FC2ブログ

リオ五輪の卓球台は日本製!

デザインが美しくカッコいい卓球台ですよね。

[Japanese] San-Ei Infinity to Rio 2016


五輪の卓球台は北海道・足寄生まれ 慣れた台「日本の強み」
http://dd.hokkaido-np.co.jp/sports/olympic/2016rio/1-0305379.html

リオ五輪のかっこいい卓球台は「日本の技術の集大成」 ソニー出身のデザイナーが手がける
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1608/16/news079.html

「Infinity(無限=∞)」
ソニー出身のデザイナーがデザイン。脚部の木材は、東日本大震災で被災した岩手県宮古市のブナ材で天童木工が制作。車いすでも脚にぶつからないよう設計されている。

卓球台の業界国内最大手「三英」
その関連会社「三英TTF(テーブル・テニス・ファクトリー)」が制作。
試合用14台+練習用30台=44台
「三英」の卓球台が五輪の公式用具に指定されるのは24年ぶり。
工場の技術者が現地入りして、毎朝試合前にメンテナンスをしています。



NHK Worldのニュース映像で、制作過程が少し見られます。
 ↓
Crafting a Gold Medal Standard
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/editors/3/20160603/

世界的には、中国のDHS社のシェアが大きいそうです。
東京オリンピックは、どこの国の卓球台を採用するのでしょうか?

テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

スポンサードリンク

Amazon
スポンサードリンク
当ブログについて
★各アーティストの著作権および肖像権は、各アーティストまたは所属事務所に帰属します。
★当ブログ内で使用する画像および動画の著作権は、著作者に帰属します。
★当ブログ内の画像の出所は、画像内に記載されています。記載ない場合には明記します。
★当ブログは、読者のいかなる問題にも責任を負いません。
★当ブログのブログ記事は、リンクフリーです。但し、リンクをされる場合には、そのWebページのURLアドレスをコメントまたはメッセージでご連絡下さい。
★当ブログのブログ記事本文は、転載フリーではありません。一部転載する場合には、必ずそのブログ記事のリンクを貼った上で、引用は数行にとどめて下さい。全文転載は禁止。
★当ブログのコメントは、承認制です。
プロフィール

上田幸来(Sara Ueda)

Author:上田幸来(Sara Ueda)
東方神起を応援しています。JYJは応援していません。
現在はコメントを受け付けておりません。

★no.1のブログ http://ameblo.jp/saara7/

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク