FC2ブログ

在米台湾系団体、「沖ノ鳥島」の意見広告

日本最南端の東京都小笠原村の沖ノ鳥島は「島でない」と主張。

沖ノ鳥島「島と認めず」=台湾系団体、米紙に広告
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081600150&g=int

8/15付の米紙ワシントン・ポスト無料版に意見広告を掲載。沖ノ鳥島を巡る異論を米国で認知させる狙い。仲裁裁判所が7月に、台湾が実効支配する南シナ海・南沙(英語名スプラトリー)諸島の太平島を「岩礁」と結論付けたことへの反論の一環。

2016年8月16日
太平島
wiki
1929年4月 日本人が島で硫黄採掘事業を開始
1933年4月 フランス軍が占拠、日本人を退去させる
1939年4月 日本海軍が占拠して「長島」と命名、台湾高雄市が管轄。
1950年 フィリピン民間人が島に進出。
1952年 日華平和条約で、日本が太平島を含む南沙諸島を放棄
1956年 中華民国がフィリピンから島を奪還
1975年 中華民国政府が、南沙諸島の領有権の声明発表
2007年12月-2008年1月 滑走路完工、使用開始
2016年7月12日、仲裁裁判所が、太平島を「岩」だと認定。

2016年8月16日
内相が太平島訪問 領有権主張へ/台湾
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160816-00000001-ftaiwan-cn

2016年7月14日
南シナ海判決:台湾の太平島が「岩」なら沖ノ鳥島も… 中韓が仲裁に訴える可能性も
http://newsphere.jp/world-report/20160714-1/
日本は、沖ノ鳥島の地位をめぐり中韓などが仲裁裁判に訴える事態を懸念。

ハーグ裁定「太平島=岩」に慌てる台湾 日本に奇妙な八つ当たりも…
http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/160729/wor16072915000018-n1.html
7月末に「日台海洋協力対話」を予定していたが、延期(時期未定)。



中国の南沙諸島埋め立ては、日本の「沖ノ鳥島 」とどう違うの?


日本政府は沖ノ鳥島を「島」として、領海とEEZを設定。水没の危機にある沖ノ鳥島には、侵食を防ぐためのコンクリートによる護岸工事が1987年から行われている。

京浜河川事務所ホーム > 沖ノ鳥島
http://www.ktr.mlit.go.jp/keihin/keihin_index005.html

沖ノ鳥島の経緯
http://www.ktr.mlit.go.jp/keihin/keihin00035.html

沖ノ鳥には灯台が設置され、平成19年3月から運用されています。

「沖ノ鳥島灯台」の運用開始について - 海上保安庁
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h19/k20070316/o070316.pdf

以下の東京都の動画がわかりやすいです。

知っていますか?沖ノ鳥島の秘密(前編)


知っていますか?沖ノ鳥島の秘密(後編)




平成27年 05月01日
沖ノ鳥島における港湾工事(北側桟橋)の据付の開始について
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/pa_00000155.html

沖ノ鳥島 港湾工事再開 2015年4月から
http://abhp.net/island/Island_Okinotorishima_500000.html#PkPqn9a.twitter_tweet_count_m
経済的な活動拠点が完成すれば事実上の有人島となる。

2015年に再開した湾岸工事の進捗はどうなのでしょう?

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

スポンサードリンク

Amazon
スポンサードリンク
当ブログについて
★各アーティストの著作権および肖像権は、各アーティストまたは所属事務所に帰属します。
★当ブログ内で使用する画像および動画の著作権は、著作者に帰属します。
★当ブログ内の画像の出所は、画像内に記載されています。記載ない場合には明記します。
★当ブログは、読者のいかなる問題にも責任を負いません。
★当ブログのブログ記事は、リンクフリーです。但し、リンクをされる場合には、そのWebページのURLアドレスをコメントまたはメッセージでご連絡下さい。
★当ブログのブログ記事本文は、転載フリーではありません。一部転載する場合には、必ずそのブログ記事のリンクを貼った上で、引用は数行にとどめて下さい。全文転載は禁止。
★当ブログのコメントは、承認制です。
プロフィール

上田幸来(Sara Ueda)

Author:上田幸来(Sara Ueda)
東方神起を応援しています。JYJは応援していません。
現在はコメントを受け付けておりません。

★no.1のブログ http://ameblo.jp/saara7/

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク