図があるでしょう。
東京ドーム公演で、東方神起の過去曲を歌うかもしれない。
とファンに思わせて、公演チケットをもっと売ろう。


東方神起とのカケもちファンの数が多い、と言われる日本でライブをする彼ら。
元TOHOダンサーをライブのダンサーに起用してその写真をtweetした直後にこれです。
「JYJ」のネームバリューが低いから、過去のキャリアを存分に利用して宣伝する。
効果を計算した上で、タイミングを図って仕掛けるのでしょう。
特にジェジュンは、日本のファンが何を喜ぶか、よく理解していると思います。
おそらく、今後もいろいろ仕掛けてくるでしょう。
平日3日間のチケットが、思うほど売れてないのでしょうか?

著作権使用料を払えば、ライブで東方神起時代の曲を歌うことは誰でも可能です。
ライブのセトリに入れて事前に公開するなんて、ありえる話かもしれません。
セトリに入れないまでも、過去のライブのように、数小節をアカペラで歌う可能性は十分。
数小節のアカペラでも、観客数に応じて著作権使用料を支払う必要がありますから、
キョードー横浜が対処するのでしょう。

本当に呆れる話です。
東方神起のファンの皆さん、怒るエネルギーがもったいないですよ。
それから、ファンでない人が見て眉をひそめるような言葉で、
感情をそのままtweetした方は、それらのtweetを静かに削除なさって下さいね。

スポンサードリンク

Amazon
スポンサードリンク
当ブログについて
★各アーティストの著作権および肖像権は、各アーティストまたは所属事務所に帰属します。
★当ブログ内で使用する画像および動画の著作権は、著作者に帰属します。
★当ブログ内の画像の出所は、画像内に記載されています。記載ない場合には明記します。
★当ブログは、読者のいかなる問題にも責任を負いません。
★当ブログのブログ記事は、リンクフリーです。但し、リンクをされる場合には、そのWebページのURLアドレスをコメントまたはメッセージでご連絡下さい。
★当ブログのブログ記事本文は、転載フリーではありません。一部転載する場合には、必ずそのブログ記事のリンクを貼った上で、引用は数行にとどめて下さい。全文転載は禁止。
★当ブログのコメントは、承認制です。
プロフィール

上田幸来(Sara Ueda)

Author:上田幸来(Sara Ueda)
東方神起を応援しています。JYJは応援していません。
現在はコメントを受け付けておりません。

★no.1のブログ http://ameblo.jp/saara7/

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク